統合失調症で連合弛緩が生じる理由とその対処法

連合弛緩

連合弛緩(れんごうしかん:loosening of association)は、統合失調症に特徴的な症状の1つです。

難しい名前ですが、この症状を理解できると、統合失調症の患者さんがどのような状態に陥っているのかを深く理解出来るようになり、正しく向き合う事が出来るようになります。

統合失調症は、自分の思考を適切に「統合する事(まとめあげる事)」が出来なくなってしまう疾患です。私たちは普段、特に意識せずとも自分の中で生じた思考を適切に統合しており、これによってその場に応じた適切な言動を取る事が出来ています。

統合失調症ではこれが困難となるのです。そのため、周囲から見ると理解できないような言動を取ってしまうのです。

ここでは「連合弛緩」という症状について、このような症状が生じる背景とその対処法について考えていきましょう。

スポンサーリンク

1.連合弛緩とはどのような症状なのか

連合弛緩(loosening of association)とは、どのような症状なのでしょうか。

連合弛緩は主に統合失調症で認められる症状の1つで、統合失調症に特徴的な症状の1つだとも言えます。

統合失調症の患者さんは、一見すると理解困難な言動を取る事が多く、周囲からは不気味に映るため昔は「気が狂ってしまったのだ」「悪霊にとりつかれてしまったのだ」などと誤った判断をされていました。

その結果、統合失調症の患者さんは周囲から適切な理解を受ける事が出来ず、一般社会から排除されてしまったり、精神科病院に一生閉じ込められてしまったリと大きな不利益をこうむっていた時代がありました。

現在では昔と比べれば統合失調症に対する世間の理解も深まってきましたが、それでも一見理解困難な言動をする統合失調症の方に対して、適切な対応を取れる方はまだまだ少数だと感じます。

同じ精神疾患でもうつ病や不安障害などと比べると、統合失調症は一般の方々にまだまだ正しく理解されていない疾患なのです。

その理由はやはり、統合失調症によって生じる患者さんの言動は、一見すると周囲の人には全く理解できないものであるためでしょう。幻覚・妄想状態になっている患者さんを見れば、「不気味だ」「怖い」「近寄らないでおこう」と避けてしまいがちです。

連合弛緩も同様に、周囲の人からすると「理解できない」「意味が分からない」と不気味に感じる症状の1つなのです。

しかし連合弛緩が生じる背景を正しく理解できるようになると、統合失調症の方の苦しみを理解する事ができるようになり、統合失調症の方と正しく向き合う事が出来るようになります。

病気の症状を正しく知る事は、医療者のみならず患者様や患者様と接する周囲の方々にとっても大切な事なのです。

では連合弛緩とはどのような症状なのでしょうか。

連合弛緩は、自分の思考をまとめあげる(統合する)能力が弱まってしまう症状です。思考を論理的にまとめられなくなるため、一般的に見ればおかしな言動をするようになります。

「連合弛緩」という用語は「連合(つながり)」が「弛緩する(ゆるむ)」という事です。

本来であれば論理的につながっていくはずの思考と思考のつながりが緩む(弛緩する)のが連合弛緩です。

実際に連合弛緩の一例を挙げてみましょう。

「料理を失敗してしまったから離婚しなければいけない」
「今日は雨が降ったから昼ご飯はカレーだ」

これらは連合弛緩が生じている患者さんの発言の一例です。文章が論理的につながっていない事が分かるでしょうか。

1つ目の例は、「料理を失敗してしまった」事によって「離婚しなければいけない」と思考が飛んでしまっています。「料理を失敗した」⇒「夫に怒られるだろう」⇒「離婚と言われるかもしれない」など、状況によってはこの気持ちが全く理解できないわけではありませんが、とは言っても明らかに飛躍しすぎで、「料理の失敗」と「離婚」に論理的なつながりがあるとは言えません。

このような、「全く理解できないわけではないけど、明らかに論理的でない」という連合弛緩は、主に統合失調症の初期で認められる他、うつ病、認知症などでも認められる事があります。

連合弛緩が更に進行してしまうと、2つ目の例のようになります。2つ目の文章は「今日は雨が降った」から「昼ご飯はカレー」とまったく意味不明なつながりになっています。この2つがつながる理由は全く理解できません。

思考のつながりがかなり緩んでしまっている状態であり、これも連合弛緩になります。

これらの例のように、言葉や文章の中で論理的なつながりが明らかに薄れてしまっている状態を「連合弛緩」と呼びます。

統合失調症で連合弛緩が生じるのは、統合失調症では思考や感情などにおいて全体を「統合する能力(まとめあげる能力)」が障害されるためです。

通常、私たちは頭の中に様々な思考が生まれますが、それを適切に統合する事である程度論理的な思考を導き出しています。慌ててしまっている時などパニック状態の時に一時的に思考が非論理的になる事はありますが、それがずっと続く事はありません。

対して統合失調症の方は、思考の1つ1つを出力する事は出来る事もあるのですが、それらを適切に「統合する力」が弱まるため、論理的でない言動が生じてしまうのです。

先ほどの例でいえば、「料理を失敗した」という事実を認識や、「離婚と言われるかもしれない」という思考はそれぞれ個々には出力できているわけです。しかしこれを論理的に統合する事が出来ていません。

2つ目の文章も同じで「今日は雨が降った」、「昼ご飯はカレー」という個々の認知は出来ているわけですが、これを論理的に統合できていないのです。

これが連合弛緩です。

連合弛緩が続くという事は、患者さん本人が自分の考えを統合できない状態が続くという事ですから、これは生活に大きな支障を来たす事は明らかです。

そのため連合弛緩が認められたら出来るだけ早急に病院を受診し、適切な治療を受ける必要があります。

2.連合弛緩が生じる統合失調症とは?

連合弛緩は「統合失調症」という疾患で生じます。ではこの統合失調症とはどのような疾患なのでしょうか。

統合失調症は、おおよそ100人に1人の割合で発症する精神疾患です。

統合失調症の原因は明確には解明されていません。しかし現時点では遺伝やストレスなどといった複数の因子が重なり、脳内の神経伝達物質(神経から神経に情報を伝える物質)に異常が生じて発症するのではないかと考えられています。

特に「ドーパミン」と呼ばれる神経伝達物質の異常が推測されていますが、近年ではそれだけでなくグルタミン酸などの異常も指摘されています。

代表的な症状としては、「本来であればないはずのものがあるように感じる」症状である陽性症状、「本来であればあるはずの能力がなくなってしまう」陰性症状、「状況を正しく判断できなくなってしまう」認知機能障害などがあります。

陽性症状として代表的なものが「幻聴(本来であれば聞こえないはずの音が聞こえる)」や「妄想(本来ありえないような事をあると信じ込む)」です。

幻聴では自分に対する悪口が聞こえたり、誰かに命令されるような声が聞こえたりします。

また妄想では「被害妄想(自分は嫌がらせをされているなどといった妄想)」「誇大妄想(自分は偉大な人間だ、などと自分を過剰に高く評価する妄想)」なとが認められます。

陰性症状として代表的なものは「無為自閉(活動性が低下しこもりがちになる)」「感情鈍麻(感情表出が乏しくなる)」などがあります。

認知機能障害とは自分の置かれている状況を認知する事(適切にとらえる事)ができなくなってしまう症状です。

統合失調症における認知機能障害は、自分の状況を統合して判断する事が難しくなるのが特徴です。個々の認知は出来るものの、複数の情報を統合して全体的な視野を認知する事が難しくなり、情報処理能力、注意力・記憶力・集中力・理解力や計画能力・問題解決能力といった高次機能が障害されます。

連合弛緩もこの認知機能障害の1つだと考えられています。

スポンサーリンク

3.なぜ連合弛緩が生じるのか

連合弛緩はどうして生じるのでしょうか。

連合弛緩は統合失調症で生じる症状だとお話ししました。

前項でお話しした通り、統合失調症では思考の統合ができなくなってしまいます。私たちは普段、無意識のうちに自分の中の個々の思考や感情、周囲の状況を認知し、それを適切に統合する事で状況に応じた言動が行えています。

これが出来なくなってしまうというのが統合失調症なのです。

自分の中で生じている個々の思考は認知出来る事もありますが、それを全体的にまとめあげる(統合する)力が障害されてしまうため、論理的につながった文章を作れなくなってしまい、理解できない文章になったり、明らかに飛躍した文章になってしまうのです。

統合失調症によって自分の思考を適切に統合する力が弱まってしまった結果、何とか認知できているものを個々の単語で発し、それらが論理的に統合されないまま発されてしまうのが「連合弛緩」なのです。

4.連合弛緩の対処法・治療法

連合弛緩を認めたら、どのように対処すればいいのでしょうか。またこの症状を改善させるためにはどのような治療法があるのでしょうか。

まず対処法、とりわけ周囲の方が連合弛緩が出現している患者さんと接する時にどのように対応すればいいのかを紹介します。

連合弛緩が生じている患者さんの話は明らかに飛躍し過ぎていたり、意図を理解できないものが多く、周囲の方からすると何を言いたいのかよく分からないものです。

しかしだからといってそれを無視してしまったり、バカにしたり、冷たくあしらってしまうのはよくありません。

連合弛緩を認めるようなエネルギーの高い時、統合失調症の患者さんは幻覚妄想といった陽性症状も認められている事が多いため、邪見に扱えば陽性症状を増悪させてしまう事にもつながります。

例えば冷たくあしらった結果、「この人は私に嫌がらせをしている」「この人は悪の組織の一員で私を傷付けようとしているのだ」などといった被害妄想を引き起こされてしまい、症状を更に悪化させてしまう可能性もあります。

そのため連合弛緩を認めたら、とりあえず話をある程度聞いてあげる事が大切です。これにより患者さんに安心感を与える事が出来ます。

しかし連合弛緩となっている患者さんの話をずっと聞き続けてもあまりお互いに益はありません。患者さんは思考の統合力が弱っている状態ですので、発している会話の意味を周囲が理解する事は困難です。

理解困難な話が延々と続くため、これをただ聞いていても、根本的な解決にはならないのです。

切りの良いタイミングでうまく話を誘導し、なるべく自然な形で病院受診を勧めたり、お薬を飲み忘れているようであれば服用を促してあげるようにしましょう。

思考の統合が障害されている状態の患者さんに病院受診を促しても意味のある言葉としての返答は返ってこない事があります。しかし、明確に受診の意志を確認できなくても、明らかに受診を拒否していなければ、病院に連れていってしまっても良いでしょう。

このような時に、普段から信頼している人や尊敬している人であれば、素直に従ってくれる確率は高くなります。そのため普段から信頼関係をしっかりと作っておく事も大切です。

次に治療ですが、連合弛緩は「統合失調症」という疾患が原因ですので、統合失調症の治療を行う事が症状の改善につながります。

使われるお薬としては、主に「抗精神病薬」になります。

具体的には、

などの第2世代抗精神病薬がまずは用いられます。

抗精神病薬は統合失調症の一因である、脳で過剰になってしまっているドーパミンをブロックするはたらきがあります。これによってドーパミン量を適正に抑え、症状を改善させます。

ドーパミン量を適正にすると、思考を統合する力も戻ってきますので、連合弛緩が期待できます。

ちなみに上記の第2世代抗精神病薬が効果不十分な場合は、

といった古い第1世代抗精神病薬を用いる事もあります。ただし第1世代は第2世代と比べると副作用が多いため注意が必要です。

また第1世代は統合失調症の認知機能障害を悪化させてしまう可能性もあるため、安易に使用すると連合弛緩を更に悪化させてしまうリスクもあるため、慎重に使用する必要があります。

4.連合弛緩と似ている症状

精神疾患の症状の中には区別がつきにくい、似たような名称の症状があります。

しかし一見同じような症状であっても、その背景の心理状態は全く異なる事があります。

連合弛緩とよく似た症状に「滅裂思考」「言葉のサラダ」「観念奔逸」などがあります。これらと連合弛緩の違いは分かりにくいものです。

滅裂思考・言葉のサラダは主に統合失調症で認められる症状です。また観念奔逸は主に双極性障害の躁状態で認められる症状です。

これはどのような症状なのでしょうか。また連合弛緩とはどう違うのでしょうか。

症状の表面的な部分しか見るのではなく、その症状の本質を理解できるようになると、それぞれの症状の違いが分かるようになり、病気についてもより正しく知る事ができます。

最後に連合弛緩と似た症状について、連合弛緩との違いも含めて紹介していきます。

Ⅰ.滅裂思考・言葉のサラダ

滅裂思考(めつれつしこう)、言葉のサラダ(word salad)も主に統合失調症で認められる症状です。

連合弛緩というのは、思考の統合(適切にまとめあげる事)が緩くなってしまい、会話の文章にまとまりがなくなる事です。

そして実は「滅裂思考」「言葉のサラダ」も基本的には連合弛緩と同様の症状になります。

考えを統合する力が「緩む」のが連合弛緩ですが、緩みが更に悪化すれば、言動が「滅裂」になり、ただ単語をめちゃくちゃに混ぜただけの文章になっていきます。

このように連合弛緩が更に悪化して、思考が滅裂になっているのが「滅裂思考」であり、言葉がまるでサラダのようにごちゃまぜに混ざっただけの状態になってしまっているのが「言葉のサラダ」です。

つまり統合失調症で生じた連合弛緩が、更に悪化すると「滅裂思考」「言葉のサラダ」と呼ばれるようになるという事で、両者は程度が異なるだけです。基本的にはどちらも同じ原因で生じている症状になります。

ちなみに「滅裂思考」と「言葉のサラダ」はほとんど同じような意味になります。

Ⅱ.観念奔逸

観念奔逸は、双極性障害の躁状態で認められる症状で、「話があちこちに飛び、まとまりのない話になってしまう」という症状です。

双極性障害では、気分が異常に高揚する「躁状態」、気分が異常に低下する「うつ状態」、そして気分が比較的落ち着いている「寛解期」が交互に出現する疾患です。経過中の7~8割がうつ状態だと言われていますが、時に躁状態や寛解期が認められます。

躁状態では気分が異常に高揚してテンションが高くなり、自信に満ち溢れ、活発に活動するようになります。

このような躁状態で、認められるのが「観念奔逸」です。

躁状態では気分が高揚して浮足立っているため、次から次へと頭に考えが浮かぶようになります。そして患者さんはテンションが高い状態ですので、浮かんだ考えをそのまま口にしてしまいます。

更に話している間にも別の考えが頭に浮かび、それをまたすぐに口に出してしまうため、周囲から見ると話が次々とあちこちに飛び、まとまりのないように見えます。

これが観念奔逸です。

みなさんも気分が良い時とか、テンションが高くなった時、興奮して早口になってしまったり、「伝えたい」という思いが強すぎて話の筋道を考えられず、思いつくままに話してしまったような経験はないでしょうか。

これは観念奔逸という病的な状態ではありませんが、観念奔逸とはこのような状態が更に悪化したものだと考えれば良いでしょう。

では観念奔逸と連合弛緩はどのように異なるのでしょうか。

両者はどちらも「会話の内容が理解困難なものになってしまう」という点で共通していますが、それを生じさせている背景が異なります。

観念奔逸は病的な気分の高揚で、注意があちこちに移るため、思いつくままに話し、それでまとまりのない会話になります。

一方で連合弛緩は、思考を統合する能力が障害される事によって、頭の中に生じた思考を論理的にまとめる事ができなくなってしまい、まとまりのない会話になってしまうのです。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい