悪性症候群って何ですか?

悪性症候群

精神科のおくすり(向精神薬)にはいくつかの副作用がありますが、重篤なものに「悪性症候群」が挙げられます。悪性症候群はほぼすべての向精神薬で生じる可能性があります。

頻度は稀で滅多に起こることはありませんが、非常に怖い副作用であるため、向精神薬を服薬している方は悪性症候群というものを知っておく必要があります。

ここでは、悪性症候群について、どんな副作用でどんな時に起きやすいのか、起こさないためにはどうすればいいのかを説明します。

スポンサーリンク

1.悪性症候群とは?

悪性症候群(通称NMS:Neuroleptic Malignant Syndrome)は、精神に作用するおくすり(向精神薬)に起こる副作用です。起こる頻度は極めて稀ですが、適切な治療をせずに放置していれば死に至ることもあり、絶対に見逃してはいけない副作用のひとつです。

どうして起こるのか。原因は?

原因は明確には解明されていませんが、ドーパミン受容体が関係していると言われています。

どんなおくすりで起こるのか

ドーパミン受容体が関係しているため、ドーパミン受容体を遮断する作用を持つ統合失調症の治療薬(抗精神病薬)で一番多くみられます。

その中でも第一世代と言われる古い抗精神病薬ではより起こしやすくなります。代表的なものとしてはクロルプロマジン(商品名:コントミン、ウインタミン)、ハロペリドール(商品名:セレネース)などがあります。

しかし、その他の抗うつ剤、気分安定薬(躁うつ病の治療薬)、抗不安薬、睡眠薬でも起こる可能性があり、精神科のおくすりのほとんどで起こす可能性があると言えます。

また、精神科のおくすり以外でもドーパミンに作用するおくすりでは悪性症候群の報告があります。パーキンソン病の治療薬や吐き気止めのおくすりなどです。

どんな症状が起こるのか

代表的な症状には、

〇 発熱
〇 意識障害(意識がボーッとしたり、無くなったりすること)
〇 錐体外路症状(筋肉のこわばり、四肢の震えや痙攣、よだれが出たり話しずらくなる)
〇 自律神経症状(血圧が上がったり、呼吸が荒くなったり、脈が速くなったりする)
〇 横紋筋融解(筋肉が破壊されることによる筋肉痛)

などがあります。すべてが出るわけではなく、いくつかが当てはまれば悪性症候群と診断されます。

放置しておくと死に至ることもある危険な副作用ですので迅速で適確な診断が求められます。

診断基準がいくつかありますが、専門的になりますのでここでは省略します。

アメリカ精神医学会が出版しているDSM-Vに「神経遮断薬悪性症候群診断基準」として記載されている他、Levensonらの診断基準、Pope らの診断基準、Caroff らの診断基準がよく用いられます。

どんな時に起こるのか

精神に作用するおくすりを増やしたり減らしたりした時に起こりやすいと言われています。おくすりを増やした時だけでなく、急に減らしたりやめたりしても起こりやすいので注意が必要です。

私たち精神科医がおくすりの増減を少しずつ行うのは、悪性症候群を起こさないように、という理由もあるのです。また、患者さんの判断で勝手におくすりをやめたり減らしたりしてはいけないのも、ここにも理由があります。

Caroffらは発症時期に関して、悪性症候群は原因であるおくすりを増減して、

24 時間以内に発症が16%
24時間以降、1週間以内の発症が50%
1週間以降、30日以内の発症が30%
30 日以降の発症が4%

と報告しています。この報告によれば、1週間以内に発症することが多いですね。

実際の現場の印象としても、数日~1週間以内に発症することが多いと感じます。

2.精神科のおくすりが悪性症候群を起こす頻度は?

おくすりの種類によって様々ですが、非常に稀な副作用です。

Caroff らの報告では、0.2%と報告されており(1993年の報告)、
Adityanjeeらの報告では、0.07~2.2%と報告されています(1999年の報告)。

現場で悪性症候群に遭遇するのは、勝手に服薬を止めてしまったケースがほとんどです。
くすりを飲むのがイヤになっていきなり全部中止してしまったとか、風邪を引いて数日おくすりを飲めなかったとかです。

医師の指示通りに服薬していれば滅多に起きる副作用ではありません。

近年は、安全性の高い向精神薬が増えてきましたので、頻度は更に低くなっていると思われます。

スポンサーリンク

3.悪性症候群を起こさないために

悪性症候群が起こる機序は明確には解明されていませんが、おくすりの急激な増減が契機になることは間違いありません。急におくすりを増やしたり、あるは急におくすりをやめたりしてしまうと危険だということです。

精神科でおくすりを処方される場合、少量から始めて少しずつ増やしていくことが多いのですが、これは悪性症候群を起こさないためでもあります。また、減薬時も徐々に減らしていきますがこれも同じ理由です。

患者さんが自己判断で急におくすりを辞めてしまうことは、悪性症候群の原因になるため絶対にすべきではありません。

悪性症候群は、精神科医にとって最も怖い副作用のひとつです。私たちは悪性症候群を起こさないように細心の注意を払いながら処方をしています。

主治医の指示をしっかりと守り、おくすりの増減は医師の指示のもとで少しずつ行うことが何より重要な悪性症候群の予防法です。

また、体調不良など何らかの理由によっておくすりを飲めない時は、自己判断で減らしたりやめたりせずに、必ず主治医に連絡をとって相談した上で調整してください。

4.悪性症候群の治療は

悪性症候群は、死亡する可能性もある副作用のため、入院による治療が原則になります。

原因されるおくすりは中止しますが、急に中止するとそれがまた悪性症候群の引き金になってしまうため、中止の判断は精神科医の慎重な判断のもとで行われます。

入院中は、点滴による水分補給をしっかりと行います。身体の水分が足りていないと悪性症候群は増悪しやすくなります。

筋肉のこわばりがあまりに強い場合は、ダントロレンと呼ばれる筋弛緩薬を使うこともあります。しかしダントロレンにも副作用がありますので、適応は精神科医が慎重に判断します。

悪性症候群は昔は死亡率の高い副作用でしたが、現在では助かることも多くなっています。なるべく早期に発見し、適切な対処(入院加療など)を行うことが重要になってきます。

そのため、「精神科のおくすりは非常に稀だが悪性症候群が起こることがある」ということを患者さん自身も知識として持っておくことが大切です。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい