クロミプラミンとは?【医師が教える抗うつ剤のすべて】

クロミプラミンとは

「アナフラニール」という、アルフレッサファーマ社が発売している抗うつ剤があります。アナフラニールは「クロミプラミン」と呼ばれることもあります。

書籍やネットでも、「アナフラニール(一般名:クロミプラミン)」と両方の名前が書かれています。

「アナフラニール」と「クロミプラミン」は何が違うのでしょうか。

ここでは「クロミプラミン」の意味、アナフラニールとの関係について説明したいと思います。

なお、抗うつ剤アナフラニールの効果、副作用などについて知りたい方は アナフラニールのすべて【医師が教える抗うつ剤の全て】もご覧ください。

スポンサーリンク

1.一般名と商品名

医薬品には、それぞれ「一般名」と「商品名」があります。

一般名というのは、国際的に決められた世界中で共通の薬物の名称です。

論文や書籍などでは、表記は「クロミプラミン(clomipramine)」で統一されています。
クロミプラミンは世界中で通用する、アナフラニールの真の名前です。

対して商品名というのは、医薬品を販売している会社が独自につけた名前です。
「アナフラニール」はアルフレッサファーマ社が独自につけたクロミプラミンの名前なのです。
(正確にはアナフラニールを最初に日本で発売したノバルティスファーマ社がつけました)

あくまでも「会社が独自につけた名前」ですから、海外などでは通じないこともあります。

一般名は、主に研究などの学術分野で使われます。
論文や学会発表などでは、おくすりの名称は全て一般名で書かれます。

商品名で書いてしまうと、ある会社から出たクロミプラミンだけに限定してしまいますし
それは誤解や癒着につながります。

対して、臨床現場ではほとんど商品名が使われます。

実際の医療現場で患者さんに手渡されるのは、
ある会社から販売されている「商品」としての医薬品だからです。

このような理由ため、
患者さんにとっては「商品名」の方がなじみが深く、「一般名」はなじみが薄いのですが、
実はおくすりの本当の名称はというと一般名の方なのです。

2.クロミプラミンの効果や副作用

クロミプラミンの薬効について知りたい方は、これはアナフラニールの薬効と同じですから、
アナフラニールの記事を読んで頂ければと思います。

▽ アナフラニールのすべて【医師が教える抗うつ剤の全て】

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい