オレキシン受容体拮抗薬ベルソムラ、明日より発売開始!薬価も発表

オレキシン受容体拮抗薬、ベルソムラ

新しい作用機序を持つ睡眠薬ベルソムラ(一般名スボレキサント)が明日より発売開始されます。

ベルソムラはオレキシン受容体拮抗薬という種類に属します。脳を覚醒させるはたらきを持つオレキシンをジャマすることで、覚醒レベルを落として睡眠に向かわせます。

今までの睡眠薬と全く違う作用機序で睡眠を導くため、既存の睡眠薬があまり効かない方でも効果を認める可能性があり、関心を持っている人も多いようです。

ベルソムラの発売が近づいていますので、ベルソムラについて改めて復習してみましょう。また薬価(おくすりの値段)も発表されたので、合わせてお伝えさせて頂きます。

スポンサーリンク

1.ベルソムラってどんな睡眠薬なの

ベルソムラは、2014年11月26日にMSD社より発売される睡眠薬です。

オレキシン受容体拮抗薬という種類に属し、名前の通りオレキシンという物質をジャマするはたらきがあります。オレキシンは脳を覚醒させる物質であるため、これををジャマすることによって、覚醒レベルを落ち、睡眠へ導かれます。

ベルソムラは今回、世界に先駆けて日本で発売されるため、使用感や評判などの情報はまだ十分ではなく、これから皆さんが使っていくなかで徐々に分かっていくものと思われます。

現時点で分かっている特徴としては、

〇 今までの睡眠薬とまったく違う作用機序の睡眠薬
〇 耐性や依存性が起きない
〇 入眠障害、中途覚醒どちらも改善させる
〇 今回、世界に先駆けて日本で発売

などがあります。

ベルソムラについては今まで何度かコラムに書いていますので、詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

ベルソムラ(オレキシン受容体拮抗薬)、今年末頃に発売予定 2014年8月26日執筆

新睡眠薬「オレキシン受容体拮抗薬」の臨床試験と安全性 2014年5月25日執筆

新睡眠薬「オレキシン受容体拮抗薬」が不眠症治療を変える!? 2014年4月25日執筆

2.ベルソムラの薬価

ベルソムラは、15mg錠と20mg錠の2種類があります。

成人には1日1回20mgを就寝前投与高齢者(65歳以上)には1日1回15mgを就寝前投与、となっています。

その薬価は、

ベルソムラ錠(15mg)   89.10円
ゾルソムラ錠(20mg)   107.90円           (2014年現在)

です。

参考までに、現在使われているベンゾジアゼピン系/非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の薬価をみると、

睡眠薬適正用量薬価 
ハルシオン0.125~0.5mg(0.125mg) 10.6円(0.25mg)  15.2円
マイスリー5~10mg(5mg) 49.6円(10mg) 78.7円
アモバン7.5~10mg(7.5mg) 24.2円(10mg) 29.3円
ルネスタ1~3mg(1mg) 49.6円(2mg)78.7円(3mg)99.8円
レンドルミン0.25~0.5mg(0.25mg) 27.5円
リスミー1~2mg(1mg) 19.7円(2mg) 30.9円
デパス0.5~3mg(0.5mg) 9円(1mg) 13.4mg
サイレース/ロヒプノール0.5~2mg(1mg) 15.7/14.7円(2mg) 22.3/21.7円
ロラメット/エバミール1~2mg(1mg) 22.4/21.4円
ユーロジン1~4mg(1mg) 10.3円(2mg) 16.2円
ネルボン/ベンザリン5~10mg(5mg) 11.2円(10mg) 17.4円
ドラール15~30mg(15mg) 103.3円(20mg) 122.5円
ダルメート/ベジノール10~30mg(15mg) 11円

となっています。

2010年に発売された、メラトニン受容体作動薬ロゼレムの薬価は、

睡眠薬薬価
ロゼレム(8mg) 82.5円

となっています。

他の睡眠薬と比べるとベルソムラは新薬ということもあり、やや高めに設定されているようです。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい