ジェイゾロフトは太る?3つの対処法【医師が教える抗うつ剤の全て】

ジェイゾロフト太るイメージ

向精神薬(精神科のお薬)は「太る」副作用を持つものが多くあります。リラックスさせたり鎮静させるのが向精神薬の働きですから、それによって代謝が落ちたり、食欲が上がりやすくなるのです。

ジェイゾロフトも向精神薬の一つであり、太る副作用は出現し得ます。しかしその程度は、他の抗うつ剤よりは軽いと言われています。

○ ジェイゾロフトで太る程度はどのくらいか
○ 他の抗うつ剤とどれくらい違うのか
○ どうして体重増加が起こるのか
○ 体重が増えてきたらどう対処したらいいのか

このコラムではこのような疑問についてお答えしていきます。

スポンサーリンク

1.ジェイゾロフトは太るのか?

ジェイゾロフトの添付文書を見ると、体重についての副作用はこのように記載されています。

・体重増加(頻度:1%未満)
・体重減少(頻度:1%未満)

このように、体重増加(太る)と体重減少(痩せる)両方の報告があります。

しかし、臨床での印象は添付文書とは違います。痩せるという事はほとんどなく、太ることがほとんどです。

ジェイゾロフトは「下痢を起こしやすい」「初期は吐き気で食欲が落ちやすい」という特徴があるため、短期間でみれば確かに体重が落ちることはあります。しかし長期的にみると、ジェイゾロフトで痩せるということはほとんどありません。

体重減少の記載が添付文書にあるのは、下痢や食欲不振などによる一過性の体重減少をとらえたためだと思われます。

抗うつ剤は大抵、長く付き合って行くものです。そのため、一時的には痩せても、長期的には太ることがほとんどです。

ただし、抗うつ剤の中でもリフレックスやパキシルは特に太りやすいお薬ですが、これらと比較するとジェイゾロフトの体重増加は緩やかです。

太るのは、抗うつ剤がヒスタミン受容体を遮断してしまうためです(抗ヒスタミン作用)。ジェイゾロフトにも抗ヒスタミン作用があり、体重増加を起こします。

「ジェイゾロフトで太るかどうか?」という問いには、

短期的には下痢や食欲不振などの副作用で痩せることもあるが、
長期的にみれば、太るケースがほとんど。
ただし、その程度は他の抗うつ剤と比べると軽いことが多い。

という答えになります。

2.他の抗うつ剤との比較

ジェイゾロフトは太る可能性はあるお薬ですが、他の抗うつ剤と比べるとその程度は軽い、とお話しました。

では、より具体的に抗うつ剤間での比較をみてみましょう。

抗うつ剤体重増加抗うつ剤体重増加
(三環系)トフラニール++(SSRI)ルボックス/デプロメール
(三環系)アナフラニール++(SSRI)パキシル++
(三環系)トリプタノール+++(SSRI)ジェイゾロフト
(三環系)ノリトレン++(SSRI)レクサプロ
(三環系)アモキサン++(SNRI)サインバルタ±
(四環系)テトラミド(SNRI)トレドミン±
(四環系)ルジオミール++(Nassa)リフレックス/レメロン+++
デジレル
ドグマチール+

抗うつ剤の中では、リフレックスやパキシル、三環系が抗ヒスタミン作用が強く、太る程度も強いようです。反面、SNRIは個人差はあるものの、全体的に見ると体重増加が少ないと言えます。

ジェイゾロフトの体重増加の程度は、坑うつ剤の中でも少なめだし、SSRIの中でも少なめだと言えます。

ただし、抗うつ剤の副作用は個人差が大きいので、実際はこの表通りにいかないこともあります。あくまでも一般的な傾向として参考にしてください。

スポンサーリンク

3.本当にジェイゾロフトのせいで太ったのか?

インターネットの発達によって、「精神科のお薬は太る」という認識は向精神薬を飲まれている方にはだいぶ浸透してきたように感じます。

お薬の副作用がしっかりと認知されることは好ましいことですが、反面で、太ってきたら安易に「あぁ、薬のせいか…」と判断してしまうケースも散見されます。

本当に抗うつ剤のせいなのか、きちんと見極めることは大切です。

もちろん、ジェイゾロフトの副作用で太ることはあります。しかし、 ジェイゾロフトを処方されているということは、うつ状態など、なんらかの精神状態の不調があることがほとんどです。

例えば、うつ病で意欲低下や倦怠感があって、ご飯を食べるだけで一日中部屋に閉じこもりっぱなしだとしたら、太るのは当然でしょう。ストレスから過食がちであったり、間食が多くなっているのであれば、それも太って当然です。

太ったのは本当にジェイゾロフトのせいなのか?
他の原因は考えられないのか?

安易に決めつけず、一度見直してみてください。

精神的に不安定なときは、自分のことを客観視できないこともありますので、家族に聞いてみたり主治医と相談してもいいと思います。その上で、ジェイゾロフトの副作用で太っているのかそれ以外の原因なのかを正しく見極めてください。

もし、運動不足や過食が原因で太っているのに「ジェイゾロフトのせいだろう」と決めつけて内服をやめてしまったらどうなるでしょうか?

更にうつが強くなり、倦怠感や意欲低下、過食が強まるでしょう。

しっかりと見極めることは、病気を早く治すためにも大切なことなのです。

4.ジェイゾロフトで太った時の対処法

ジェイゾロフトで太る程度は多くはなく、臨床で大きく困ることもそこまで多くはありません。しかし数ヶ月、数年と長期間内服することで徐々に体重が増えてきて相談を受けるケースはあります。

ジェイゾロフトで太ってしまったら、どのように対処したらいいでしょうか。よく用いられる対処法を紹介します。

なおこれらの対処法は決して独断では行わないで下さい。必ず主治医の指示のもとで行うようお願いいたします。

Ⅰ.生活習慣を見直す

一番大切なことは、生活習慣を見直すことです。

規則正しい生活、適度な運動などの代謝を改善する行動を続ければ、たとえ抗うつ剤を内服していたとしても体重は落ちやすくなります。

抗うつ剤は体重が「落ちなくなる」のではありません。体重が「落ちにくくなる」だけです。しかるべき行動をとれば、落ちやすくなるのです。

食事は規則正しく3食食べていますか?
量やバランスは大丈夫でしょうか?
間食や夜食など、太る原因になる食行動をしていませんか?

適度な運動はしていますか?
一日一回くらいは、体を動かしているでしょうか?

散歩などの軽い運動でもいいですし、余裕があればジョギングやサイクリングなど強度の高いものにトライすれば代謝がより改善されます。

Ⅱ.抗うつ剤の量を減らしてみる

もし精神状態が安定しているのであれば、減薬を考えてみるのもいいかもしれません。

ジェイゾロフト以外にも向精神薬を内服しているのであれば、原因薬はジェイゾロフトとは限りませんから、どの薬から減らすかは主治医とよく相談してください。

体重増加で困っているのであれば、主治医に相談することは大切なことです。主治医は、あなたの体重増加を重く捉えていないかもしれないからです。

体重が増えてどのくらい困るかは人それぞれです。

ガリガリに痩せてた男性であればちょっと体重が増えても全然困らないでしょう。でも、スタイルに気を使っている若い女性にとっては、体重がちょっとでも増えることは大きな恐怖なのです。

体重増加に対して主治医とあなたとの間に認識のギャップがある恐れがありますので、少なくとも自分が困っていることなのであれば、相談してみましょう。

ただし、病状によっては薬の量を減らせないこともあります。相談の上で、お薬を減らせないという結論になった場合は、勝手に減らすことはせず、主治医の判断に従ってください。

Ⅲ.別の抗うつ剤に変えてみる

別の抗うつ剤に変えてみるという手もあります。

候補に挙がるのは、「太りにくい」という視点だけから見ればSNRIであるサインバルタやトレドミンあたりでしょうか。

一部の四環系やデジレルも体重増加の副作用が少なめですが、これらは抗うつ効果も弱いため、切り替えは慎重に判断しなければいけません。

それぞれの抗うつ剤には長所と短所がありますので、体重増加の視点だけで考えるのではなく、総合的に判断することが大切です。やはり主治医とよく相談することですね。

まとめ

・ジェイゾロフトは、太る副作用が出るが、その程度は他の抗うつ剤と比べると少ない。

・体重増加が生じた場合、 それが本当に薬のせいなのかを見極めることが非常に大切。
安易は内服中断は体重を改善させないばかりか病状の悪化を招く。

・ ジェイゾロフトで太ってしまったら、生活習慣を改善、減薬、他剤への切り替えなどの対処法がある。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい