トフラニールの副作用【医師が教える抗うつ剤のすべて】

トフラニールの副作用

トフラニールは1959年に発売された抗うつ剤で、三環系抗うつ薬という種類に属します。

三環系は一番最初に開発された抗うつ剤で、古いお薬です。「効果も強いけど副作用も強い」という特徴を持つため、現在では最初から使われることは少なく、難治性などでやむを得ない場合に限り使用が検討されます。トフラニールも副作用が多いお薬のため、使用する際は慎重に投与していく必要があります。

ここではトフラニールの副作用や他の抗うつ剤との比較などを説明していきます。

スポンサーリンク

1.トフラニールの副作用の特徴

トフラニールは世界で初めて発売された抗うつ剤であり、このトフラニールから抗うつ剤の歴史は始まりました。古い三環系抗うつ剤の中でも、一番歴史の長い抗うつ剤です。

副作用も「典型的な三環系の副作用が出る」という印象です。

全体的に三環系は副作用が多く、その程度も強いことが知られています。古いお薬のため作りが荒く、余計なところに作用してしまいやすいため副作用が出やすいのです。

副作用のうち、特に頻度が多いのが、

  • 口渇、便秘、尿閉     (抗コリン作用)
  • ふらつき、めまい  (α1受容体遮断作用)
  • 眠気、体重増加   (抗ヒスタミン作用)

などといった副作用です。これらは程度も強いことが多く、「気分は楽になったけど眠気で動けない、喉が渇いてつらい」などということもあります。

また、

  • 性機能障害(α1受容体遮断作用、セロトニン2A刺激作用)
  • 吐き気、食欲低下  (セロトニン3刺激作用)
  • 不眠   (セロトニン2刺激作用)

なども出現することがあります。

また三環系抗うつ剤は頻度は少ないものの、命に関わるような副作用も生じる可能性もあります。

具体的には、

などが挙げられます。

頻度は稀なのですが、起こった場合は致命的になることもあります。そのため、三環系を使っている場合は必ず定期的に心電図評価をするなどして、重篤な副作用の発症予防に努めなくてはいけません。

これらの副作用は、トフラニールだけに見られる副作用ではなく、三環系抗うつ剤全てに見られるものです。

2.トフラニールの副作用 -他剤との比較-

次にトフラニールの副作用は、他の抗うつ剤と比べてどんな特徴があるのでしょうか。他抗うつ剤との比較を表にしてみましょう。

抗うつ剤口渇,便秘等フラツキ吐気眠気不眠性機能障害体重増加
トリプタノール++++++±+++-++++
トフラニール+++++±++++++
アナフラニール++++++++++++
テトラミド++-++--+
デジレル/レスリン++-++-+++
リフレックス-++-+++--+++
ルボックス/デプロメール++++++++++
パキシル+++++++++++++
ジェイゾロフト±+++±+++++
レクサプロ++++±+++++
サインバルタ+±++±++++±
トレドミン+±++±+++±
ドグマチール±±-±±++

三環系であるトフラニールは、やはり抗うつ剤と比べると副作用が多めですね。特に

SSRI:ルボックス、デプロメール、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ
SNRI:トレドミン、サインバルタ
NaSSA:レメロン、リフレックス

といった新規抗うつ剤と比べると、その副作用が多いのが分かります。

スポンサーリンク

3.トフラニールの副作用各論

では、トフラニールの副作用をひとつずつり詳しくみてみましょう。

なお、ここではトフラニールの副作用を全て挙げているわけではありません。臨床で感じる特に頻度が多いもの、特に見逃すべきでないものに絞って紹介しています。細かい副作用を全て挙げるとなると、膨大な量になり分かりにくくなってしまいますので、ここでは紹介しませんが、知りたい方はトフラニールの添付文書等をご覧ください。

1.便秘、口渇、尿閉(抗コリン作用)

抗コリン作用とは、アセチルコリンという物質の働きをブロックしてしまうことで生じる、抗うつ剤の代表的な副作用です。

口渇(口の渇き)や便秘が有名ですが、他にも尿閉、顔面紅潮、めまい、悪心、眠気、眼痛なども起こることがあります。そのためトフラニールは、腸管が動かなくなってしまう「麻痺性イレウス」や、眼圧を上がっている緑内障には症状を更に悪化させてしまう可能性があるため用いることができません。

抗コリン作用は三環系(アナフラニール、トフラニール、トリプタノール、アモキサンなど)で多く認められ、四環系(ルジオミール、テトラミドなど)でもまずまず認められます。

三環系の中ではトリプタノールとアナフラニールは多く、トフラニールがそれに続き、アモキサンはやや少なめです。

SSRIは三環系・四環系と比べると大分少なくなっていますが、全く出ないわけではありません。パキシルやルボックス/デプロメールでは比較的多く、レクサプロとジェイゾロフトは少ないようです。

SNRI(トレドミン、サインバルタ)も抗コリン作用は少なめです。

抗コリン作用が弱い抗うつ剤としては、 Nassa(リフレックス/レメロン)やドグマチールなどがあり、これらはほとんど抗コリン作用を認めません。

抗コリン作用がつらい場合は、これらのお薬に変更するのも手になります。

抗コリン作用への対応策としては

  • 抗コリン作用がより少ない抗うつ剤に変更する
  • 抗うつ剤の量を減らす
  • 抗コリン作用を和らげるお薬を併用する

などの方法があります。

抗コリン作用を和らげるお薬として、

  • 便秘がつらい場合は下剤(マグラックス、アローゼン、大建中湯など)、
  • 口渇がつらい場合は漢方薬(白虎加人参湯など)、

などが用いられることがあります。

2.ふらつきやめまい(α1受容体遮断作用など)

これは抗うつ剤がα(アドレナリン)1受容体という部位を遮断し、血圧を下げてしまうために起こる副作用です。

これも三環系や四環系で多いため、トフラニールもめまいやふらつきは多く認めます。

Nassaはα1受容体遮断作用は弱いのですが、抗ヒスタミン作用というものがあり、これが眠気を引き起こすため、ふらつきめまいは比較的多く認められます。

デジレルもα1受容体遮断作用は強くないものの、5HT(セロトニン)2A受容体という神経興奮をさせる受容体を遮断するため、ふらつきやめまいを生じさせます。

SSRIではめまい・ふらつき大分軽減されており、三環系と比べると軽度なことがほとんどです。

SNRI(サインバルタ、トレドミン)は、ノルアドレナリンに作用することで逆に血圧を上げる働きもあるため、めまいやふらつきが起こる頻度は少ないようです。

ふらつき、めまいがつらい場合も、

  • ふらつき、めまいの少ない抗うつ剤に変更する
  • 抗うつ剤の量を減らす
  • α1受容体遮断作用を和らげるお薬を試す

などの方法がとられます。

お薬としては昇圧剤(リズミック、メトリジンなど)が用いられることがありますが、血圧を上げるお薬ですので、高血圧の方などは使用する際に注意が必要です。これらの昇圧剤はα1受容体を刺激することで血圧を上げます。

 3.眠気(抗ヒスタミン作用)

眠気はほとんどの抗うつ剤に起こりうる副作用です。抗うつ剤は脳をリラックスさせるのが働きですから、当然と言えば当然かもしれません。

中でも「鎮静系抗うつ剤」と呼ばれるものは特に強く眠気が出ます。Nassaや四環系、デジレルなどです。鎮静系抗うつ剤は眠気の強さを逆手にとって、睡眠薬として利用されることもあるほどです。

鎮静系ではないSSRIやSNRIは、眠気の頻度は少なめです。パキシルとルボックス/デプロメールはやや多いですが、ジェイゾロフトやレクサプロ、そしてトレドミンやサインバルタの眠気は軽いことが多いです。

三環系抗うつ剤は、鎮静系ほどの眠気はありませんが、SSRI/SNRIよりは眠気は強く出ます。

三環系の中ではトリプタノールが特に眠気が強く、アモキサンはやや少なめです。

眠気への対処法としては、

  • 眠気の少ない抗うつ剤(ジェイゾロフト、サインバルタ等)に変更する
  • 抗うつ剤の量を減らす
  • 睡眠環境を見直す

などがあります。

4.不眠(セロトニン2刺激作用)

SSRIやSNRIは深部睡眠(深い眠り)を障害するため、不眠となる事があります。

この副作用はセロトニンに選択的に作用するSSRIやSNRIで多く認められ、次いで三環系にも時々認められます。

反対に、四環系やデジレル、Nassaなどの鎮静系坑うつ剤は、深部睡眠を促進するため、眠くはなるけど深い眠りを導いてくれます。そのため、不眠はほぼ認めません。

不眠で困る場合は、服薬を朝食後などに変えると改善することがあります。お薬の量を減らせそうなら、減らすのも手です。

それでも改善が得られない場合は、鎮静系抗うつ剤に変えたり、少量の鎮静系抗うつ剤を上乗せすると改善することもあります。

4.性機能障害(セロトニン2A刺激作用、α1受容体遮断作用)

勃起障害や射精障害と言った性機能障害もSSRI、SNRIに多い副作用です。

この原因は詳しくは分かっていませんが、セロトニンが関与していると言われています。また、α(アドレナリン)1受容体をブロックすることも関係していると考えられています。

デジレルは他の抗うつ剤に見られる勃起不全や射精障害だけではなく、「持続勃起」という勃起が長く続いてしまうという他の抗うつ剤とは違った性機能障害を稀に認めますので注意が必要です。

三環系でも性機能障害は起こしますが、SSRI、SNRIほどではありません。四環系やNassaは、性機能障害をほとんど起こしません。

具体的な対処法としては、抗うつ剤の減量あるいは変薬になります。

6.体重増加(抗ヒスタミン作用)

体重増加は眠気と同じく、主に抗ヒスタミン作用で生じるため、眠気の多いお薬は体重も増えやすいと言えます。

Nassaに多く、三環系やパキシルもそれに続きます。三環系の中ではトリプタノールが特に体重増加作用を多く認めます。

運動や規則正しい食事などの生活習慣の改善で予防するのが一番ですが、それでも十分な改善が得られない場合は、他剤に変更するもの手になります。

体重を上げにくいという面でいえば、ジェイゾロフトやサインバルタなどが候補に挙がります。

7.吐き気(セロトニン3刺激作用)

吐き気もSSRIやSNRIに多い副作用です、

これは、胃腸にもセロトニン受容体が存在するために起こる副作用です。胃腸にはセロトニン3受容体が分布しており、抗うつ剤の内服によってこの受容体が刺激されることで、
吐き気が起きます。

SSRIやSNRIはすべて吐き気を高頻度で起こしますが、三環系ではあまり起こしません。

8.不整脈

三環系抗うつ薬の副作用で一番怖いのが不整脈です。滅多に起きませんが、起きた場合は命に関わることもあります。

内服量が多いほど起きやすいため、間違っても三環系は過量服薬してはいけません。

具体的には、QT延長という心電図上の変化が起きて、これを放置してしまうと致命的な不整脈(心室細動やトルサード・ド・ポアンツ)を起こす可能性があります。

三環系を使う際は、定期的に心電図検査を行い、QT延長を見逃さないようにしないといけません。そしてQT延長が認められた場合は、速やかに抗うつ剤の減薬あるいは変更が必要です。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい