セパゾンの離脱症状と対処法【医師が教える抗不安薬のすべて】

セパゾンの離脱症状

セパゾン(一般名:クロキサゾラム)は、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されるお薬で、主に不安を和らげる作用(抗不安作用)を持ちます。

強めの抗不安作用を持つセパゾンは、不安感に襲われて苦しい時に頼れるお薬です。しかし、必要以上に長期間・大量の服用を続けてしまうと問題が生じることがあります。

セパゾンをはじめとしたベンゾジアゼピン系は長期・大量の服用を続けていると「離脱症状」が生じやすくなるのです。

セパゾンの内服を続けていると、次第に心身はセパゾンに依存するようになります。このような依存性が形成された状態で急に減薬・断薬を行うと、心身はパニック障害になってしまい、イライラやソワソワといった精神症状、頭痛や震え・発汗といった身体症状が出現する事があり、このような症状は離脱症状と呼ばれます。

ここではセパゾンの離脱症状について説明し、抗不安薬の中でのセパゾンの離脱症状の起こしやすさの比較、離脱症状を起こさないための注意点や離脱症状が生じてしまった際の対処法などを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.ベンゾジアゼピン系の離脱症状とは?

すべてのベンゾジアゼピン系に属するお薬は、離脱症状が生じる可能性があります。

離脱症状とは、お薬を減薬や中断した時に生じる様々な症状の事です。ベンゾジアゼピン系の離脱症状は、お薬の血中濃度が急激に低下した事に心身が対応しきれない事で生じます。

お薬の服用を長期間続けていると、徐々に私たちの身体は「このお薬は毎日入ってくるもの」と認識するようになります。すると、そのお薬が毎日入ってくる前提で、生体活動を行っていきます。逆に言えば、そのお薬がないと日々の生体活動を行えない状態になってしまっているとも言え、これは「お薬に依存している」状態になります。

このような依存状態の時に、急にお薬を減薬・中断したらどうなるでしょうか。

予定していたお薬が急に入ってこなくなると、生体活動が正常に行えなくなってしまいます。その結果、心身に様々な不具合が生じ、様々な症状が引き起こされます。これが離脱症状の正体です。

お薬の中には離脱症状を起こす可能性があるものと起こさないものがありますが、ベンゾジアゼピン系は離脱症状を起こす可能性があるお薬になります。

離脱症状は、お薬の血中濃度が急激に下がった反動に心身が対応しきれずに生じるものであるため、そのお薬を長期間服用していればいるほど生じやすく、またお薬を大量に服用していればいるほど生じやすくなります。

また離脱症状が生じるお薬の中でも、作用が強いお薬や薬効が短いお薬の方がお薬が切れた時の反動が生じやすいため、離脱症状も生じやすくなります。

離脱症状で生じる症状は、

  • 身体症状
  • 精神症状

の2つに分けられます。

身体症状としては、頭痛や肩こり、吐き気、悪心、動悸、震え、発汗など幅広い症状が生じる可能性があります。

また精神症状としては、落ち着きのなさ、イライラ、緊張、不安などが生じる可能性があります。

離脱症状は、ベンゾジアゼピン系を減薬・断薬すれば必ず生じるというわけではありません。むしろ主治医の指導のもとで正しく服薬していて、正しく減薬をすれば生じない可能性の方が高いものです。

長期間の服用や大量服用を続けていると生じやすいため、ベンゾジアゼピン系の服用は主治医の指導のもと、正しい量・適切な期間の服用にとどめることが大切です。

2.セパゾンの離脱症状の起こしやすさ

セパゾンはどのくらい離脱症状が生じやすいお薬なのでしょうか。

ベンゾジアゼピン系はすべて離脱症状を引き起こす可能性がありますが、生じやすさはお薬によってそれぞれ異なります。

ベンゾジアゼピン系の離脱症状の生じやすさは、

  • 半減期が短いほど起こりやすい
  • 作用が強いほど起こりやすい
  • 服用量が多いほど起こりやすい
  • 服用期間が長いほど起こりやすい

という傾向があります。

セパゾンはというと、半減期は約11~21時間とベンゾジアゼピン系抗不安薬の中では中くらいの長さになりますが、抗不安作用は「強め」になります。

そのためセパゾンは離脱症状をやや起こしやすいベンゾジアゼピン系だという事が言えます。

特に、服用量が多かったり・長期間服用しているようなケースでは、セパゾンの減薬・断薬時に離脱症状が生じる可能性が高くなります。

セパゾンで離脱症状を出来る限り起こさないようにするためには、必要以上に大量に飲んだり、漫然と長期間飲み続けたりしないようにする事が大切です。

スポンサーリンク

3.離脱症状を起こさないためには?

セパゾンで離脱症状を起こさないためには、どのようなことに気を付けれて服用していけばいいでしょうか。

ベンゾジアゼピン系の離脱症状の生じやすさの傾向をもう一度確認してみましょう。

  • 半減期が短いほど起こりやすい
  • 作用が強いほど起こりやすい
  • 服用量が多いほど起こりやすい
  • 服用期間が長いほど起こりやすい

でしたね。

ということは、これと反対の状態を目指せば離脱症状が生じにくくなるという事です。

つまり、

  • なるべく半減期が長いベンゾジアゼピン系にする
  • なるべく作用が弱いベンゾジアゼピン系にする
  • 服用量がなるべく最小限の量になるようにする
  • 服用期間がなるべく短くなるようにする

といったことを意識すれば、離脱症状のリスクを下げることが可能になります。

セパゾンで出来る限り離脱症状を引き起こさないために、セパゾン服用中にこれらを意識することは非常に重要です。

ひとつずつ、詳しくみていきましょう。

Ⅰ.出来るだけ半減期を長くする

セパゾンの半減期は約11~21時間と報告されており、ベンゾジアゼピン系の中では中くらいの長さになります。半減期を見ればそこまで離脱症状を起こしやすいお薬にはなりませんが、より半減期の長いベンゾジアゼピン系に変更する事が出来れば、離脱症状もより生じにくくなります。

そのため、治療上可能性であれば半減期がより長いベンゾジアゼピン系に変薬する事は有効な方法の1つになります。

一般的に半減期の短いお薬は即効性があります。即効性があると、「効いている!」という感覚が得られやすいため、患者さんに好まれます。また不安が襲ってきた時にすぐに対処できる「頓服」としても役立ちます。

しかし効果を実感しやすいという事は「そのお薬に頼ってしまいやすい」という事であり、依存しやすいという事になります。そして依存性が形成されやすいという事は、離脱症状が生じやすくなるということは覚えておく必要があります。

反対に半減期の長いお薬は徐々に効いてくるので「効いている感覚があまり分からない」となる事が多く、また頓服としても使いずらいのですが、ゆるやかに効いていく分だけ依存形成は起こしにくく、離脱症状も起こしにくいのです。

半減期の短い抗不安薬が一概に悪いという事ではありませんが、依存形成や離脱症状の起こしやすさという点から見れば、半減期の長い抗不安薬の方が良いのは確かです。

Ⅱ.出来るだけ作用を弱くする

一般的に作用の弱いお薬の方が離脱症状が生じにくい傾向があります。

これは当たり前の事で、作用が弱いと身体に及ぼす変化も少ないため、減薬・断薬時も反動が生じにくくなるからです。

そのため病気の症状が落ち着いてきたら徐々に作用の弱いベンゾジアゼピン系に切り替えていくことは、後々の離脱症状の予防のために大切です。

もちろん病気の症状が重い時は必要に応じて作用の強い抗不安薬を使うこともありますし、それは悪いことではありません。不安がものすごく強いのに弱いベンゾジアゼピン系を使っていたら、症状はいつまでも改善しないままになってしまいます。

必要な時に強いベンゾジアゼピン系を用いる事は問題ありません。

しかし、定期的に病気の経過を見直し、お薬を弱めることができそうであれば、より抗不安作用の弱いお薬への切り替えを検討することが大切です。

症状が良くなってきているのに、漫然と効果の強いものを使い続けるのは良い治療とは言えないでしょう。

Ⅲ.出来るだけ服用量を少なくする、服用期間を短くする

服用量が多く服用期間が長いほど、依存を形成しやすくなります。

依存が形成されやすくなれば、離脱症状も生じやすくなってしまいますので、そうならないために定期的に「お薬の量を減らせないか?」と検討することも必要です。

「最短1ヶ月でベンゾジアゼピン系の依存は形成されうる」と指摘する専門家もいますので、少なくとも2週間に1回くらいは、減薬ができないかを検討すべきです。

ただし、調子がまだ不十分なのに無理して減薬する必要はありません。あくまでも、漫然と飲み続けないように気をつけるべきということです。

4.離脱症状の対処法

セパゾンは不安を抑える作用が強めである分、離脱症状はやや注意が必要なベンゾジアゼピン系になります。

セパゾンの離脱症状の頻度は特別に多いというほどではありません。しかしベンゾジアゼピン系には全て依存性がありますので、セパゾンでも離脱症状を生じる可能性はあります。

セパゾンで離脱症状が出現してしまったら、どのような対処法を取ればいいのでしょうか。ここでは一般的によく取られる対処法を紹介します。

離脱症状が起きてしまうのは、ほとんど場合で「セパゾンを減薬・断薬」した時になります。その時、取るべき方法は実は2つしかありません。

それは、「様子をみる」か「元の量に戻す」かです。

そしてこのどちらを選ぶかの判断基準は、生じた離脱症状の程度が「耐えられるかどうか」によります。

離脱症状は、身体に入ってくるお薬の量が急に少なくなった反動で生じます。しかし人間の身体というのは、徐々にその環境に適応していく力を持っていますから、しばらく時間が経てば少なくなったお薬の量に慣れてきます。

それまで様子を見れるのであれば、我慢してもよいでしょう。

個人差はありますが、離脱症状のピークは1週間程度で、これを過ぎると徐々に程度は軽くなっていく事が多いです。ただし、中には3か月など長期間離脱症状が長く続くケースもありますので、無理をして我慢をしないようにしてください。

様子をみれる程度の軽い離脱症状であれば、少し様子をみて、離脱症状が治まるのを待ちましょう。

もう一つの方法は、「元の量に戻す」ことです。

生じた離脱症状の程度が強く、耐えられないようであれば元の量に戻します。お薬を減らしたのが原因ですので、お薬の量を戻せば離脱症状は改善します。当たり前ですね。

元の量に戻したら、1~2週間はそのまま様子をみてください。

その後、再び離脱症状を起こさないために、次のいずれかの方法を取りながら再挑戦してください(必ず主治医と相談の上で行い、主治医の指示を優先して下さい)。

Ⅰ.より緩やかに減量する

減らしていく量を細かく刻めば刻むほど、反動が少なくなり、離脱症状も起こしにくくなります。

例えば、セパゾン6mg/日から4mg/日に減薬して離脱症状が出現したのであれば、5mg/日など、より細かく刻んで減薬をしなおします。

専門書によっては「10%ずつ減らしていきましょう」と書いてあるものもあります。6mg/日を内服しているなら、0.6mgずつ減らしていくということですね。気が遠くなるかもしれませんが、ここまで細かく刻めば離脱症状は起こさないでしょう。

ちなみに錠剤では細かい調整がしにくいため、細かく刻んで減薬するならば粉薬を使うのがおすすめです。セパゾンには「セパゾン散」という粉薬がありますので、これを使用すると良いでしょう。

また、期間も重要です。

例えば、1週間ペースで減薬していって離脱症状がでてしまうのであれば、2週間や4週間ペースに伸ばしてみましょう。

Ⅱ.半減期の長い抗不安薬に切り替えてから減薬する

前述したように、半減期の長い抗不安薬の方が離脱症状を起こしにくいという特徴があります。

そのため、更に半減期の長い抗不安薬に一旦切り替えてから減薬すると上手くいくことがあります。

例えば、セパゾン(半減期11~21時間)からメイラックス(半減期122±58時間)に切り替える方法で考えてみます。セパゾン6mg/日を、より半減期の長いメイラックス2mg/日に切り替えます(実際に切り替える用量は症状や主治医の判断によって差があります)。

メイラックスに慣れるため1~2週間はそのまま様子をみます。その後、メイラックスを1.0mg、0.5mgと減らしていくのです(場合によってはより細かく減量していきます)。

あるいはメイラックスは半減期が長いので、2日に1回服薬、3日に1回服薬、と減らしていってもいいでしょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい