自殺願望が生じる背景と本人・周囲がすべき対処法

自殺願望とその解決法

自殺願望(じさつがんぼう:Suicidal Thought)は、「自分の手で自分の人生を終わりにしたい」と強く考えてしまう事です。自殺念慮(じさつねんりょ)と呼ばれる事もあります。

うつ病をはじめとした精神疾患で認められる症状の1つで、治療者や周囲の方々が決して見逃してはいけない症状の1つでもあります。また精神疾患にかかっていなくてもショックなことや強い精神的ストレスが持続的にかかれば生じる事もあります。

自殺願望は精神的に不安定な日々が続き、将来を絶望する事で生じます。この自殺願望を放置してしまうと、症状は更に悪化し、患者さんが自ら命を断つ事を実行してしまうという最悪の事態に進行してしまう可能性もあります。

この最悪の事態を防ぐためには、医療者や周囲の方々が当人の自殺願望を見逃さない事が大切です。また患者さん自身も自殺願望を自分の中に溜め込まず、信頼できる人に打ち明けられる環境も重要です。

ここでは自殺願望が生じる背景と、自殺願望に対して本人や周囲の方々が取るべき適切な対応法などについて考えていきましょう。

スポンサーリンク

1.自殺願望とは

まずは自殺願望とはどのような症状なのかを説明します。

自殺願望とは「自分の手で自分の人生を終わらせてしまいたい」という強く考えてしまう事になります。

ちなみによく混同されるのですが、漠然と「消えてしまいたい」「死んでしまいたい」と考えるのは「希死念慮」と呼ばれ、正確には自殺願望ではありません。

もちろん希死念慮も放置してはいけない症状なのですが、希死念慮の「死にたい」「消えたい」という気持ちに、「自分の手によって」とより具体的な方法にまで踏み込んでいるのが自殺願望なのです。

精神医学的には「死にたい」という考えは、その方法が具体的になればなるほど実行のリスクが高まると考えられていますので、自殺願望は希死念慮よりも一段階リスクの高い状態だと言えます。

とても辛い事があったり辛い日々が長く続いていると、誰でも「もう何もかもがイヤだ」「いっその事、死んでしまいたい」と考えてしまう事はあります。

このような考えが頭をよぎってしまう事は決して好ましい事ではありませんが、このような心理が生じてしまう事自体は異常ではありません。

実際、健常者に「今まで本気で死にたいと思った事があるか」と問うと、約20%ほどの方は「ある」と回答するそうです。

「死にたい」という気持ちが極々少数の人にしか生じない異常な感情だというわけではない事がここからも分かります。

しかし「死にたい」が誰にでも生じうる感覚であったとしても、この気持ちは決して軽く扱ってはいけません。

つらい事があって、一時的に「死にたい」と考えてしまう事自体はそこまで異常ではありません。しかしそれを改善させようとせずに放置してしまっていると、次第に死にたい気持ちが強くなっていき1日中「死にたい」とばかり考え続けるようになってしまいます。

このように「死にたい」という気持ちが一時的にではなく、一定期間・持続して生じ続けている状態は「希死念慮」と呼ばれ、ここまで来てしまうと正常な心理状態とは言えません。

更にこのような希死念慮が続いていると、「死」以外の方法・解決策が段々と見えなくなってきてしまうようになります。

すると「死にたい」という漠然とした希死念慮から、「自ら命を断つ」という具体性の高い自殺願望に進行していってしまうのです。

希死念慮と自殺願望では自殺願望の方が具体性が高い分、危険性も高くなります。

2.なぜ死んではいけないのか

自殺願望は「死」と実行しようと考えてしまう症状になります。

この症状はあらゆる精神症状の中でももっとも注意すべき症状の1つです。

では、なぜ「死んでしまいたい」と考えてしまう事が問題なのでしょうか。一般的な倫理観として「自殺は良くない事」というのは多くの方が賛同するでしょう。しかしそれがなぜいけないのかを説明できるでしょうか。

実際、患者さんの中には「先生は死ぬなというけど、そんなの本人の自由じゃないか」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

確かに「あなたは死んではいけない」「あなたは生きないといけない」と、全くの他人が人の人生を強制するのはおかしい事かもしれません。

しかしそれでも私たち医師は、「死にたい」という気持ちを持っている人がいれば「死んではいけない」「死ぬのは最善の方法ではない」と、その方の「死にたい」という希望を否定します。

なぜならば患者さんの「死にたい」という気持ちは、その人の根本的な希望というわけではないからです。

例えば「この世ですべき事はすべてやりきったし、人生に満足したからそろそろ死にたい」という根本的な希望としての死を希望している場合、それは確かに他者が止める権利などないのかもしれません。

しかしそのような理由で「死にたい」と訴える方はまずいらっしゃいません。

「死にたい」と訴えるほとんどの方は、何らかの苦痛や絶望によって、死ぬ以外の方法が見当たらないくらい辛い状況が続き、その中で段々と正常な判断が出来なくなり、楽になるための唯一の方法として「死ぬこと」以外が見えなくなってしまっているのです。

現状を脱出するための消極的な方法として「死にたい」と言っているわけであり、積極的な・前向きな希望として言っているわけではありません。これは「死にたい」と訴える当人も分からなくなっている事がありますが、よくよく考えていただければほとんどの方の「死にたい」はこのような消極的な理由であるはずです。

冷静に考えれば、「死ぬ」以外でも現状を脱出させる他の方法があるのであれば、「死ぬ」という方法でなくてもよいわけです。更に「現状から脱するためには死ぬ以外の方法はない」という本人の考えは、たいていが苦痛や絶望によって視野が狭くなってしまったがために生じているものであり、正常な判断力に基づいたものではありません。

つまり「死にたい」と訴える方に対して、それを達成させる事は、決して最善の方法ではない事が多いのです。

消極的な「死にたい」という選択肢を選ばなくても、最善の解決法は他に必ずあります。これは治療者・周囲の協力者と一緒に探していく事で解決していくべきなのです。

またもう1つの理由として「死にたい」という訴えは当人からの「助けてほしい」という無意識の訴えでもあります。

本当に積極的に死にたいのであれば周囲に訴える必要はありません。つらくて死にたいけど、でも本当は死にたいわけではないという心の奥で生じている葛藤が「死にたい」という言葉として発されるのです。

そして「助けてほしい」というニュアンスがある以上、死は本能的には避けたいものであり、そのまま実行させるのは正しい方法ではないわけです。

患者さん本人は、その時は「死ぬ以外に方法なんてない」「周りにいくら助けてもらっても無駄だ」と思うかもしれません。しかし精神状態が落ち着き、正常な判断が出来る状況に回復したら、「あの時、死ぬという方法と取らなくて本当に良かった」と必ず思える時が来ます。

スポンサーリンク

3.自殺願望と似た症状について

「死にたい」という気持ちが生じてしまう症状は自殺願望以外にもいくつかあります。

具体的には「希死念慮」や「自殺企図」などがあります。

これらは自殺願望とどのように違うのでしょうか。また「死にたい」という気持ちが生じる症状をこのように別々に分けている意味は何なのでしょうか。

まずこれらの症状を重篤度で分けると、低い順から、

  1. (消極的)希死念慮
  2. (積極的)希死念慮
  3. 自殺願望(自殺念慮)
  4. 自殺企図

となります。

希死念慮というのは「死んでしまいたいな」と漠然と考える事です。希死念慮の「死にたい」は「この世から消えてしまいたい」というニュアンスが強く、自分で自分の命を絶つ(=自殺)などの方法を具体的に考えているわけでなく、「消えてしまえたらどんなに楽だろうか」という感情が浮かんでくるような状態です。

希死念慮は「消極的希死念慮」と「積極的希死念慮」に分ける事があります。消極的希死念慮とは「今、この世から消えてしまえたらいいのにな・・・」という漠然とした死への気持ちの事です。

一方で積極的希死念慮とは「事故に遭って死んでしまってもいいかな」「誰か、私の事を殺してくれないかな」と、より具体的に死に至る方法を考えてしまう事です。

「死にたい」という気持ちは、その方法の具体性が高ければ高いほど、実行するリスクも高くなる事が分かっています。消極的な希死念慮よりも具体性のある積極的な希死念慮の方が一段階リスクは高まるという事です。

「自殺願望(自殺念慮)」は更に「死にたい」という気持ちが強くなる事で生じます。自殺願望は希死念慮の「消えてしまいたい」「死んでしまいたい」が、「自分の手で自分の命を絶つ事を考える」と、更に具体性の高い方法を考えている点が特徴です。

積極的希死念慮の「事故に遭わないかな」「誰かが刃物を持って襲ってこないかな」という願望は、内容は具体的ではあるものの日常生活の中でそのような状況に巻き込まれる確率は極めて低いと言えます。対して「自分で自分の命を断つ」という方法は、本人さえその気になればいつでも実現可能だという点で希死念慮と比べてリスクが飛躍的に高まります。

更に進行すると「自殺企図」に至る事があります。自殺企図は「〇〇という方法で自殺しよう」と更に具体性を持って死ぬ方法について考えます。

自殺企図まで進むと、実際に自殺行動に至ってしまうリスクは低くはなく、極めて慎重な対応が必要になります。

4.自殺願望を確認する意義

私たち精神科医は、精神状態が良くない患者さんの診察をする時、希死念慮や自殺願望・自殺企図があるかどうかについて出来る限り患者さんに聞きます。

「死にたい」という気持ちがあるかどうかというのは、一般的に考えれば聞きずらいものです。また聞いてしまう事でかえって死にたい気持ちを後押ししてしまうのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん安易に軽い気持ちで「死にたいか」と聞く事は望ましくありません。しかし、その気持ちに誠心誠意向き合う覚悟があるのであれば、自殺願望があるかどうかは積極的に確認すべきです。

なぜでしょうか。

まず「死にたい」という極限の感情は、無意味に出ている事はありません。何も理由がないのに「死にたい」と苦しんでいる方はほとんどいません。

「死にたい」とまで考えてしまっている方には、そう考えてしまうだけのつらい気持ち・つらい出来事があるのです。そして、それに対して少なからず「助けて欲しい」という気持ちを持っています。

現実的にすぐに助けられるような事ではなかったとしても、その辛い気持ちを受け入れ、力になってあげたいという気持ちを精一杯伝える事は、「死にたい」と絶望的になっている方にとって希望や生きるエネルギーを与えてくれます。

自殺願望がある方は、将来について絶望していたり、耐えがたい孤独感の中で苦しんでいる事が少なくありません。自殺願望について問う事で、周囲の人はその思いを受け入れ、支援していく事ができるようになります。そうする事によって「自分は一人ではない」という安心感や希望を少しでも分けてあげる事ができるのです。

もし自殺願望の有無について聞かなければ、ここまで深くは踏み込む事は難しいでしょう。しかし「死にたいほど辛いんだ」という悲痛な訴えを聞き、それを受け入れる事で、その人の辛い気持ちに寄り添う事が出来るようになるのです。

もう一つ、自殺願望の有無を確認する事は、自殺リスクの評価にもつながります。自殺願望は「自殺リスク」という面で見た時に、「希死念慮」よりは高く、「自殺企図」よりは低い。つまりまずまず危険な状態であると判断する事が出来ます。

つまり自殺願望を確認する事で、その時に適切な対処法が出来るようになり、万が一にも自殺に至ってしまう可能性を低下させる事が出来るのです。

先ほど、「死にたい」という気持ちの重症度について

  1. (消極的)希死念慮
  2. (積極的)希死念慮
  3. 自殺願望(自殺念慮)
  4. 自殺企図

の4段階がある事を紹介しました。

これは重症度が上がれば上がるほど、自殺に至る率が高くなる事が分かっています。

先ほど、一時的な希死念慮は健常者の2割ほどに経験があるという調査を紹介しました。しかし、その一時的な希死念慮から実際に自殺に至る人はほとんどいません。

一方で自殺企図までに至っている方の中の少なくない率が、実際に自殺あるいは自殺未遂に至ってしまいます。

自殺企図まで至ってしまうと、そこから「死にたい」という気持ちを軽減させるのはかなり大変になります。一方で希死念慮の時点で適切な治療・介入を行えば多くのケースで「死にたい」という気持ちは軽減させる事が出来ます。

自殺願望の評価は、このような治療法の判定にも役立つのです。

5.自殺願望が出現してしまった時の対処法

自殺願望を認めた時にもっとも大切な事は、この「死にたい」という気持ちをこれ以上進行させない事です。より具体的に死について考えてしまう「自殺企図」に進行させない事が何よりも重要になります。

では自殺願望を軽減させるためにはどのような方法があるのでしょうか。

残念ながらその方法は1つではありません。「死にたい」と考えるまでに辛い思いをしている人に対して画一的に「これをすればその気持ちがなくなるよ」というような魔法の方法はありません。

「死にたい」とまで考えるようになってしまった背景は人それぞれで異なり、有効な対処法も当然人それぞれで異なってきます。

しかし大きな視点で見れば「死にたい」という気持ちに対して、有効な方法というのはいくつか存在します。

ここでは「死にたい」と考えてしまっている当人や、そのような方が周囲にいらっしゃる方に向けて、有効な対処法について紹介します。

Ⅰ.自殺願望が生じる背景を知る

私たちは健常な精神状態にある時は「死にたい」と強く思う事はありません。例え思ったとしてもそれは一時的であり、長時間にわたって続くものではありません。

私たちは「生き物」であり、その名の通り本能的に「生きようとする」力を持っています。しかし何らかの理由でその力が弱まってしまうと「死にたい」という気持ちが生まれます。

「死にたい」という気持ちは、様々な辛い出来事が重なる事で生じます。

ただ辛い事があっただけであれば、私たちは周囲に助けを求めたり、自分で自分のこころを休める事で回復していく事も多いのですが、次の3つの状態があると「辛い」から「死にたい」に進行しやすくなる事が知られています。

その3つとは、

  • 将来への絶望・無力感
  • 孤独感
  • 死や自傷に対する慣れ

です。

自殺願望が生じてしまっている時、この3つの要因の有無を評価し、その人にとって自殺願望の主な原因となっているものを出来るだけ取り除く工夫をする事が有用です。

この3つの要因について1つずつ詳しく説明していきます。

Ⅱ.将来への絶望・無力感を改善させる

私たちは未来に希望を感じられれば、今が多少辛くても頑張る事が出来ます。

どんなに平日の仕事が辛かったとしても、それを乗り越えた土日にとても楽しみなイベントが控えている、こんな状況であれば頑張れるという方は多いのではないでしょうか。

これは将来に希望を感じられる事の大切さを表しています。

「死にたい」という自殺願望を持っている方の多くは、自分の将来について絶望的になっています。またそれに対して自分が出来る事は何もないという無力感も感じており、その結果「もう死ぬしかない」という考えに至りやすくなっています。

しかし本当に将来は絶望的なのでしょうか。誰の助けを借りても将来に希望は全くないのでしょうか。

もちろん簡単には片付かない事も多いと思いますが、多くの場合は全く打つ手がないというのは本人が苦しさのあまり視野が狭まってそう感じてしまっているというところがあります。

学校でいじめに遭ってしまい「死にたい」と考え、実際に命を断ってしまう子がいます。その子は「このままこんな日々が続くなんてもう耐えられない」と将来に絶望してしまったのでしょう。そしてこの現状を変える力は自分にはないと無力感も感じていたのでしょう。

しかし本当はそんな事はないのです。大人に助けを求めて学校を休んでもいいし、転校したっていいのです。もちろんどの方法も簡単ではありませんが、命を断つよりははるかに簡単なはずです。

でも当の本人は、辛い日々が続く中で正常な判断が出来なくなってしまい、本当は冷静に探せば解決法はあるのに、「死ぬ以外方法はない」と絶望してしまっていたのです。

仕事が辛くて「こんな日々がこれから何十年も続くんだったら死んだ方がいい」と命を断ってしまう方もいますが、これだって仕事を辞めたり、違う仕事に転職してみたりしたっていいのです。しかし本人は辛い気持ちによって、そのような事すら正常に判断できないほどになってしまっているのです。

極限まで辛い状態が続くと、視野はどんどん狭窄し、将来への絶望・無力感が生じやすくなります。

そのような時は、少し休んだり、周囲に相談したり、医療機関を受診して専門家に必要な治療を受ける事が有効です。

学校や仕事を一時的に休み、こころを休める事は、正常な判断力を取り戻すためにはとても有効です。また抗うつ剤などのお薬を用いる事で、気分が落ち着く事もあります。これも正常な判断力を取り戻すためには有効だと言えるでしょう。

Ⅲ.孤独感を改善させる

私たちは孤独であると生きる意味を見失ってしまいます。

一方で家族に囲まれていたり、仕事をしていたりと「どこかに所属している」と感じられるだけで、生きる意味は見失いにくくなります。

もしあなたが今孤独な状況なのだとしたら、孤独から脱するような工夫が自殺願望を和らげてくれるかもしれません。

また、もしあなたの周囲に孤独感によって自殺願望が出現している方がいたら、その孤独感を和らげてあげる事は、自殺願望を軽減させるために有効です。

できるだけ一緒にいてあげる。一緒にいれなくても「あなたがいなくなると私は悲しい」という気持ちを誠心誠意伝える事で相手に所属感を感じてもらう。

「そんな事をしても現実的に何かが解決されるわけではない」という方もいますが、現実的な解決方ではなくてもこのような方法は、孤独感による自殺願望が生じている方にとっては非常に意味のある事なのです。

Ⅳ.自分を傷付ける行為をしない

自殺願望が生じると、「死にたい」という気持ちから自分を大切にしなくなりがちです。

リストカットなどの自傷行為をしてしまったり、一時的に楽になる事を求めてお薬を過量服薬したりする率が高まります。

また日常生活の中でも過食・偏食など不摂生になったり、アルコールの過剰摂取などにも走りやすくなります。

しかし実はこのような自分を傷付けるような行為自体が、自殺のリスクを高めてしまう事が分かっています。自分を傷付ける行為は、自分を傷付ける事への「慣れ」を生じさせ、その結果、人を自殺に至らせやすくなるのです。これは様々な調査結果から明らかにされています。

自殺願望が出ている時こそ、

  • 自傷行為(リストカットなど)
  • 過量服薬
  • アルコールの過剰摂取
  • 拒食・過食
  • 暴力

などの行為を出来る限り避ける事が大切です。

Ⅴ.死にたい気持ちにフタをしない

「死にたい」という気持ちは誰にでも話せる事ではありません。そのため自殺願望があっても、それを隠して表面上は普通に生活を続けている方も少なくありません。

しかしそれでは自殺願望を悪化させてしまいます。誰にでも話せる内容ではありませんが、自分を深く理解してくれる方や専門家(医師やカウンセラーなど)には「死にたい」という気持ちと、そう考えてしまうようになった背景は出来る限り話すべきです。

死にたいとまで考えてしまうようになったのには、かなりの辛い出来事があったはずです。それを誰かに理解してもらえるだけでも気持ちは随分と楽になるものです。

また話をする中で、自分自身で気持ちを整理する事が出来ます。すると冷静な判断をしやすくなるため、視野が狭まってしまった自分の状態を改善させる事も期待できます。

Ⅴ.少しでも心配なら受診・入院も考える

自殺願望が強く、自分でも抑えられる自信がない時は、決して一人になってはいけません。

万が一にも一人でいるときに「死にたい」という気持ちが抑えられなくなってしまったら、取返しのつかない事になってしまうからです。

しかし中には常に誰かがそばにいられないという状況の方もいらっしゃると思います。

そのような場合は病院に相談し、必要に応じて入院なども検討しましょう。自殺願望はそこから自殺する可能性は統計上は高くはないものの、絶対に自殺を引き起こさないわけではなく、決してあなどってはいけません。

最悪の場合を考えて、もっとも安全な方法を取るべきです。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい