入浴にはリラックス効果、睡眠改善効果がある

bath

疲れが溜まっていると、ふと

「はぁ~、ゆっくり温泉にでも浸かりたいなぁ」

とつぶやいてしまいます。

疲れを取りたい時やリラックスしたい時に、温泉は大人気です。休日になると、毎週大勢の人が温泉や銭湯に訪れます。

みなさんも

「温泉に入るとリラックスできる」
「温泉に入ると気持ちが穏やかになる」

 と経験的に感じていることと思います。入浴は精神にとって、とても好ましい作用があります。入浴を上手く利用すればこころの健康の改善に大きく役立ちます。

お風呂には毎日入る、という方も多いと思いますが、みなさん、ちゃんと「リラックスできる入浴」ができていますか?

 しっかりと疲れを取って、ぐっすりと眠るためにはどんな事を意識して入浴すればいいのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

<入浴の効能>

まずは、入浴がもたらす効果について考えてみましょう。

たくさんの作用がありますが、ここでは「こころの健康」に焦点を絞ってお話します。

Ⅰ.リラックス効果

まずは「リラックス効果」があります。温泉が人気スポットである理由もこれですよね。

入浴する事で「気持ちいい」「癒される」「疲れがほぐれる」・・・、色々表現されますが、要するに「リラックスできる」のです。

入浴すると、身体の体温がやや高くなることで、副交感神経が働きだします。副交感神経は、気持ちや身体をリラックスさせる方向に働きます。

気持ちが穏やかになるだけでなく、身体の面でも心拍数は下がり、血管が拡張します。血管が開くことで、身体の隅々まで血液がいきわたるようになります。すると、身体全体が芯まで温まり、筋肉が緩みます。腸管の動きも活発になり、空腹を感じたり、排便がスムーズになります。

このように入浴は、副交感神経を活性化させることによる「リラックス効果」があります。

ただし、温度が高すぎるお風呂、低すぎるお風呂だと、交感神経という興奮効果のある神経が働きだしてしまいますので、注意です。

リラックスしたい時は38℃-42℃前後の温度での入浴がよいでしょう。

Ⅱ.睡眠の質を改善する効果

温泉にゆったり浸かったあとというのは、グッスリ眠れるものです。

これはなぜでしょうか?

実は、私たちの体温というものは、一日の中で微妙に上下しています。

具体的に言うと、

活動をしなくてはいけない日中は高めの体温になり、
ゆっくりと休みたい夜間は低めの体温になります。

夜になると、人間の体温は自然とゆっくり下がっていきます。そして、これによって私たちは自然な眠気を感じ、深い眠りを得られるのです。

入浴は、この「体温を下げる事」に一役買ってくれます。

お風呂に入ると体温は高くなります。入浴する事で血管が拡張し、温まった血液が全身をめぐるため、体温は上がります。入浴後も、血管はまだ拡張した状態です。そのため、熱は体の外に放たれやすくなります。

入浴後は、この放熱効果によってちょうどいい具合に体温が低くなっていくのです。

ちょうどよく放熱された結果、ちょうどいい具合に眠気がきて、質のいい睡眠が取れるようになります。

<リラックス効果の高い入浴法とは?>

 ここまでで説明してきた入浴の効能から、「どんな入浴法がいいのか」という答えが導き出せます。

 結論から言うと、

・温度は40℃前後。(42℃以上にしないように)
・時間は30分ほど、ゆっくりと
・シャワーではなく、必ず湯船に浸かること
・湯冷めに注意

ということが上げられます。

まずは、温度が大切です。副交感神経が活性化しやすい40℃前後(38-42℃)が適温です。

反対に、水風呂や熱すぎるお風呂は、「興奮の神経」である交感神経を刺激してしまいますので、要注意です。

そして、時間も大切です。

5分程度の入浴では、副交感神経が活性化する前に入浴が終わってしまいます。全身をリラックスさせるためには、最低でも20分程度、できれば30分程度の入浴をしましょう。

 一人暮らしの方は、シャワーで済ませてしまう方も多いと思います。

もちろん、「身体の洗浄」という目的だけであれば、シャワーでかまいませんが、シャワーは身体の汚れを洗い流しているだけで、身体を温めることはできていません。

「リラックス効果」「睡眠改善効果」を狙うのであれば、ぜひ、シャワーだけではなく入浴をしてください。

また、入浴後は「ちょうどいい程度に体温を下げていくこと」が大切です。血管が拡張していますから、自然と過ごしているだけでちょうどよく下がります。

寒いところに長時間居たりしてはいけません。急激に体温が下がりすぎるため、睡眠の質が悪くなります。

反対に、入浴後にすぐにベッドに入ってしまうこともいけません。熱が放散されなくなり、体温が下がらずに睡眠の質が悪くなります。

入浴後は、適温の室内で過ごし、ベッドへ行くのは30-60分はあけるようにしましょう。

スポンサーリンク

<そのほかのオススメ入浴法>

参考程度ですが、そのほか効率的に体や心を休める方法として、

・お気に入りのバスボムやバスソルトをいれる
・眠りによいとされるアロマを落とす
・電気を消してバスキャンドルなどを使う

などもいいかもしれません。

自分がリラックスできると思えるもの、使って気持ちのいいものは使ってみましょう。

<まとめ>

入浴は「リラックス効果」や「睡眠の質を上げる効果」があり、

40℃前後の、ややぬるめの温度を保つ
20-30分、お湯に浸かること
・入浴後は湯冷めに注意し、30分以上あけてからベッドにはいること

を気をつけると、その効能を最大限に得られる。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい