ワイパックス錠(ロラゼパム)の効果・特徴【医師が教える抗不安薬のすべて】

ワイパックスの効果

ワイパックス錠は1978年に発売された抗不安薬です。抗不安薬は文字通り、不安を和らげるお薬で、「安定剤」「精神安定剤」とも呼ばれます。

ワイパックスは抗不安作用が強く即効性があり、肝臓への負担が少ないという特徴があります。

「効いている!」という実感を得やすいため、使い勝手がよく、実際に不安で苦しむ患者さんによく使用されています。

しかし、効果が良いという事は「つい頼ってしまいやすい」「ワイパックスから離れられなくなりやすい」という事でもあります。そのため、依存にならないよう注意して使用はしなければいけません。

ここではワイパックスの効果や特徴、また他の抗不安薬との比較などを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.ワイパックスの特徴

まずはワイパックス錠の全体的な特徴をかんたんに紹介します。

【効果】

  • 強い抗不安作用
  • 中等度の筋弛緩作用
  • 弱い~中等度の催眠作用
  • 弱い抗けいれん作用

ワイパックスは「ベンゾジアゼピン系」という種類のお薬になります。ベンゾジアゼピン系には、

  • 抗不安作用(不安を和らげる)
  • 筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす)
  • 催眠作用(眠くする)
  • 抗けいれん作用(けいれんを抑える)

といった4つの作用があることが知られています。

ワイパックスにもこれら4つの作用があり、それぞれの効果の強さを表すと上のようになります。個人差も大きいため、あくまで目安に過ぎませんが、抗不安作用に優れ、筋弛緩作用もまずまずあるのがワイパックスの特徴になります。

ここからワイパックスの「良い特徴」をみてみましょう。

【良い特徴】

  • 抗不安作用が強く、即効性も期待できる
  • 肝臓への負担が少ない

ワイパックスのメリットは、肝臓への負担が少ないのにも関わらず、不安を取る作用は強いというところです。そのため高齢者など肝臓が弱っている方にも比較的使いやすいお薬になります。

次に「悪い特徴」をみてみましょう。

【悪い特徴】

  • 効果を実感しやすい分、依存形成を起こしやすい
  • 筋弛緩作用によりふらつきや転倒が生じてしまうことがある

効果の良さと依存の起こしやすさは常に隣り合わせです。良く効くお薬は、つい頼ってしまうため依存しやすいのです。ワイパックスの抗不安作用の強さは、裏を返せば「依存しやすい」とも言えます。

ワイパックスは不安を抑える効果が強くて即効性もあるため、不安が強い患者さんに良く用いられているお薬になります。とても役立つお薬ですが、安易に使用し続けて依存になってしまわないように気を付けなくてはいけません。

2.ワイパックスの強さ

抗不安薬には、たくさんの種類があります。それぞれ強さや作用時間が異なるため、患者さんの状態によって、どの抗不安薬を処方するかが異なってきます。

抗不安薬の中でワイパックスの強さというのはどの程度の位置づけになるのでしょうか。

ワイパックスは、不安を改善する作用(抗不安作用)は強めです。

更に肝臓への負担が少なく、抗不安作用が強い割には副作用が少ないため、使い勝手がよいお薬です。

主な抗不安薬の「抗不安作用」の強さを比較すると下図のようになります。

抗不安薬作用時間(半減期)抗不安作用
グランダキシン短い(1時間未満)
リーゼ短い(約6時間)
デパス短い(約6時間)+++
ソラナックス/コンスタン普通(約14時間)++
ワイパックス普通(約12時間)+++
レキソタン/セニラン普通(約20時間)+++
セパゾン普通(11-21時間)++
セレナール長い(約56時間)
バランス/コントール長い(10-24時間)
セルシン/ホリゾン長い(約50時間)++
リボトリール/ランドセン長い(約27時間)+++
メイラックス非常に長い(60-200時間)++
レスタス非常に長い(約190時間)+++

このようにワイパックスは不安を取る作用に優れる良いお薬です。しかし効果が良いという事は、「依存しやすい」「クセになりやすい」という事でもあります。

ワイパックスの副作用については別に記事で詳しく書きますが、良く効く薬だからと、漫然と飲み続けたり、大量に飲んだりすることはよくありません。

スポンサーリンク

3.ワイパックスを使う疾患は?

添付文書を見るとワイパックスは、

・神経症における不安・緊張・抑うつ
・心身症(自律神経失調症、心臓神経症)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ

に適応があると書かれています。

心身症とは、身体の異常の主な原因が「こころ」にある病気の群です。例えば食生活が悪くて胃潰瘍になるのは心身症ではありませんが、ストレスで胃潰瘍になるのは心身症になります。同じようにタバコで血圧が上がるのは心身症ではありませんが、ストレスで血圧が上がってしまうも心身症になります。

臨床では、心身症に限らず様々な不安感に対して使用することがほとんどです。

ストレスで不安が強くなったり、気分の落ち込みが出てきたり、緊張が取れなくなってしまう場合などですね。

疾患で言えば、パニック障害や社交不安障害などの不安障害圏、強迫性障害などの疾患には良く使います。うつ病や統合失調症などで不安が強い場合も補助的に使用されることがあります。

また、ワイパックスには筋弛緩作用(筋肉をほぐす作用)もありますので、ストレスが原因で生じた肩こりや頭痛などにも効果が期待できます。

4.ワイパックスが向いている人は?

ワイパックスは優れた抗不安作用を持つお薬ですので、不安、緊張が強い方には向いているお薬になります。

反対に、不安感がそこまで強くない場合は、より抗不安作用が弱いお薬から始めた方がいいかもしれません。

抗不安薬の中では肝臓への負担が少ないため、肝機能が悪い方や高齢者で抗不安薬を使う際には、安全に使いやすいと言えます。

飲んでから血中濃度が最大になるまで約2時間かかりますが、臨床的な体感としては内服後20~30分ほどで効果を感じられ、即効性にも優れるため、緊張するイベントの前に飲むといった頓服的な使い方もできます。

ワンポイントで不安を抑えたい、という方にも良いでしょう。

ワイパックスは、半減期(≒お薬の血中濃度が半分に下がるまでにかかる時間で、作用時間を知る1つの目安になる値)が12時間程度です。個人差はありますが、1日1回の服薬では1日通して効果は持続しません。

そのため、1日中効かせるためには1日に2~3回内服する必要があります。実際、添付文書にも1日2~3回に分けて内服するよう書かれています。

ある特定の時間だけ不安を取りたいのであれば1日1回の内服で構いませんが、1日中と通して不安を取りたいのであれば、ワイパックスを1日2回以上に分けて内服しましょう。

例えば、「朝礼で毎日発表するんだけど、その時だけ効かせたい」ということであれば、朝食後だけワイパックスを内服すればいいのです。そうすれば、朝礼の時にはしっかり効き、夕方ごろには効果がほぼ消失しています。

5.ワイパックスの作用機序

ワイパックスは「ベンゾジアゼピン系」という種類のお薬です。ワイパックスに限らず、ほとんどの抗不安薬はベンゾジアゼピン系に属します。

ベンゾジアゼピン系は、GABA受容体という部位に作用することで、抗不安効果、催眠効果、筋弛緩効果、抗けいれん効果を発揮します。

ベンゾジアゼピン系のうち、抗不安効果が特に強いものが「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」になり、ワイパックスもそのうちのひとつです。

ちなみに睡眠薬にもベンゾジアゼピン系がありますが、これはベンゾジアゼピン系のうち、催眠効果が特に強いもののことです。

ベンゾジアゼピン系は、基本的には先に書いた4つの効果が全てあります。

ただ、それぞれの強さはお薬によって違いがあり、抗不安効果は強いけど、抗けいれん効果は弱いベンゾジアゼピン系もあれば、抗不安効果は弱いけど、催眠効果が強いベンゾジアゼピン系もあります。

ワイパックスは、先ほども書いた通り、

  • 強い抗不安効果
  • 中等度の筋弛緩効果
  • 軽い~中等度の催眠効果
  • 軽い抗けいれん効果

を持っています。

(注:ページ上部の画像はイメージ画像であり、実際のワイパックス錠とは異なることをご了承下さい)

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい