ジェイゾロフトの副作用と安全性 -医師から見た副作用の印象-

ジェイゾロフト副作用イメージ

ジェイゾロフトはセロトニンを増やすことで抗うつ効果を発揮する、SSRIと呼ばれる抗うつ剤です。

穏やかに効き、比較的副作用が少ないと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは、ジェイゾロフトの副作用や安全性について、他の抗うつ剤と比較しながら見てみましょう。

ジェイゾロフトの効果や特徴については別コラムでお話していますので、ご覧ください。

スポンサーリンク

1.ジェイゾロフトの副作用、他剤との比較

どんなお薬にも副作用はたくさんあり、添付文書の副作用一覧を読むと、数え切れないほどの副作用が羅列されています。ジェイゾロフトの副作用も、例外ではありません。

しかし、副作用をただ羅列していくことはここではしません。

ジェイゾロフトというお薬の副作用のイメージをつかんでもらうため、実際にジェイゾロフトを臨床で使用していて私が感じる副作用や印象、他の抗うつ剤との比較、という視点でお話しさせて下さい。

ジェイゾロフトは、SSRIと呼ばれるタイプの抗うつ剤で、脳内のセロトニンの濃度を上げることで抗うつ効果を発揮します。

同じSSRIであるパキシルと比較されることが多く、「強さならパキシル」「副作用の少なさならジェイゾロフト」とよく対比されます。

ザックリ言ってしまえば、この例えは非常に的を得ているお感じます。効果も強い代わりに副作用も強めのパキシルと比べ、ジェイゾロフトは、穏やかに効き、副作用も軽い抗うつ剤です。

と言ってもお薬ですから副作用がないわけではありません。

主な抗うつ剤の副作用の強さを表にするとこのようになります。

抗うつ剤口渇,便秘等フラツキ吐気眠気不眠性機能障害体重増加
トリプタノール++++++±+++-++++
トフラニール+++++±++++++
アナフラニール++++++++++++
テトラミド++-++--+
デジレル/レスリン++-++-+++
リフレックス-++-+++--+++
ルボックス/デプロメール++++++++++
パキシル+++++++++++++
ジェイゾロフト±+++±+++++
レクサプロ++++±+++++
サインバルタ+±++±++++±
トレドミン+±++±+++±
ドグマチール±±-±±++

SSRI(パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ、ルボックスなど)の中では比較的副作用軽いことが分かると思います。

ジェイゾロフトの副作用の特徴としては、

・全体的に見て、副作用は少なめ
・性機能障害が他のSSRIと比べ、多めという報告がある
・下痢を起こすことがある
(他の抗うつ剤はほとんど便秘になる)

などが言われています。

では次に副作用をひとつずつ見てみましょう。

Ⅰ.便秘、口渇、尿閉(抗コリン作用)

これらは抗うつ剤が持つ、抗コリン作用という働きで生じる副作用です。

抗コリン作用が一番強い抗うつ剤は三環系(トフラニール、アナフラニール、トリプタノールなど)です。ジェイゾロフトをはじめとしたSSRIは、三環系と比べると抗コリン作用はかなり軽減しています。

更にSSRIの中でも、ジェイゾロフトは抗コリン作用が少なく、パキシルやルボックスは抗コリン作用が比較的多いと言われています。

他に抗コリン作用が弱い抗うつ剤として、Nassa(リフレックス/レメロン)やドグマチールなどがありますので抗コリン作用がつらい場合は、これらのお薬に変更するのも手になります。

抗コリン作用は便秘を生じさせますが、一方でジェイゾロフトは下痢になる可能性もあります。これは本当に人それぞれで、 便秘になる人もいるし下痢が出る人もいるし、両方がちょうど釣り合って便通に問題が出ない方もいます。

Ⅱ.ふらつきやめまい(α1受容体遮断作用など)

これは、抗うつ剤がα(アドレナリン)1受容体という部位を遮断し、血圧を下げてしまうために起こる副作用です。

これも三環系、そして四環系(ルジオミール、テトラミドなど)で多く、SSRIでは大分軽減されています。

Nassaは、α受容体遮断作用は弱いのですが、抗ヒスタミン作用というものがあり、これが眠気を引き起こすため、ふらつきめまいが生じます。

また、デジレルは5HT(セロトニン)2A受容体という神経興奮をさせる受容体を遮断するため、鎮静させ、ふらつきやめまいを生じさせます。

SSRIの中ではジェイゾロフトのα1受容体遮断作用はやや少なく、これもやはりパキシルで比較的多く見られます。

一方SNRI(サインバルタ、トレドミン)は、血圧を上げる働きがあるため、めまいやふらつきが起こる頻度は少ない印象があります。

Ⅲ.眠気(抗ヒスタミン作用)

眠気は抗うつ剤ほぼ全てに起こりうる副作用です。抗うつ剤は身体をリラックスさせるので、当然と言えば当然です。

坑うつ剤の中でも、鎮静系抗うつ剤と呼ばれるものは眠気の程度も強めです(だからこそ、鎮静系と呼ばれています)。Nassaや四環系、デジレルなどですね。

これらのお薬は眠気が生じて困ることもあるのですが、一方で不眠の改善にもなりえるため不眠が強いうつ病の方にはあえて眠気が出ることを狙って鎮静系抗うつ剤を処方することもあります。

ジェイゾロフトの眠気は比較的弱いと言えますが、それでも出る人には出ます。

Ⅳ.不眠(5HT2刺激作用)

SSRIやSNRIは深部睡眠(深い眠り)を障害するため、不眠を起こす事があります。ジェイゾロフトも例外ではなく、深部睡眠が障害される可能性があります。

「眠気」と「不眠」両方の副作用があるので、「意味が分からない」と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。これは、「眠くなるけど、眠ると浅い眠りになってしまう」ということです。

この副作用はセロトニンに選択的に作用するSSRI、SNRIでより多く認められ、次いで三環系に認められます。

反対に、四環系やデジレル、Nassaなどの鎮静系坑うつ剤は、深部睡眠を促進することが分かっています。眠くはなるけど、深い眠りを導いてくれますので、不眠の副作用はほぼ認めません。

Ⅴ.性機能障害(5HT2A刺激作用)

勃起障害や射精障害と言った性機能障害もSSRI、SNRIに多い副作用です。この原因は詳しくは分かっていませんが、セロトニンが関与していると言われています。

デジレルでも多く認められます。三環系でも性機能障害は起こしますが、SSRI、SNRIよりは少ないです。

反対に、四環系やNassaは、性機能障害をほとんど起こしません。

SSRIの中でも、ジェイゾロフトの性機能障害は頻度が多いとする報告もあります。

性機能障害は、相談しずらいので見逃されがちですが、この副作用で非常に困っている方もいらっしゃいます。

例えば、性機能障害で夫婦生活に溝ができてしまい、家庭の雰囲気がなんかギスギスしてしまうようになった。と相談されたこともあります。

相談しずらいことかもしれませんが、困っていることは何でも主治医に相談しましょう。親身に相談に乗ってくれるはずです。

Ⅵ.体重増加(抗ヒスタミン作用)

体重増加は眠気と同じく、主に抗ヒスタミン作用で生じるため、眠気の多いお薬は体重も増えやすいと言えます。

Nassaに多く、三環系やパキシルもそれに続きます。

ジェイゾロフトは体重増加の副作用はあまり強くはありません。むしろ初期には下痢などの副作用も重なり体重が少し減ることもあります。

しかし、長期間内服を続けると、ジェイゾロフトでも太ってしまうことは少なくありません。

抗うつ剤は長期間飲むことが多いお薬ですので、そう考えると出現する頻度は決して少なくないと言えます(それでも他の抗うつ剤よりは少ないですが)。

2.未成年への投与

ジェイゾロフトの未成年への投与は、効果が確立していないため、「安易に使用しないように」「できる限り使用しないように」と言われています。これはほかの抗うつ剤も同じです

やむを得ない際には使うこともありますが、なるべく環境調整やカウンセリングなど、抗うつ剤以外の方法で改善を図りたいところです。

ただ、マイルドに作用するジェイゾロフトは、抗うつ剤の中では未成年に比較的使いやすいと感じます。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい