トフラニールの眠気と対処法【医師が教える抗うつ剤の全て】

トフラニールの眠気

抗うつ剤はしばしば眠気を引き起こします。

トフラニールでも眠気が起きることは珍しくなく、しばしば経験します。耐えられる程度の眠気であればいいのですが、生活に支障をきたすレベルだと問題です。

眠気で集中力が落ちて、ミスが増えたりしているのであれば余計に落ち込みが強くなってしまうかもしれません。これでは何のために治療をしているのか分かりませんので、眠気を改善させる必要があります。

ここでは、トフラニールで眠気が起こる理由とその対処法について考えていきます。

スポンサーリンク

1.トフラニールで眠気が生じるのはなぜ?

眠気は抗うつ剤の代表的な副作用で、
その原因は主に「抗ヒスタミン作用」によるものと考えられています。

抗ヒスタミン作用とは、抗うつ剤がヒスタミンをブロックしてしまうことです。
ヒスタミンは中枢神経系に作用して、覚醒・興奮をもたらす働きがあるため、
それがブロックされると、鎮静・眠気が生じるのです。

ちなみに花粉症のおくすり眠くなることが知られていますが、
これらも「抗ヒスタミン薬」と呼ばれており、ヒスタミンをブロックするおくすりです。
(商品名:アレグラ、アレロック、タリオン、アレジオン、ザイザルなど)

抗ヒスタミン作用は眠くなる、ということがここからも分かりますね。

さらに抗うつ剤の場合は、α1受容体遮断作用、5HT2受容体遮断作用と
呼ばれる副作用もあり、これらも眠気の一因となります。

αとはアドレナリンのことで、アドレナリン1受容体が遮断されると
血圧が低下し、ボーッとします。

ちなみにα1受容体遮断作用を持つおくすりは降圧剤としても使われています。
(商品名:エブランチル、カルデナリンなど)

5HTとはセロトニンのことで、セロトニン受容体のうち、
セロトニン2受容体を遮断すると神経興奮が抑制されます。
興奮が取れて気持ちが落ち着くという良い作用なのですが、落ち着けば人は眠くなります。

これら「抗ヒスタミン作用」「α1受容体遮断作用」「5HT2受容体遮断作用」が、
トフラニールで眠気が生じる主な理由です。

他の抗うつ剤で眠気が生じるのもほとんど同じ理由です。

ただし、抗うつ剤の種類によってそれぞれの作用・副作用の強さが異なるため、
眠気の起こりやすさもそれぞれの抗うつ剤によって異なります。

2.他の抗うつ剤との比較

各抗うつ剤の眠気の強さを比較すると、おおよそ下の表のようになります。

トフラニールは「三環系抗うつ剤」という古いタイプのおくすりで、副作用も多めです。
そのため、眠気の頻度もやや多めであることが分かります。

抗うつ剤眠気抗うつ剤眠気
(Nassa)リフレックス/レメロン(+++)(SSRI)パキシル(+)
(四環系)ルジオミール(++)(SSRI)ルボックス/デプロメール(+)
(四環系)テトラミド(++)(SSRI)ジェイゾロフト(±)
デジレル(++)(SSRI)レクサプロ(±)
(三環系)トフラニール(+)(SNRI)トレドミン(±)
(三環系)トリプタノール(++)(SNRI)サインバルタ(±)
(三環系)アナフラニール(+)スルピリド(±)
(三環系)ノリトレン(+)
(三環系)アモキサン(+)

抗うつ剤の中で、眠気が強力なのものを「鎮静系抗うつ剤」と呼びます。

リフレックス・レメロンといったNassa(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)、
テトラミドやルジオミールといった四環系抗うつ剤、デジレル・レスリンなどがこれに入ります。

これらは眠気を強く起こすため、それを逆手にとって睡眠剤として使うこともあります。
一般的にトフラニールよりも強い眠気を引き起こします。

これに次いで眠気が強いのがトフラニールをはじめとした三環系抗うつ剤です。
他にはアナフラニール、トリプタノール、ノリトレン、アモキサンなどがあります。

三環系は、昔の抗うつ剤で「効果も強いけど、副作用も強い薬」です。
そのため、眠気も多くなっています。
「鎮静系抗うつ剤以下、SSRI以上」という感じですね。

三環系の中でもトリプタノールは鎮静作用が特に強いと言われており、
眠気の頻度も頭一つ飛び抜けています。

デプロメール/ルボックス、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロなどの
SSRIは眠気は軽めであることが多いです。

中でもジェイゾロフトは副作用が全体的に軽く、眠気の頻度も少ないと言われています。
レクサプロもジェイゾロフトについで、眠気は少なめです。

反面、パキシルとルボックス/デプロメールはSSRIの中では、眠気がやや多い方になります。

サインバルタやトレドミンなどのSNRIの眠気も少ないと言われています。
SSRIよりも更にもう一段階少ないイメージでしょうか。

SNRIはセロトニンだけでなくノルアドレナリンにも作用するのが特徴です。
ノルアドレナリンは意欲や活気を上げて覚醒レベルを上げるため、眠気を起こしにくいのでしょう。

ドグマチールは眠気の頻度がほとんどない抗うつ剤です。
ドグマチールには抗ヒスタミン作用やα1受容体遮断作用がほとんどありません。
つまり、眠気をほとんど起こさないということです。

ただしドグマチールも古いおくすりであり、眠気だけで見れば少ないものの、
他の副作用は軽視できませんので、使用は主治医としっかり相談して判断してください。

スポンサーリンク

3.トフラニールの眠気の対処法

トフラニールで眠気が生じたときの対処法を紹介します。

なおトフラニールに限らず、他の抗うつ剤の眠気でも基本的には同じ対処法を取ります。

Ⅰ.様子を見てみる

まだ内服を始めたばかりという場合は、少し様子をみてみましょう。

抗うつ剤の副作用は「慣れてくる」ことがよくあります。
1ー2週間ほど待てば副作用が軽くなる、というのはよく経験することです。

何とか耐えられる眠気であれば、少し様子をみてみましょう。
ひとの身体の適応力というものは、あなどれません。

Ⅱ.増薬スピードを緩めてみる

トフラニールは25mg-75mg程度の量から開始します、

必要に応じて増薬していきますが、最初からいきなり高用量から開始することはありません。
いきなり多い量を入れてしまうと身体は対応しきれないため、副作用が起きやすくなるからです。
なるべく少量から始めて徐々に量を増やしていくのが抗うつ剤処方の基本です。

眠気に関しても同じで、いきなり高用量を投与すると、眠気が起こりやすくなります。
特に薬が効きやすい体質の方は、用法通り25mgから開始しても眠くなる方もいます。

こういった場合は、増薬のペースを緩めましょう。
抗うつ効果が出てくるのも遅くなってしまうのが欠点ですが、副作用の程度は軽くなります。

例えばトフラニール25mgでも眠気が強く出てしまった、ということであれば10mgからはじめてみましょう。

10mgで1-2週間様子をみて、身体を慣らしてから25mgに再チャレンジすれば、
慣らした分だけ反動は小さくなり、眠気の程度も軽くなります。

ゆっくりと増やすという方法は、とても有効な副作用対策なのです。

Ⅲ.睡眠を見直す

基本的なことですが、そもそもの睡眠に問題がないかを見直すことを忘れてはいけません。

不規則で質の悪い睡眠だったり、極端に短い睡眠時間なのであれば、
ちょっとしたことで眠気が出てしまって当然でしょう。

その眠気は副作用だけではなく、抗うつ剤を飲み始めたことで単に睡眠の問題が表面化したに
過ぎないのかもしれません。

睡眠時間はしっかり確保できていますか?
個人差もありますが、睡眠時間は6-8時間程度必要なことが一般的です。

睡眠の環境は適正でしょうか。
電気やTVを消さないで寝てしまっていたり、カーテンが開けっぱなしで光が入ってくる部屋だったり、
冷暖房で温度が極端に暑い・寒い部屋だったりしてませんか?

睡眠前の行動に問題はありませんか。
直前までTVやスマホを見ていたら脳が覚醒して眠りが浅くなります。
アルコールを摂取したり、寝る直前に食べ物を食べたりすれば眠りが浅くなるのは当然です。

睡眠環境や睡眠時間に問題がないかを見直しましょう。
もし問題があるのであれば、その問題を解決することが先決です。

Ⅳ.併用薬に問題はないか?

併用薬によっては、トフラニールの副作用を強くしてしまうことがあります。

薬ではありませんが、よく経験するのがアルコールとの併用です。
酒は抗うつ剤の血中濃度を不安定にします。

飲酒をしながらトフラニールを飲んでいたら、血中濃度が不安定になり眠気も強く出てしまいます。
この場合は断酒しない限り改善は得られません。

他にもトフラニールの副作用を強めてしまうおくすりとして、

アーテン(抗コリン薬)、ストラテラ(ADHD治療薬)、バルビツール系睡眠薬、トラムセット(鎮痛剤)、
ザイボックス(抗菌薬)、プロノン、キニジン(抗不整脈薬)、タガメット(胃薬)、
レグパラ(副甲状腺機能亢進症治療薬)、インビラーゼ、レクシヴァ(エイズ治療薬)、ラミシール(抗真菌薬)

などがあります。

Ⅴ.肝機能・腎機能に問題はないか?

肝機能や腎機能が悪い方は、お薬を分解したり排出する機能が落ちているため、
通常量を投与してしまうと効きすぎてしまうことがあります。

血液検査や健康診断で肝機能障害、腎機能障害を指摘されている場合、
必ず主治医に伝え、適切な投与量に調整してもらいましょう。

Ⅵ.服用時間を変えてみる

飲む時間を変えてみる、という方法もあります。

トフラニールは添付文書には「1日数回に分けて飲む」と書かれています。

朝・夕食後の1日2回や朝昼夕の1日3回で処方することが多いですが、
絶対にこの処方でなければいけないわけではありません。

眠気で困るのであれば、1日1回眠前にまとめて飲むように変更するのも手です。
眠前に服薬すれば、眠気が出ても眠る時間なので問題がなくなります。

半減期(≒おくすりの作用時間の目安)も約9-20時間(代謝物デジプラミンは13-60時間)のため、
1日1回投与でも効果が得られる可能性がありますので主治医に相談してみましょう。

飲む時間を眠前にすることで、眠気の問題が改善したケースは少なくありませんので、
一度試してみる価値はあります。

ただし、寝る前1回投与にして、精神状態が悪化するようであれば主治医と相談して
服薬法を調整してもらってください。

Ⅶ.減薬・変薬をする

上記の方法をとっても眠気が軽減しない場合、眠気が生活に支障を来たしているのであれば、
減薬や変薬も考える必要があります。

抗うつ効果が出ているのであれば、薬を変えるのは不安でしょうから、
まずは量を少し減らしてみてもいいかもしれません。

量を少し減らしてみて、病気の悪化も認めず、眠気も軽くなるようであれば成功です。
その量で維持していきましょう。
(勝手にやってはいけません。必ず医師の判断のもとで行ってください)

また、別の抗うつ剤に切り替えるのも方法です。
この場合は眠気が少ないSSRIやSNRIなどが候補に挙がりますが、
どの抗うつ剤も一長一短ありますので、主治医とよく相談してください。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい