レスリンの副作用【医師が教える抗うつ剤のすべて】

レスリンの副作用

レスリンは1991年に発売された抗うつ剤です。

抗うつ作用は弱く、眠りを深くする作用に優れるため、抗うつ剤としてより眠りを改善する目的で処方されることが多いおくすりです。レスリンの副作用は全体的には少なめであり、安全性は高いおくすりだと言っていいでしょう。

しかし注意すべき副作用がないわけではありません。

ここではレスリンの副作用、そして他の抗うつ剤との比較などを紹介します。

スポンサーリンク

1.レスリンに多い副作用

副作用の無いおくすりは無く、どんなくすりにも副作用があります。
レスリンにも、もちろん副作用があります。
しかし全体的には少なめで、重篤な副作用は少なめだと言えます。

ここでは、レスリンの副作用のうち、比較的頻度の多いものや
特に気を付けるべき副作用を中心に紹介します。

レスリンは、脳内のセロトニンの濃度を上げることで抗うつ効果を発揮します。
同時にセロトニン2A受容体を遮断することで、眠りを深くする作用もあります。

副作用としては、

  • 持続性勃起
  • 眠気
  • ふらつき、めまい

などがあります。

持続性勃起は、レスリンに独特の副作用で、他の抗うつ剤ではあまり認められません。
眠気やふらつき、めまいは、レスリンが眠くなりやすいために生じる副作用です。

反対に、SSRIなどの抗うつ剤で多く認める、

  • 口渇、便秘などの抗コリン作用
  • 吐き気
  • 体重増加

などの頻度は少なめです。

それぞれを詳しくみてみましょう。

1.持続性勃起

頻度は極々稀ですが、レスリンに独特の副作用です。
抗うつ剤は性欲を減退させて、勃起させなくするものが多いのですが、
レスリンは勃起を促進させてしまうことがあります。

持続勃起は、軽度のものであればくすりが抜けるのを待てばいいだけのこともありますが、
ひどいものだと、陰茎の血流障害を起こし(血の流れが悪くなる、ということ)
救急受診しなければいけないものもあり、決してあなどれません。

持続勃起の兆候があれば、レスリンの使用は即刻中止をした方がいいでしょう。

余談ですがこの副作用のため、レスリンは昔は勃起不全やインポテンツの治療薬としても
使われることもあったそうです。
(現在はもっと良いおくすりが多く出ているため、使うことはほとんどありません)

2.眠気、ふらつき、めまい(セロトニン2A遮断作用)

レスリンの特徴は、セロトニン2A遮断作用が強いことで、
これは眠りを深くする効果があります。

深く眠れるようになるため不眠治療に有効なのですが、一方で
日中の眠気やふらつきの原因になることがあります。

日中も眠気やふらつきが出てしまうようであれば、
対策として、まずはレスリンの服薬を眠る前だけにすることです。

眠くなるおくすりなので、朝昼晩などに分けて飲んでいたら日中も眠くなります。
眠前だけ飲めば、明け方には効果はなくなっていますので、眠気で困ることは少なくなります。

レスリンの半減期は7時間程度であり、眠前に内服して7時間以上眠れば、
理論的には日中はそこまで眠気が出ることはないはずです。

服薬時間を変えても眠気が改善しないようであれば、減薬するしか方法はありません。
例えばレスリン100mgを飲んでいて日中も眠くなるのであれば、50mgに減らしたりします。
量を減らせば、効果も弱くなりますが副作用も軽くなります。

他のおくすりに変更してみるのも手です。

レスリンを含め、眠くなる抗うつ剤を「鎮静系抗うつ剤」と呼びますが、
他の鎮静系抗うつ剤には

  • レメロン、リフレックスなどなNassa
  • テトラミド、ルジオミールなどの四環系抗うつ剤

などがありますので、こちらに変更してみてもいいでしょう。

ただし、これらはレスリンよりも強く鎮静をかけてしまうこともありますので、
「より眠気がひどくなってしまう可能性もある」ことを了承した上で行ってください。

3.その他の副作用

その他、

  • 口渇、便秘(抗コリン作用)
  • 体重増加
  • 吐き気

などの副作用も起こり得ますが、その頻度は多くありません、

特にレスリンは抗コリン作用がほとんどないと言われています。
体重増加や吐き気は起こり得るものの、他の抗うつ剤と比べると少なめだと言っていいでしょう。

2.レスリンの副作用 -他剤との比較-

一通りの説明が終わったところで、他の抗うつ剤との比較をみてみましょう。

抗うつ剤口渇,便秘等フラツキ吐気眠気不眠性機能障害体重増加
トリプタノール++++++±+++-++++
トフラニール+++++±++++++
アナフラニール++++++++++++
テトラミド++-++--+
デジレル/レスリン++-++-+++
リフレックス-++-+++--+++
ルボックス/デプロメール++++++++++
パキシル+++++++++++++
ジェイゾロフト±+++±+++++
レクサプロ++++±+++++
サインバルタ+±++±++++±
トレドミン+±++±+++±
ドグマチール±±-±±++

レスリンの副作用は全体的に軽度であることが分かると思います。

鎮静系抗うつ剤のため、眠気の頻度は少なくありませんが、
これは「睡眠薬としても使える」というメリットもあります。

性機能障害が多めとなっているのは、上述の持続勃起が起こる可能性が稀にあるからです。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい