レンドルミンの致死量 【医師が教える睡眠薬のすべて】

レンドルミンと致死量

レンドルミンをはじめとした睡眠薬を過量服薬して自殺を試みる方がいます。

救急外来にしばしば搬送されてきますが、果たしてレンドルミンに致死量はあるのでしょうか。

このことを書くべきがどうか迷いましたが、みなさんに睡眠薬の正しい知識を知ってもらうため、書くことにしました。

結論だけを言ってしまうと、レンドルミンをいくら飲んでも死ぬことはできません。中途半端に動けない状態になったり、救急病院で様々な管を入れられたりとかえってつらい思いをすることになるだけです。

睡眠薬を過量服薬しては絶対にいけません。いいことなど何もありません。

過量服薬などする前に、私たち精神科医に相談してください。その方が、過量服薬なんかするよりも何倍も気持ちは楽になります。

スポンサーリンク

1.レンドルミンに致死量はあるのか?

結論から言うと、レンドルミンを大量に飲んで自殺することは不可能です。

理論的な致死量は、レンドルミン数万錠と言われています。現実的にそんな量を飲めるわけありません。

救急外来で働いていて、過量服薬で搬送されてくる患者さんを診ると、飲んだとしても数十錠が限界です。その量で死に至ることは、まずありえないと言い切っていいでしょう。

1~2日は眠りこけてしまいますし、肝臓や腎臓などを傷めてしまう可能性はありますが、いずれも致命的となることは極々稀です。

中途半端に自分を傷つけ、周りも心配させてしまい、かえって後々罪悪感に苛まれてしまうだけです。

絶対にしてはいけません。

2.レンドルミンを過量服薬したらどうなる?

レンドルミンを過量服薬すると、当然眠くなり、寝てしまいます。眠りこけているところを、家に帰ってきた家族が発見して救急搬送されることがほとんどです。

睡眠薬を内服してから数時間(1~2時間)以内であれば、「胃洗浄」を行うこともあります。これは、鼻から太いチューブを胃に入れて、胃に残っている薬物を洗い流す処置です。

この胃洗浄は、患者さんにとって非常に苦しい処置となります。鼻に太いチューブが入って、そこから水を入れたり出したりされるわけですから、それはつらいですよね。

「胃洗浄がイヤだから、もう過量服薬はしません」なんていう患者さんもいるくらいです。

胃洗浄以外にも、活性炭という薬物を吸着してくれる働きのある物質を投与することもあります。

あとは採血やレントゲン、CTなどの必要な検査をして大きな異常がなければ、点滴で水分をたくさん投与して、おくすりが身体から抜けるまで待ちます。

点滴で水分をたくさん入れますので、尿がたくさん出ますから、尿バルーン(おしっこの管)も入れます。

このように、レンドルミンなどの睡眠薬を過量服薬しても、死ねないだけでなく、鼻から管を入れられたり、おしっこの管を入れられたり、点滴を刺されたりとつらい思いをするだけです。

絶対にやめましょうね。

スポンサーリンク

3.過量服薬したくなったら?

過量服薬をしてしまった方にお話を聞くと、ほとんどの方はつらい思いを抱えています。そのつらさに押しつぶされてしまい、「もう何もかもどうでもいい」と考えてしまい、過量服薬をしてしまうのです。

でも、過量服薬しても楽にはなれるわけではないのです。飲んで少しの間は意識がボーッとするので、イヤなことは忘れられるかもしれませんが、その後は病院で苦しい処置を受けなくてはいけません。

だから、過量服薬はしてはいけません。楽なことより苦しいことの方が多いし、結局何の解決にもなっていないからです。

つらい思いに押しつぶされそうな時は、おくすりを大量に飲むことに逃げるのではなく、一歩勇気を出して私たちに相談してください。

そのつらさはすぐにパッとは取れないかもしれません。でも、つらい気持ちを誰かに吐き出すだけでも絶対に楽になります。そして時間をかけて、私たちと一緒に治療していけば、必ず治せます。

「あの時、過量服薬なんて馬鹿なことをしなくてよかった・・・」と思える日は必ず来ます。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい