醜形恐怖症のすべて【医師が教えるこころの病気の原因と治療法】

醜形恐怖症(身体醜形障害)は、自分の容姿を「醜い」と感じてしまうようになる疾患です。

もちろん本当に容姿が醜いわけではありません。実際は誰が見ても普通(あるいはそれ以上)の容姿であるにも関わらず、「自分の容姿は醜い」と考えてしまうのです。

醜形恐怖症では、ただ「自分が醜い」と感じるようになるだけではありません。この悩み・苦しみによって精神的にダメージを受け続け、徐々に生活にも支障を来たすようになります。

精神疾患の中でも醜形恐怖症は、周囲になかなか理解を得にくい疾患です。客観的に見れば問題のない容姿の人が「私はなんて醜いんだ」と悩んでいるため、周囲は全く理解が出来ないのです。

周囲に理解してもらえない事もこの疾患のつらいところで、特に家族などの親しい人に理解してもらえないと症状はより悪化してしまう事もあります。

ここでは醜形恐怖症について、その原因や症状、治療法などのすべてを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.醜形恐怖症が生じる原因とは

醜形恐怖症は何故生じるのでしょうか。

とても美しい容姿を持った人が「自分は醜い」と悩んでいるのを見ると、なぜこのような事になったのか理解するのは難しいものです。

醜形恐怖症では、物の見え方がおかしくなっているわけではありません。その証拠に他の人の容姿は問題なく認識できます。自分の容姿に対する認識だけがおかしくなってしまうのです。

なぜこのような事が起こるのでしょうか。

醜形恐怖症は、ものの見え方に異常があるわけではなく、自分の容姿を否定された(と本人が感じた)体験が積み重なる事で、「自分の容姿は醜いのではないか」という不安が高まっていき、次第に不安が肥大化・暴走してしまい「自分の容姿は醜いに違いない」と認識してしまうために生じます。

自分の容姿を否定されるような体験というのは、誰かから「あなたって醜いよね」と直接的に言われたような体験に限りません。

周囲に悪気はなかったり、むしろ褒める意味で言った事であっても、本人が「それって私が醜いってこと?」と感じてしまうと発症の原因になってしまいます。

また、このように「自分が否定された」と感じやすいような素因(低い自尊心や性格傾向)も発症の一因となる事があります。

生物学的に見ると、「セロトニン」という神経伝達物質が低下する事で生じやすくなると考えられています。その証拠にSSRIと呼ばれるセロトニンを増やす作用を持つ抗うつ剤が、醜形恐怖症の症状改善に一定の効果を発揮します。

醜形恐怖症の原因について詳しくはこちらの記事で説明しています。

醜形恐怖症はどのような原因で生じるのか

2.醜形恐怖症の症状とは

醜形恐怖症ではどのような症状が認められるのでしょうか。

醜形恐怖症の一番の症状は、自分の容姿を過剰に低く評価する事です。これを専門的には「ボディイメージの障害」と呼びます。

自分の身体像(ボディイメージ)を正しく認識できなくなってしまうという事です。

ボディイメージの障害は、先ほども説明したようにものの見え方に異常をきたしているわけではありません。視力的な異常は全く認めず、「自分は醜いのではないか」という不安が根底にあり、その不安の肥大化・暴走によって自分の容姿の見え方だけが異常をきたしているのです。

自分の容姿に自信がなくなると次に出現するのは、「過剰な確認行動」と「過剰な比較行動」です。一日に何回も「自分は変ではないか」と鏡を見て確認するようになったり、「他の人と比べておかしくないだろうか」と何度も比較したりするようになります。

この頻度や程度は周囲からみれば明らかに多く、異常に映ります。

更に進むと自分の容姿への自信のなさから、「こんな容姿では人前に出れない」と考えるようになり、「引きこもり」や「社会活動からの撤退」が認められるようになります。

学校や職場など本来であれば行かなくてはいけないところに行けなくなったり、自分の部屋から出る事が出来なくなってしまう事もあります。

自分の醜さを何とか解決しようと、本来であれば不要な美容手術を繰り返す方もいます。しかしほとんどの場合、手術をしても症状の改善は得られません。

醜形恐怖症の症状についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

醜形恐怖症ではどのような症状が生じるのか

スポンサーリンク

3.醜形恐怖症の診断法・セルフチェック法

自分の事を「かわいくない」「かっこよくない」と感じていれば、それだけで醜形恐怖症になるわけではありません。

実際、「自分の容姿にあまり自信がない」「自分はかわいくないと思っている」という人は少なくありませんが、これらをすべて醜形恐怖症だと考えたら、世の中は醜形恐怖症だらけになってしまうでしょう。

では、どのような症状があった場合に醜形恐怖症と診断されるのでしょうか。

非常にざっくりと言えば、

  • 客観的に見て明らかに自分の容姿を過剰に低く評価していて、
  • それで生活に大きな支障を来している

場合に醜形恐怖症の診断がなされます。

「自分の容姿に自信がない」と考えていても、生活は問題なく送れており、大きな精神的苦痛を伴っていないのであれば、それは醜形恐怖症ではありません。

あるいは、実際に火事や自己などで顔を負傷してしまい、以前より美しさやかっこよさが損なわれてしまった場合は、「自分の容姿を過剰に低く評価している」とならない事もあり、この場合も醜形恐怖症にはなりません(そのため、これらの症例では適切な美容手術を行えば症状も改善します)。

もう少し詳しく見ると、醜形恐怖症は精神疾患の1つとして明確な診断基準があります。

DSM-5というアメリカ精神医学会は発表している診断基準によると、

【身体醜形障害(醜形恐怖症)の診断基準】

A.1つまたはそれ以上の知覚された身体上の外見の欠陥または欠点にとらわれているが、それは他人には認識できないか、できても些細なものに見える

B.外見上の心配に反応して、繰り返し行動または精神的行為を行う

c.その外見へのとらわれは、臨床的に意味のある苦痛、または社会的・職業的・他の重要な機能の障害を引き起こしている

D.その外見へのとらわれは、摂食障害の診断基準を満たしている人の、肥満や体重に関する心配ではうまく説明されない

以上の4項目を満たした場合、醜形恐怖症と診断されます。

醜形恐怖症の診断と、そこから考えられる簡易的なセルフチェック法については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

醜形恐怖症の診断法とセルフチェック法

4.醜形恐怖症の治療法

醜形恐怖症は、適切な治療法を行う事が非常に大切な疾患です。

治療の概念を間違えなければ、多くの例で症状は改善していくからです。

醜形恐怖症の治療で、絶対に間違えてはいけない事は2つあります。それは、

  • 症状を表面的に取ろうとすると失敗する
  • 症状を完全に取ろうとすると失敗する

という事です。

全く容姿に問題がない方が、「私は醜い」と悩んでいると、ついつい私たちは、「あなたは醜くない」「みんなあなたの事を綺麗だと言っているよ」と「あなたの認識が間違っている」と説得してしまいます。

しかしこのような表面的な説得はほとんど意味がありません。本人は自分の醜さに悩んでいるので、「あなたは醜くないよ」と言われればうれしくは感じますが、「きっと気を使ってくれているのだろう」と考えてしまいます。中には「この人は私の事を何もわかっていない」と判断されてしまい、より心を閉ざされてしまう事もあります。

表面的な「自分の容姿に対する認識を修正する」という方法は効果が乏しいのです。

醜形恐怖症の根本にあるのは、「自分の容姿は醜いのではないか」という不安です。様々な原因によって「自分の容姿は醜いのではないか」と不安を感じてしまうようになり、それが徐々に肥大化・暴走する事によって「自分の容姿は醜いのだ」という確信に変わってしまったのです。

これに対する適切な治療法は、「自分の容姿は醜いのではないか」と感じるようになってしまった根本の原因を探っていき、「本当に自分の容姿が醜いからそうなったの?」と原因を振り返っていくことです。

これを繰り返す事により、「自分の容姿が醜いから、あのような事を言われたというわけではないのかもしれない」という考え方を少しずつつけていきます。それに伴い、「自分は醜いのかもしれない」という不安も少しずつ和らいでいき、症状も軽くなります。

また、治療のゴールについてですが、自分の容姿を正確に判断できるようになる事がゴールではありません。ゴールは本人が苦痛なく生活を送れるようになる事で、ここまで達成できれば自分の容姿に対する認識がまだ不十分でも治療は完了と考えて構いません。

例えば、すごく綺麗な容姿の醜形恐怖症の人がいるとします。この方の治療のゴールを「自分の容姿を正確に判断できるようになる事」にしてしまうと、「私はとても美しい」と思えるようにならないと治療は完了しません。

しかし本当にそこまで必要でしょうか。「私は容姿に自信はないけど、でもそんなに気にすることなく毎日を送れている」と感じられている時点で十分ではないでしょうか。

病気の治療というと私たちは完全に症状を取らなくてはいけないと考えがちですが、そんな事はありません。本人が不利益なく生活を送れるようになるレベルまで改善できればそれで十分なのです。

また、醜形恐怖症の治療にはお薬も一定の効果を発揮します。特にSSRIと呼ばれるセロトニンを増やす作用を持つ抗うつ剤は治療の初期に良く用いられます。

自分の容姿を否定された体験を適切に振り返るための方法として、「認知行動療法」といった精神療法が用いられたり、不安を肥大化させないための考え方として「森田療法」という精神療法が用いられる事もあります。

醜形恐怖症の詳しい治療法やその流れについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

醜形恐怖症を克服するための治療方法とは

スポンサーリンク