パキシルは太るのか。体重増加の原因と3つの対処法【医師が教える抗うつ剤の全て】

PRX side effect fat

パキシル(一般名:パロキセチン塩酸塩)は抗うつ剤の一種で、SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)という種類の抗うつ剤になります。

SSRIは精神科医療において中心となっている治療薬の1つです。古い抗うつ剤(三環系抗うつ剤など)と比べると副作用が少ないという利点がありますが、副作用が全く生じないわけではありません。

パキシルを服用していて、副作用で苦しんでいる方もいらっしゃいます。パキシルには様々な副作用がありますが、その中でも患者さんからの訴えが多いものに「太ってしまった」「体重が増えて困る」というものがあります。

最近では処方してもらったお薬をネットで調べる患者さんも多く、ネットで「パキシルを飲むと太る」という情報をみて怖くなってしまい、服用を自己判断で中止してしまう方もいらっしゃいます。

どのようなお薬にも利点と欠点があります。確かにパキシルの「太る」「体重増加」という副作用は欠点かもしれません。しかし、だからと言ってパキシルが悪いお薬というわけではなくパキシルは利点もあるお薬です。

パキシルを服用すべきかという事は、両者を総合的にみて判断していく必要があります。

ここではパキシルの体重増加が生じる原因とその対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク

1.パキシルで太る可能性があるのは事実

まずはパキシル発売元である「グラクソ・スミスクライン社」が発表している「主な副作用」にはどのような症状があるのかを見てみましょう。

臨床試験の結果、頻度の高い副作用として挙げられたものは、

・傾眠
・吐き気
・めまい
・頭痛
・便秘

などがありました。

添付文書上の主な副作用には「体重増加」は記載がありません。「その他の副作用」の隅っこにようやく、「体重増加」が書かれている程度です。

しかし臨床的にはパキシルの体重増加で困っている患者さんを診る機会はたくさんあります。それなのになぜ、臨床試験では体重増加の副作用の報告が少ないのでしょうか。

これは臨床試験はたいがい、数ヶ月程度の試験であるためだと考えられます。

パキシルの体重増加の副作用は突然に出てくる副作用ではありません。時間をかけて少しずつ出てくるものです。そのため数ヶ月程度の臨床試験では検出できない事が多いのです。

しかし実際はパキシルのような抗うつ剤は長期間服用する可能性の高いお薬であり、服用を続けていると太ってしまうことは少なくありません。

2.パキシルの体重増加は他の抗うつ剤と比べてどのくらい多いのか

ではパキシルは他の抗うつ剤と比べてどのくらい太りやすい抗うつ剤なのでしょうか。

副作用の出方には個人差があるため、万人に当てはまる事は言えませんが、臨床上の印象としてパキシルは他の抗うつ剤と比べて、体重増加には注意が必要なお薬になります。

古い三環系抗うつ剤と比べると体重増加の頻度は少ないものの、SSRIなどの比較的新しい抗うつ剤の中では多めであり、パキシルはある程度「太る」リスクのある抗うつ剤という事が出来ます。

では抗うつ剤との比較をみてみましょう。

抗うつ剤体重増加抗うつ剤体重増加
(三環系)トフラニール++(SSRI)ルボックス/デプロメール
(三環系)アナフラニール++(SSRI)パキシル++
(三環系)トリプタノール+++(SSRI)ジェイゾロフト
(三環系)ノリトレン++(SSRI)レクサプロ
(三環系)アモキサン++(SNRI)サインバルタ±
(四環系)テトラミド(SNRI)トレドミン±
(四環系)ルジオミール++(Nassa)リフレックス/レメロン+++
デジレル
ドグマチール+

パキシルの体重増加の副作用は古い三環系抗うつ剤と比べると少ないものの、SSRIの中では一番多い印象があります。

SSRIにはパキシル以外にも

  • ルボックス、デプロメール(一般名:フルボキサミンマレイン酸塩)
  • ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)
  • レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)

があり、いずれも体重増加の副作用は認めますが、全体的に見ればパキシルよりは頻度は少なめです。

SSRIと同様に近年主流の抗うつ剤であるSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)はどうでしょうか。

SNRIは主にセロトニンとノルアドレナリンを増やす抗うつ剤で、

  • サインバルタ(一般名:デュロキセチン)
  • トレドミン(一般名:ミルナシプラン)
  • イフェクサー(一般名:ベンラファキシン)

がありますが、SNRIは全体的に体重増加の副作用は少なめになります。これはノルアドレナリンというアドレナリン系の物質を増やす作用があるため、代謝が上がり、これによって体重増加が生じにくいためです。

体重増加の副作用を極力避けたいという事であればSNRIは候補の1つに挙がります。

同じく近年主流の抗うつ剤であるNaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)はどうでしょうか。

NaSSAも主にセロトニンとノルアドレナリンを増やす抗うつ剤で、

  • リフレックス、レメロン(一般名:ミルタザピン)

があります。NaSSAは体重増加を起こしやすく、太りやすい傾向のある抗うつ剤です。SSRIとは異なる機序でセロトニンを増やすため、SSRIが効かない方にも効果が期待できるお薬ですが、体重増加という面で見ると多く、パキシルよりも注意が必要になります。

ただしこれらはあくまでも一般論であり、個人差がある事はご理解ください。

若いスリムな女性にリフレックスを最大量投与しても全然太らない事もあるし、パキシルを5mgと少量しか使ってなくても10kg以上太ってしまうこともあります。

一般的な「このお薬は太りやすい」「太りにくい」という事はお話できますが、私たち専門家であっても「あなたはこの薬で太るでしょう」という断言はできません。

患者さんには申し訳ないのですが、極論を言えばお薬の副作用は使ってみないと分からないのです。

基本的にお薬によって生じた体重増加は、お薬をやめれば徐々に改善していきます。このまま永遠に戻らないものではありません。

そのため体重増加が生じても自分の判断で慌ててお薬を中止するのではなく、主治医の指示通りの服用を続けながら、主治医に「このお薬を始めてから太ってきてしまって、つらいんです」と相談してみましょう。

スポンサーリンク

3.パキシルで何故太るのか

パキシルを服用すると太ってしまうのは何故でしょうか。

パキシルで太ってしまうのには、主に2つの原因が考えられます。

それは、

  • 代謝抑制作用
  • 抗ヒスタミン作用

に2つです。

抗うつ剤は心身をリラックスさせる作用があります。これは「気分を安定させる」という良い作用にもなりますが、一方で代謝を落としてしまい、皮下脂肪・内臓脂肪などの貯蔵エネルギーが溜まりやすくなってしまいやすくなるという事も生じるようになります。

またパキシルには抗ヒスタミン作用があります。これはヒスタミンという物質のはたらきをブロックする作用になります。

ヒスタミンは食欲を抑えるはたらきを持ちますので、パキシルがヒスタミンをブロックしてしまうと食欲は上がりやすくなるのです。そして食欲が上がれば当然、太りやすくなります。

抗ヒスタミン作用は多くの抗うつ剤に認められる作用ですが、パキシルも軽度の抗ヒスタミン作用を認めるのです。

それ以外にもパキシルのセロトニンへの作用も体重増加の一因になっている事が指摘されています。

このような複数の原因によって、パキシルで体重増加が生じてしまうのです。

ただし全ての副作用に言えることですが、副作用が生じる個人差は大きく、服薬しても全く太らない方もいれば、体重が数十キロも増えてしまう方もいます。

パキシルは10mgから開始し、20~50mgで維持しますが、一般的に服用量が多くなればなるほど体重増加の頻度・程度も増えていきます。

4.安易に薬のせいと判断しないこと

パキシルが処方される患者さんというのは、精神的に不安定な状態にあることがほとんどです。

精神的なエネルギーが低下していると、それだけで体重増加のリスクが生まれます。

例えば、気力が出ずに寝たきり状態であれば、全然動かないためカロリー消費量が少なくなり、栄養の貯蔵(皮下脂肪や内臓脂肪など)が増えます。

ストレスで過食行為を繰り返すようになれば、これが原因で太る事もあり得ます。

このような症状を認めていて、かつ抗うつ剤も服用しているような場合、安易に「抗うつ剤のせいで太った」と決めつけないよう注意が必要です。

確かに抗うつ剤で体重増加が出現することもありますが、同様にうつ症状による無気力・過食などによって体重増加が生じる事もあるという事を忘れてはいけません。

その体重増加は本当にパキシルのせいなのか。安易に決めつけず、必ず自分の状態を見直してみるようにしましょう。

うつ病で活動性が低下しており、元気なころと比べて運動量が激減しているのであれば、それが原因で太っているのかもしれません。ストレスで過食傾向にあるのであれば、それが理由かもしれません。

このような状態で、「太るのはパキシルのせいだ。もう飲むのをやめよう」と判断してしまうとどうなるでしょうか。抗うつ剤中止によって精神状態がより悪化すれば、より活動性低下や過食がひどくなり、体重増加は更に悪化していくでしょう。

症状としての「体重増加」もあるし、薬の副作用としての「体重増加」もあるのがパキシルの難しいところです。

安易に判断せず、太ることや体重増加にパキシル以外の思い当たる原因がないかを確認してみましょう。

自分で判断できない場合は、主治医と相談して判断してください。自己判断での服薬中断は大変危険ですので、絶対にしてはいけません。

5.パキシルで太ってしまった時の対処法

パキシルを服薬していて太ってきてしまったら、どうすればいいでしょうか。取るべき対処法を考えてみましょう。

なおこれらの対処法は決して独断では行わないで下さい。必ず主治医の指示のもとで行うようにしましょう。

Ⅰ.生活習慣を見直す

太ってきたときに一番大切なことは、生活習慣を見直すことです。副作用で太ってしまった時もこの基本は変わりません。規則正しい生活、適度な運動などの生活改善を行えば、たとえ抗うつ剤を内服していたとしても体重は落ちやすくなります。

抗うつ剤は体重が「落ちなくなる」のではありません。「落ちにくくなる」だけです。しかるべき行動をとれば体重は必ず落ちます。

毎日三食、規則正しく食べていますか?
量やバランスは適正でしょうか?
間食や夜食などをしていませんか?
適度な運動はしていますか?

散歩などの運動でも脂肪燃焼には効果があります。余裕があればジョギングやサイクリングなど強度の高いものにトライすれば代謝は更に改善されます。

Ⅱ.抗うつ剤の量を減らしてみる

もし精神状態が安定しているのであれば、 減薬を考えてみるのもいいかもしれません。主治医と相談してみましょう。

体重増加で困っていることを主治医に相談することは大切なことです。

主治医は、あなたの体重増加を重く捉えていないかもしれません。というのも、体重が増えて困るかどうかは人それぞれです。

ガリガリに痩せた男性であればちょっと体重が増えても全然困らないでしょう。でも、スタイルに気を使っている若い女性にとっては、体重がちょっとでも増えることは大きな恐怖でしょう。

体重増加に対して主治医とあなたとの間に認識のギャップがある恐れがあります。特に年配の先生だったりすると、若い子が悩むポイントというのは意外と気付かないものです。

ただし、病状によっては薬の量を減らせないこともあります。

相談の上でお薬を減らせないという結論になった場合は、勝手に減らすことはせず、主治医の判断には従うようにしましょう。

Ⅲ.別の抗うつ剤に変えてみる

別の抗うつ剤に変えてみるという手もあります。

候補に挙がるのは、「太りにくい」という視点だけから見ればSNRIであるサインバルタ、同じSSRIのジェイゾロフトあたりが候補に挙がります。

一部の四環系抗うつ剤やデジレル、トレドミンなども体重増加の副作用が少ないのですが、これらは抗うつ効果も弱いため、切り替えは慎重に判断しなければいけません。

それぞれの抗うつ剤には長所と短所がありますので、体重増加の視点だけで考えるのではなく、総合的に判断することが大切です。

やはり主治医とよく相談して決めていく事が大切です。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい