サインバルタは太るのか?【医師が教える抗うつ剤のすべて】

サインバルタ体重増加イメージ

抗うつ剤をはじめ、精神科のお薬は「体重増加」の副作用を持つものが多くあります。精神科のお薬は基本的にはリラックスさせたり鎮静的に作用するため、代謝が落ちたり、食欲が上がりやすいためです。

では、同じく抗うつ剤であるサインバルタにも体重増加がみられるのでしょうか?サインバルタで太る可能性はあるのでしょうか?

このコラムでは、サインバルタと体重増加について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.サインバルタは飲むと太るのか?

サインバルタカプセルの発売元であるイーライリリー社が公表している添付文書には、体重への副作用として、このように記載されています。

・体重増加(頻度:1-5%未満)
・体重減少(頻度:1-5%未満)

不思議なことにサインバルタの副作用には体重増加と体重減少、両方が書いてあるのです。これは一体どういうことでしょうか?

実は、臨床での実感もまさにこの添付文書のとおりで、サインバルタを使うと太る人がいる一方で体重がやや落ちてしまう人もいます。

体重が増えるひとも落ちる人もいるため、統計的に見ると「あまり体重は変化させない薬」という位置づけになっています。

抗うつ剤で太る理由は、抗うつ剤がヒスタミンH1受容体というものを遮断してしまうためと考えられています(抗ヒスタミン作用)。

サインバルタにも、この抗ヒスタミン作用がありますが、SSRIや三環系と比べるとヒスタミン受容体の遮断の程度は少ないと考えられています。

反面、サインバルタをはじめとするSNRIは、「意欲や活気を上げる」という特徴があり、これは、体の活動レベルを上げるため、体重を減らす方向に働きやすいという面もあります。

この二つの側面が綱引きをし、人によっては体重が増えたり減ったりするわけです。ただ、太るにせよ痩せるにせよ、その程度は軽度で多くは数キロ程度のとどまります。

つまり、「サインバルタで太るかどうか?」という問いには、

個々の体質によって太ることもあるし痩せることもある。ただ、いずれにせよその程度は軽度であり、多くは数キロの増減にとどまる。

という答えになります。

2.サインバルタの体重増加。-他抗うつ剤との比較-

サインバルタ、トレドミンといったSNRIと呼ばれる抗うつ剤は、上記の理由から、体重増加の頻度は少ないと言えます。

抗うつ剤の中でも、体重増加は少ない部類に入りますので、「太るのはどうしてもいやだ」という方はサインバルタを候補に考えてみてもいいのかもしれません。

他の抗うつ剤との比較を表にまとめてますので、参考にしてみてください。

抗うつ剤体重増加抗うつ剤体重増加
(三環系)トフラニール++(SSRI)ルボックス/デプロメール
(三環系)アナフラニール++(SSRI)パキシル++
(三環系)トリプタノール+++(SSRI)ジェイゾロフト
(三環系)ノリトレン++(SSRI)レクサプロ
(三環系)アモキサン++(SNRI)サインバルタ±
(四環系)テトラミド(SNRI)トレドミン±
(四環系)ルジオミール++(Nassa)リフレックス/レメロン+++
デジレル
ドグマチール+

スポンサーリンク

3.太ったのは抗うつ剤のせいではないかも!?

「サインバルタを飲み始めてから太った・・・」と感じたら、副作用以外の理由を疑ってみることも必要です。

もちろん、サインバルタの副作用で太ることはありますが、サインバルタを処方されているということは、うつ状態など、つらい状態であることがほとんどだと思います。

例えば、うつ病で精神的なエネルギーが低下していて、何とかご飯は食べるけど一日中、全然動けずにいたとしたら、カロリーが全然消費されないため、太りやすくなります。

ストレスで過食がちで、ついついスナック菓子などの間食が多くなっているのであれば、それが太る原因なのかもしれません。

その体重増加は本当にサインバルタが原因なのか?改めて、見直してみましょう。

精神的に不安定なときは、自分のことを客観視できないこともありますので、そういう時は、家族に聞いてみたり主治医と相談してみてください。

その上で、サインバルタの副作用で太っているのかそれ以外の原因なのかを見極めてください。

4.サインバルタで体重が増えてしまったら?

サインバルタで体重が大きく増えることはあまり経験することではありません。しかし、可能性は0ではなく、中には困るくらい太ってしまう人もいます。

サインバルタの内服で体重が増えてしまったら、どのような方法を取ればいいでしょうか?

Ⅰ.生活習慣を見直す

まず一番大切なことは、生活習慣を見直すことです。

サインバルタの副作用で太ったとしても、規則正しい生活を送ったり、適度な運動をしたりと体の代謝を改善する行動を行えば、体重は落ちやすくなります。

抗うつ剤の体重増加というのは「体重が落ちなくなる」のではなく、からだをリラックスさせることにより体重が「落ちにくくなっている」だけです。

しかるべき行動をとれば、落ちやすくなります。

食事は規則正しく3食食べていますか?
量やバランスは大丈夫でしょうか?
間食や夜食など、太る原因になる食行動をしていませんか?

適度な運動はしていますか? 一日一回くらいは、体を動かさないといけませんよ。散歩でもいいですが、ジョギングやサイクリングなどやや強度のあるものの方が
代謝は良くなります。

Ⅱ.抗うつ剤の量を減らしてみる

もし精神状態が安定しているのであれば、減薬を考えてみるのもいいかもしれません。サインバルタ以外にも抗うつ剤を内服しているのであれば、そっちが原因かもしれませんから、どの薬から減らすかは主治医とよく相談してください。

体重増加で困っているのであれば、主治医に相談することは大切なことです。主治医は、あなたの体重増加を重く捉えていないかもしれないからです。体重が増えてどのくらい困るかは人それぞれです。

ガリガリに痩せてた男性であればちょっと体重が増えても全然困らないでしょう。でも、とてもスタイルに気を使っている若い女性にとって、体重が数キロ増えることは、とても怖いことかもしれません。

体重増加に対して主治医とあなたとの間に認識のギャップがある恐れがありますので、少なくとも自分が困っていることなのであれば、相談してみてください。

ただし、病状によっては薬の量を減らせないこともあります。相談の上でも、お薬を減らせなかった場合は、自分で勝手に減らすことはせず、主治医の判断に従ってください。

Ⅲ.別の抗うつ剤に変えてみる

別の抗うつ剤に変えてみるという手もあります。

とはいっても、ほとんどの抗うつ剤はサインバルタより体重増加が生じる可能性が高いため、難しいところではありますが・・・。

候補に挙がるのは、SSRIの中でも比較的体重増加の頻度が少ないジェイゾロフト、同じSNRIのトレドミンあたりでしょうか。

ただし、それぞれの抗うつ剤には長所と短所がありますので、体重増加だけで考えるのではなく、総合的に判断することが大切です。

やはり主治医とよく相談することが大切ですね。

まとめ

・サインバルタの副作用には、体重増加と体重減少があり、人によって体重が増えることもあるし、減ることもある。ただ、どちらにせよその程度は軽度であり、数キロの増減に収まることがほとんど。

・サインバルタは他の抗うつ剤と比べ、体重増加が生じる可能性は低い

・サインバルタで体重増加が生じた場合、まずはそれが本当にサインバルタのせいなのかをしっかりと見極め、生活習慣を改善したり、精神状態が落ち着いていれば主治医と相談して減薬したり、主治医と相談して別の抗うつ剤に変更したりすることで改善をはかる。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい