マイスリーの半減期と作用時間 【医師が教える睡眠薬の全て】

マイスリーの半減期

マイスリーは非ベンゾジアゼピン系という種類に属する睡眠薬です。

マイスリーは睡眠薬の中でも即効性があり、作用時間が短いという特徴があります。そのため「入眠障害」という寝付けないタイプの不眠症によく用いられます。

ではマイスリーの作用時間というのはどのくらいなのでしょうか。マイスリーの作用時間は、半減期を知ることである程度推測する事ができます。

半減期はお薬の作用時間の目安として知られています。半減期が分かれば「何時間くらい効果が続くお薬か」というのをおおよそですが推測できます。

ここではマイスリーの作用時間と他睡眠薬との比較、そこから考えられるマイスリーの効果的な使い方について紹介していきます。また半減期という概念についても紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

1.マイスリーの半減期

睡眠薬は半減期で大きく4種類に分類されています。

  • 超短時間型・・・半減期が2-4時間
  • 短時間型 ・・・半減期が6-10時間
  • 中時間型 ・・・半減期が12-24時間
  • 長時間型 ・・・半減期が24時間以上

半減期とは、服用したお薬の血中濃度が半分になるまでに要する時間の事で、作用時間を知る1つの目安となる値です。

薬の効きには個人差があるため、あくまでも目安にすぎませんが、半減期が短いということはすぐに体からお薬が抜けてしまうという事であり、作用時間も短い事が推測されます。反対に半減期が長いということはお薬が体内に長く留まっているということで、作用時間も長いと考えることができます。

マイスリーは「超短時間型」の睡眠薬に分類され、睡眠薬の中でも半減期がきわめて短い部類に入ります。

その薬物動態としては、服薬してから約1時間未満で血中濃度が最高値になり、2時間前後で半減期を迎えて効果がなくなっていきます。

半減期と実際にマイスリーを患者さんに服用してもらっている印象からすると、マイスリーの作用時間は、「おおよそ3~4時間前後」と感じられます。

もちろんお薬の効きには個人差がありますので、人によってはより長い/短いということもあるとは思いますが、だいたいこのくらいの作用時間になります。

1日の睡眠時間が4時間未満という人は少なくと思いますので、3~4時間程度で効果が切れるマイスリーは翌朝に持ち越す可能性が非常に低い睡眠薬です。

2.睡眠薬の半減期一覧

睡眠薬は、半減期によって4種類に分類されることをお話しました。

マイスリーが属する「超短時間型」は、半減期が2~4時間程度と非常に短いため、寝付けないタイプの不眠症に使われることが多く、また朝に持ち越すのが困る場合にもよく選択されます。

ここで睡眠薬の半減期を比較してみましょう。

睡眠薬最高濃度到達時間作用時間(半減期)
ハルシオン1.2時間2.9時間
マイスリー0.7-0.9時間1.78-2.30時間
アモバン0.75-1.17時間3.66-3.94時間
ルネスタ0.8-1.5時間4.83-5.16時間
レンドルミン約1.5時間約7時間
リスミー3時間7.9-13.1時間
デパス約3時間約6時間
サイレース/ロヒプノール1.0-1.6時間約7時間
ロラメット/エバミール1-2時間約10時間
ユーロジン約5時間約24時間
ネルボン/ベンザリン1.6±1.2時間27.1±6.1時間
ドラール3.42±1.63時間36.60±7.26時間
ダルメート/ベジノール1-8時間14.5-42.0時間

半減期や最高濃度到達時間が睡眠薬によって様々であることが分かります。

最高濃度到達時間が早いお薬は「即効性がある」と言えます。

マイスリー、アモバン、ハルシオンなどの「超短時間型」は1時間前後で血中濃度が最高値になるため、「すぐに寝付きたい」という方に向いています。しかし半減期が3~4時間ですから、長くぐっすり眠りたい方にはあまり向きません。

反対に7~8時間ぐっすり眠りたい場合は、レンドルミンやリスミー、サイレース/ロヒプノールやデパス、ユーロジンなどが第一選択としては向いていることが分かります。

それぞれ微妙に特徴が違いますので、主治医と相談して自分に合いそうな睡眠薬を選びましょう。

スポンサーリンク

3.半減期から考えるマイスリーの効果的な使い方

不眠は大きく分けると2つのタイプがあります。

一つ目が「寝付けない事」で、これは「入眠障害」とも呼ばれます。二つ目は「すぐに起きてしまう事」で、これは「中途覚醒」と呼ばれます。

教科書的には入眠障害には超短時間型か短時間型、中途覚醒には中ー長時間型の睡眠薬が適していると言われています。

マイスリーは超短時間型であり、1時間未満で効きが最高値に達し、3~4時間程度で効果が切れます。

そのためマイスリーは、入眠障害に効果的であるものの、中途覚醒には向かないお薬です。

「寝付けさえすればあとは大丈夫なんだけど…」という入眠障害には向いているでしょう。

中途覚醒の不眠症に使ってしまうと効果が無いばかりか、下手をすれば副作用が出るだけになってしまいますので気を付けましょう。

しかし、マイスリーは睡眠薬の中で半減期が極めて短いため、「中途覚醒したときに追加で内服する」という使い方は効果が望めます。

たとえば、朝7時まで眠りたいのに3時に目覚めてしまった、などという場合です。もう3時間くらい眠りたい、という場合には作用時間の短いマイスリーは適しています。このような使い方をする場合、半減期の長いものを服薬してしまうと朝まで持ち越してしまいますので半減期の短いものを選ぶ必要があります。

朝まで持ち越してしまうと、仕事や学校に遅刻をしてしまったり、何とか行けてもボーッとして作業に集中できないという弊害が生じてしまう可能性があります。

マイスリーであれば、例えば朝3時に内服しても朝7時くらいには効果はかなり落ちていますので、朝に起きれなくなる心配はだいぶ少なくなります。

4.半減期とは?

せっかくなので「半減期」について詳しく勉強してみましょう。半減期というのは「お薬の血中濃度が半分になるまでに要する時間」のことです。

半減期はお薬の作用時間とある程度相関するため、半減期が分かればそこから作用時間を推測する事ができます。

薬の本を読むと、全ての薬に半減期が記載されています。私たち医師が薬を処方する際も、必ず「半減期がどれくらいなのか」を考えます。それほど、お薬の半減期というものは大切な情報なのです。

例えば、次のような薬物動態を示すお薬があるとします。

半減期イメージ

基本的にお薬は、内服するとグラフのようにまず血中濃度がグンと上がり、それから徐々に落ちていきます。

このお薬は、投与10時間後の血中濃度は「10」ですが、投与20時間後には血中濃度は半分の「5」に下がっています。

血中濃度が半分になるのに要する時間は「10時間」ですね。つまり、このお薬の半減期は「10時間」だということです。

そして半減期が10時間ということは「だいたい10時間くらいで効果が半分になるお薬」なんだと分かります。

半減期はあくまでも目安で、個人差はありますので気を付けてください。お薬を分解する力が強い人もいれば弱い人もいます。人によって誤差は多少なりともあります。

特に肝臓が悪い方は、お薬を分解する力が弱まっているため、一般的に半減期よりも長い時間お薬が身体に残ってしまいます。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい