パキシルの副作用と対処法【医師が教える抗うつ剤のすべて】

パキシル副作用イメージ

パキシル(一般名:パロキセチン塩酸塩)は2000年より発売されている抗うつ剤で、SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)と呼ばれる種類に属します。

SSRIには何種類かのお薬がありますが、パキシルはその中でも初期の方に発売されたSSRIになります。

そのため他のSSRIと比べると作りが荒い面があり、SSRIの中では効果は強力であるものの、副作用にも注意が必要であるという位置づけの抗うつ剤です。

パキシルは多くの方を救ってきた抗うつ剤ですが、一方で副作用によって多くの方を苦しめてしまった抗うつ剤でもあります。その副作用の機序や特徴について正しく理解した上で服用しないと、このパキシルの恩恵を最大限に受ける事が出来ず、副作用で苦しむだけになってしまう可能性もあります。

正しく使えばとても頼りになるお薬だからこそ、その副作用についてよく知っておかなければいけません。

ここではパキシルで生じる可能性のある副作用やその対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク

1.パキシルの副作用と対処法

お薬というのは、身体に何らかの変化を引き起こす物質です。身体に変化を引き起こす以上、どのようなお薬であっても作用(望ましい効果)もあれば、副作用(望ましくない効果)もあります。

内科で使われている降圧剤(血圧を下げるお薬)や糖尿病のお薬にも副作用はありますし、一般的には安全だと思われている漢方薬にだって、副作用は起こりえます。

もちろん、抗うつ剤にも副作用が生じる可能性はあります。

お薬の副作用は、細かいものまで挙げれば多くの報告がありますが、その全てをただ羅列してもパキシルの副作用の特徴はイメージできません。

そのため、ここでは、

  • パキシルで比較的頻度の多い副作用
  • パキシルを服用するに当たって知っておかないといけない副作用
  • 他の抗うつ剤の副作用との比較

といった事を中止にお話させて頂きます。

パキシルは、SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)に属する抗うつ剤で、脳のセロトニン量を増やす事で落ち込みや不安といったうつ症状を改善させます。

2000年に発売され、日本では2番目に発売されたSSRIになります(一番はルボックス・デプロメールで1999年)。

初期のSSRIになるため、作りはやや粗く、SSRIの中では「効果が強いけれども副作用も多めである」という位置づけの抗うつ剤になります。

ではパキシルには具体的にどのような副作用が多くて、どのような副作用が生じるリスクがある事を知っておかないといけないでしょうか。

一般的にパキシルに限らず、SSRIで生じることの多い副作用には、

  • 抗コリン作用(口渇、便秘、尿閉など)
  • ふらつき、めまい
  • 吐き気
  • 眠気、不眠
  • 性機能障害
  • 体重増加

などがあります。

パキシルもこれらの副作用を起こします。また、その程度は全体的に他のSSRIと比べると多めになります。

代表的な他の抗うつ剤とのそれぞれの副作用の比較を挙げると下表のようになります。

抗うつ剤口渇,便秘等フラツキ吐気眠気不眠性機能障害体重増加
トリプタノール++++++±+++-++++
トフラニール+++++±++++++
アナフラニール++++++++++++
テトラミド++-++--+
デジレル/レスリン++-++-+++
リフレックス-++-+++--+++
ルボックス/デプロメール++++++++++
パキシル+++++++++++++
ジェイゾロフト±+++±+++++
レクサプロ++++±+++++
サインバルタ+±++±++++±
トレドミン+±++±+++±
ドグマチール±±-±±++

パキシルはSSRIの中で全体的に副作用が多めであり、古い抗うつ剤である「三環系抗うつ剤」寄りの副作用を有している事が分かるでしょう。

では、次にそれぞれの副作用を詳しくみていきましょう。

Ⅰ.便秘、口渇、尿閉(抗コリン作用)

抗コリン作用とは、抗うつ剤がアセチルコリンという物質の働きをブロックしてしまう作用で、抗うつ剤に認められる代表的な副作用の1つです。

抗コリン作用では、

  • 口渇
  • 便秘
  • 尿閉(排尿困難)
  • 顔面紅潮
  • めまい
  • 悪心
  • 眠気

などが生じます。

抗コリン作用は、三環系抗うつ剤でもっとも多く認められます。また四環系抗うつ剤も、三環系抗うつ剤ほどではないものの、抗コリン作用が認められます。

【三環系抗うつ剤】

1950年頃より使われているもっとも古い抗うつ剤。効果は強いが副作用も強い。重篤な副作用が生じる可能性もあるため、現在ではあまり用いられない。
商品名として、トフラニール、アナフラニール、トリプタノール、ノリトレン、アモキサンなどがある。

【四環系抗うつ剤】

三環系抗うつ剤の副作用を減らすために開発された抗うつ剤。副作用は少なくなったが抗うつ作用も弱い。眠りを深くする作用に優れるものが多いため、睡眠を補助する目的で処方されることがある。
商品名としては、テトラミド、ルジオミールなどがある。

一方でSSRIは、三環系抗うつ剤と比べると抗コリン作用は少なくなっていますが、SSRIの中でも初期のSSRIであるパキシルやルボックス・デプロメールでは比較的生じやすく、後期のSSRIであるレクサプロやジェイゾロフトは少ないようです。

またSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)も抗コリン作用は少なめです。

【SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)】

セロトニンに加え、意欲を改善させる「ノルアドレナリン」も増やすことで抗うつ効果を発揮するお薬。SSRIと同じく効果の良さと副作用の少なさのバランスが取れている。
商品名としては、トレドミン、サインバルタ、イフェクサーなどがある。

他に抗コリン作用が弱い抗うつ剤として、 NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)やドグマチールなどがあり、これらはほとんど抗コリン作用を認めません。

【NaSSA】

SSRI/SNRIとは異なる機序でセロトニン・ノルアドレナリンを増やす。四環系の改良型であり、眠りを深くする作用にも優れる。効果の良さと副作用の少なさのバランスが取れている。
商品名としては、リフレックス、レメロンなどがある。

抗コリン作用がつらい場合は、これらのお薬に変更するのも手になります。

ではパキシルで抗コリン作用が生じてしまったらどのような対処法があるのでしょうか。

抗コリン作用がつらい場合は、

  • 抗コリン作用の少ない抗うつ剤に変更する
  • 抗うつ剤の量を減らす
  • 抗コリン作用を和らげるお薬を試す

などの方法がとられます。

また抗コリン作用を和らげる具体的なお薬としては、

  • 便秘がつらい場合は下剤、
  • 口渇がつらい場合は漢方薬(白虎加人参湯など)
  • 尿閉がつらい場合はベサコリン、ウブレチドなどの尿の排出を助けるお薬

などが用いられます。

Ⅱ.ふらつきやめまい(α1受容体遮断作用など)

抗うつ剤はふらつきやめまいといった副作用が生じる事もあります。これは抗うつ剤がα(アドレナリン)1受容体という部位をブロックし、血圧を下げてしまうために生じる副作用です。

この副作用も三環系抗うつ剤、四環系抗うつ剤で多く、SSRIでは大分軽減されています。

NaSSAは、α受容体をブロックする作用は弱いのですが、抗ヒスタミン作用というものがあり、これが眠気を引き起こすためふらつきめまいは若干多くなっています。

またデジレルは5HT(セロトニン)2A受容体という神経興奮をさせる受容体を遮断するため、鎮静させ、ふらつきやめまいを生じさせます。

パキシルはSSRIの中ではα1受容体遮断作用は多く、他のSSRIよりも注意が必要です。三環系抗うつ剤ほどではないけども、SSRIの中では一番多いといった感じです。

SNRIは、ノルアドレナリンに作用することで逆に血圧を上げるはたらきもあるため、めまいやふらつきが起こる頻度は少なめになります。

ではこれらのめまいやふらつきが生じた場合にはどのような対処法があるのでしょうか。

ふらつき、めまいがつらい場合も、

  • ふらつき、めまいの少ない抗うつ剤に変更する
  • 抗うつ剤の量を減らす
  • α1受容体遮断作用を和らげるお薬を試す

などの方法がとられます。

具体的に用いられるお薬としては主に昇圧剤(リズミック、アメジニンなど)があります。

Ⅲ.眠気(抗ヒスタミン作用)

眠気は多くの抗うつ剤で生じうる副作用になります。抗うつ剤は心身をリラックスさせる作用を持ちますから、それによって眠くなってしまうのは当然と言えば当然です。

中でも、「鎮静系抗うつ剤」と呼ばれるものは特に眠気が生じやすい抗うつ剤になります。だかこそ、鎮静系抗うつ剤と呼ばれているのです。

鎮静系抗うつ剤には、

  • NaSSA
  • 四環系抗うつ剤
  • デジレル・レスリン(一般名:トラゾドン)

などがあります。

これらの抗うつ剤は眠気が生じやすいため、困ることもあるのですが、一方で不眠の方にとっては睡眠を改善させるお薬として使えるという利点もあります。このような理由から、不眠が強いうつ病の方にはあえて鎮静系抗うつ剤を処方することもあります。

パキシルはというと、眠気はまずまず認められます。他のSSRIよりも一段多いと考えておいた方がいいでしょう。

パキシルで眠気が生じた際の対処法としては、

  • 眠気の少ない抗うつ剤(ジェイゾロフト、サインバルタ等)に変更する
  • 抗うつ剤の量を減らす
  • 睡眠環境を見直す

などがあります。

Ⅳ.不眠(セロトニン2刺激作用)

SSRIやSNRIは深部睡眠(深い眠り)を障害するため、時に不眠が生じる事があります。

パキシルも例外ではなく、深部睡眠が障害されて不眠が生じる可能性があります。

「眠気」と「不眠」という正反対の副作用が生じうると聞くと、「そんな事があるのか」と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。

これは「眠くはなるけど、浅い眠りになってしまう」ということです。

この副作用はセロトニンに選択的に作用するSSRIやSNRIで多く認められ、次いで三環系抗うつ剤でも時に認められます。

反対に、四環系抗うつ剤やデジレル・レスリン、NaSSAなどの鎮静系坑うつ剤は、深部睡眠を促進するため不眠を引き起こす事はほとんどありません。

ではパキシルで不眠が生じた場合はどうすればいいでしょうか。

不眠で困る場合は、服薬時間を朝食後などにすると改善することがあります。

またパキシルの量を減らせそうなら、減らすのも手です。

それでも改善が得られない場合は鎮静系抗うつ剤に変えたり、少量の鎮静系抗うつ剤を上乗せすると改善することもあります。

鎮静系抗うつ剤は深部睡眠を促進するため、パキシルの不眠の副作用を打ち消してくれる可能性があるからです。

Ⅴ.性機能障害(セロトニン2A刺激作用)

勃起障害や射精障害と言った性機能障害もSSRI、SNRIに多い副作用です。

この副作用が生じる原因は詳しくは分かっていないところもありますが、セロトニンが関与していると考えられています。

またデジレル・レスリンでも多く認められます。

三環系抗うつ剤でも性機能障害が生じる事はありますが、SSRIやSNRIよりは少なめになります。

反対に、四環系抗うつ剤やNaSSAでは性機能障害をほとんど起こしません。

パキシルも性機能障害を起こします。その頻度もまずまず多く、決して少なくはありません。

性機能障害は、相談しずらいので見逃されがちですが、よくよく患者さんに話を聞いてみると困っている方は意外と多い事に気付かされます。

例えば、性機能障害で夫婦生活に溝ができてしまい家庭の雰囲気がギスギスしてしまうようになった、なんてことを相談されたこともあります。

これは重大な問題です。

家庭がリラックスできる状況でなくなれば、こころの病気の治りだって悪くなってしまう事は明らかです。

性機能障害は相談しずらいことかもしれませんが、困っているのであれば必ず主治医に相談しましょう。親身に相談に乗ってくれるはずです。

具体的な対処法としては、抗うつ剤の減量あるいは変薬になります。

Ⅵ.体重増加(抗ヒスタミン作用)

抗うつ剤は服用を続けることによって体重が増えてしまうものも多くあります。

体重増加は眠気と同じく、主に抗ヒスタミン作用が原因であるため、眠気の多いお薬は体重も増えやすいと考える事が出来ます。

体重増加はNaSSAで多く認められ、三環系抗うつ剤やパキシルもそれに続きます。

抗うつ剤は長期間内服を続けるものですので、パキシルの内服を継続すると太ってしまう可能性は大きいと考えられます。

運動や規則正しい食事などの生活習慣の改善で予防するのが一番ですが、それでも十分な改善が得られない場合は、他剤に変更するもの手になります。

体重を上げにくいという面でいえば、ジェイゾロフトやサインバルタなどが候補に挙がります。

Ⅶ.吐き気(セロトニン3刺激作用)

SSRIには吐き気や胃部不快感といった胃腸障害の副作用がつきものです。

これは胃腸にもセロトニン受容体が存在するために起こる副作用です。胃腸にはセロトニン3受容体が分布しており、抗うつ剤の内服によってこの受容体が刺激されることで吐き気が起きます。

SSRIはすべて、この吐き気を高頻度で起こしえます。当然パキシルもよく起こします。

「吐き気は起きるだろう」くらいの気持ちを持って内服を始めた方が無難です。

しかし、この副作用の特徴として長くは続かないという事があります。多くのケースで1~2週間ほど我慢すれば、ほとんどの場合で吐き気は自然と改善します。

そのため、「我慢する」ことが一番の対応策になります。

どうしてもつらい場合は、吐き気がある間は胃薬を併用する事もあります

ガスモチンやソロン、ムコスタなどの胃腸薬、タケプロン、ネキシウムなどの胃酸の分泌を抑えるお薬がよく使われるようです。

2.パキシルの副作用~他剤との比較

一通りの説明が終わったところで、もう一度他の抗うつ剤との副作用の比較をみてみましょう。

抗うつ剤口渇,便秘等フラツキ吐気眠気不眠性機能障害体重増加
トリプタノール++++++±+++-++++
トフラニール+++++±++++++
アナフラニール++++++++++++
テトラミド++-++--+
デジレル/レスリン++-++-+++
リフレックス-++-+++--+++
ルボックス/デプロメール++++++++++
パキシル+++++++++++++
ジェイゾロフト±+++±+++++
レクサプロ++++±+++++
サインバルタ+±++±++++±
トレドミン+±++±+++±
ドグマチール±±-±±++

表を見ると、やはりパキシルの副作用は他のSSRI・SNRIと比べると一段階多いのが分かると思います。

三環系抗うつ剤よりは少ないけどSSRIの中では一番多いのです。

パキシルの副作用の特徴としては、

  • 三環系よりは軽減されているものの、SSRI・SNRIの中では一番多い

ということが言えるでしょう。

スポンサーリンク

3.未成年へのパキシルの投与

パキシルは未成年に投与しても大丈夫なのでしょうか。

実はパキシルの未成年への投与は、基本的には推奨されていません。

未成年に対する抗うつ作用は確立していないため、「安易に使用しないように」「できる限り使用しないように」という位置づけになります。

基本的に抗うつ剤は未成年に対しては「極力使わないように」という位置づけになるのですが、効果も強くてキレもよいパキシルは、特に未成年への使用は避けるべきだと考えられます。

未成年にパキシルを使ってはいけないという事ではありませんが、なるべく環境調整やカウンセリングなど、抗うつ剤以外の方法で改善を図りたいところです。

また、やむを得ず抗うつ剤を使わざると得ないという時も、ジェイゾロフトやレクサプロなど、比較的穏やかに作用するお薬の方がまだ安全だと思われます。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい