リフレックスの副作用 【医師が教える原因と対処法】

リフレックス副作用イメージ

リフレックスはNassaと呼ばれる抗うつ剤で、セロトニンとノルアドレナリンの分泌を促すことで、抗うつ効果を発揮します。

抗うつ効果が強く、定評のあるお薬ですが、現在主流の抗うつ剤であるSSRI/SNRIと比べると少し特徴が異なった副作用を起こします。

ここでは、リフレックスの副作用について他の抗うつ剤と比較しながら詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク

1.リフレックスの副作用と他剤との比較

副作用のないお薬はありません。

どんなお薬でも副作用は必ずあり、添付文書の副作用一覧などを見ると
数え切れないほどの副作用が羅列されています。

リフレックスも、例外ではありません。

しかしここでは、リフレックスに起こりうる副作用を全て羅列していくことはしません。

お薬のイメージをつかんでもらうため、
実際に私がリフレックスを使っていて感じる頻度の多い副作用や、
他の抗うつ剤との比較といったことをお話します。

リフレックスの副作用で代表的なものは次の二つです。

  • 体重増加
  • 眠気

これは、リフレックスがヒスタミン受容体を遮断するために起こります。
「抗ヒスタミン作用」と呼ばれ、リフレックスは抗ヒスタミン作用が強いことが大きな特徴です。

抗ヒスタミン薬として有名なものに花粉症のお薬がありますが、
(アレグラ、アレロック、ザイザル、タリオン、エバステルなど)
これも眠くなりますよね。

また、抗ヒスタミン薬のうち、ぺリアクチンやピレチアといったお薬は
食欲亢進や体重増加を起こすと言われています。

リフレックスが合わない、という方はほとんど、
この抗ヒスタミン作用で苦しんで脱落してしまいます。

これはリフレックスの大きなデメリットなのですが、
反面で、他の抗うつ剤で多くみられる副作用はあまり出ない、というメリットもあります。

リフレックスの副作用の特徴は、

  • 抗ヒスタミン作用が強いため、眠気や体重増加の程度が強い
  • その代わり、他の副作用は少ない

というところです。

SSRIやSNRIで問題となりやすい、

  • 胃腸障害(吐き気や胃部不快感)
  • 性機能障害
  • 抗コリン作用(口渇、便秘、尿閉など)
  • 不眠

などは、リフレックスではほとんど認められません。

抗うつ剤で胃腸障害が生じるのは、
胃腸にあるセロトニン3受容体を刺激するためと考えられていますが、
リフレックスは、セロトニン3受容体を反対に遮断する働きがあります。

これによりリフレックスは胃腸障害の副作用を起こしにくいのです。

そればかりか、SSRI/SNRIとリフレックスを併用すれば、
SSRI/SNRIのセロトニン受容体刺激作用をリフレックスが打ち消してくれるため、
理論上は胃腸障害の頻度を減らせるということにもなります。

実際にこういった使い方をする先生もいらっしゃいます。

また、性機能障害は、セロトニン2受容体を刺激するために起こりますが、
リフレックスはセロトニン2受容体を遮断する働きがあります。

これも胃腸障害と同じく、リフレックスを併用することで、
他の抗うつ剤の性機能障害の副作用を軽減できる可能性があります。

リフレックスは、「他の抗うつ剤の副作用を打ち消してくれる」可能性があるのです。
ここをうまく使えるのは、医者の腕の見せ所といったところでしょう。

最後にリフレックスと他抗うつ剤の副作用の程度の比較の一覧を紹介します。

抗うつ剤口渇,便秘等フラツキ吐気眠気不眠性機能障害体重増加
トリプタノール++++++±+++-++++
トフラニール+++++±++++++
アナフラニール++++++++++++
テトラミド++-++--+
デジレル/レスリン++-++-+++
リフレックス-++-+++--+++
ルボックス/デプロメール++++++++++
パキシル+++++++++++++
ジェイゾロフト±+++±+++++
レクサプロ++++±+++++
サインバルタ+±++±++++±
トレドミン+±++±+++±
ドグマチール±±-±±++

「眠気」や「体重増加」の副作用の詳しい説明や対処法は別コラムに書いていますので、
よければこちらもご覧ください。

リフレックスは太る?【医師が教える体重増加の原因と対処法】

リフレックスと眠気 【医師が教える原因と対処法】

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい