オランザピンの効果と特徴

オランザピンの効果と特徴

オランザピンは、2001年に日本イーライリリー社から発売された「ジプレキサ」という抗精神病薬のジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品とは、先発品である「ジプレキサ」の特許が切れた後に、他の製薬会社が作ったジプレキサと同じ主成分から成るお薬の事です。中身はほぼ一緒ですが、先発品と異なりお薬の研究・開発費がかかっていない分だけ、薬価が安くなっているという利点があります。

また抗精神病薬というのは、幻覚・妄想といった精神病性の症状を抑えるお薬の事です。

【精神病性の症状とは】

以前、幻覚・妄想などの一般的な常識からは理解不能な症状をきたす状態を「精神病」と呼んでいた。現在は精神病という用語は使われなくなったが、昔の名残りで現在でも幻覚妄想などの症状をきたす事を「精神病性の症状」と呼ぶことがある。

これらの症状は主に統合失調症で認められるため、抗精神病薬は主に統合失調症の治療薬だという事が出来ます。

ただし幻覚・妄想は双極性障害(躁うつ病)やうつ病などでも認められる事があり、このような場合にはこれらの疾患でも抗精神病薬が用いられる事もあります。

抗精神病薬には古い第1世代抗精神病薬と、比較的新しい第2世代抗精神病薬があります。このうち、オランザピンは第2世代の抗精神病薬に属します。

第1世代と比べると第2世代は改良されて副作用が少なくなっています。そのため、現在では第2世代が中心的に用いられています。

オランザピンは統合失調症の各症状を改善させるだけでなく、鎮静力も強いため、興奮している患者さんを落ち着かせたり、落ち着かずに眠れない患者さんを眠りやすくさせる作用もあります。注意すべき副作用もありますが、様々な作用を持ち、頼れるお薬の1つである事に違いはありません。

オランザピンは抗精神病薬の中でどのような特徴・効果を持ち、どのような患者さんに向いているお薬なのでしょうか。

ここではオランザピンの効果や特徴について詳しく説明させていただきます。

スポンサーリンク

1.オランザピンの特徴

オランザピンはどのような特徴を持った抗精神病薬なのでしょうか。まずはその特徴を見ていきましょう。

【オランザピンの特徴】

  • 第2世代抗精神病薬であり、第1世代よりは全体的に副作用が少ない
  • MARTAに属し、様々な受容体に作用し、様々な効果が得られる抗精神病薬である
  • ドーパミンを穏やかにブロックし、幻覚妄想を改善させる
  • ドーパミンを穏やかにブロックするため、錐体外路症状や高プロラクチン血症が少ない
  • セロトニンをブロックし、陰性症状や認知機能障害を改善させる
  • 鎮静系の受容体に作用する事で、不穏や興奮を落ち着かせる
  • 鎮静系の受容体に作用する事で、眠りに導き、また深部睡眠を増やす
  • 鎮静系の受容体に作用するため、眠気の副作用が生じやすい
  • 代謝系の受容体や食欲を上げる受容体に作用し、食欲増加・体重増加が生じやすい
  • 代謝系の受容体や食欲を上げる受容体に作用するため、糖尿病患者さんには禁忌
  • ジェネリック医薬品であり薬価が安い

たくさん挙げてしまいましたが、オランザピンは様々な作用を持つ抗精神病薬ですのでその特徴もたくさんあります。一つずつ理解していきましょう。

オランザピンは抗精神病薬に属し、主に統合失調症に用いられる治療薬になります。抗精神病薬というのは基本的にはどれも「ドーパミン」という物質をブロックする作用を持ちます。

統合失調症は、その原因の1つとして脳のドーパミンの分泌が過剰になってしまっている事が挙げられています。そして、この脳のドーパミン過剰によって統合失調症に特徴的な症状である「陽性症状」が出現すると考えられています。

【陽性症状】

統合失調症の代表的な症状であり、本来ないものが存在するように感じる症状の事。

「本来であれば感じるはずのない感覚を感じる」という幻覚や、「本来であればあり得ない事をあると信じてしまう」という妄想などがある。

オランザピンも抗精神病薬ですので、もちろんをブロックする作用があります。

具体的に言うと、ドーパミンが作用する部位である「ドーパミン受容体」をブロックします。ドーパミン受容体がブロックされると、ドーパミンはドーパミン受容体にくっつけなくなるため、作用できなくなってしまいます。これによってドーパミンの過剰な作用を抑える事が出来るのです。

このドーパミンをブロックする作用によって、オランザピンは陽性症状を改善させる作用を有します。

しかしオランザピンはドーパミンのみならず様々な受容体に作用するという特徴があります。オランザピンは第2世代抗精神病薬の中でもMARTA(多元受容体標的抗精神病薬)という種類に属し、その名の通り様々な受容体に作用する事で様々な作用を発揮する抗精神病薬なのです。

ある特定の受容体のみを集中的にブロックするのではなく、多くの受容体を広く・ゆるくブロックするのがジプレキサをはじめとしたMARTAの特徴です。

具体的には、

  • セロトニン2A受容体
  • セロトニン2C受容体
  • ヒスタミン1受容体
  • ムスカリン受容体
  • アドレナリン受容体

などの受容体に作用します。これにより様々な作用が得られ、また同時に様々な副作用も生じる可能性があります。

これらの受容体への作用で得られる良い作用を端的にいうと、

  • 鎮静作用(興奮を抑える作用)
  • 催眠作用(深部睡眠を増やす作用)
  • 陰性症状・認知機能障害に対する改善作用

などが挙げられます。

オランザピンは鎮静作用に優れるため、興奮・易怒的になっている患者さんに対して特に効果的です。鎮静させる事で眠りに導く作用も期待でき、不眠に対して使われることもあります。

一般的な睡眠薬との違いとして、代表的な睡眠薬であるベンゾジアゼピン系睡眠薬は眠りには導くものの深部睡眠(深い眠り)を減らしてしまう事も報告されていますが、オランザピンは逆に深部睡眠を増やす作用があると言われており、眠りの質を改善させてくれます。

しかし一方で強い鎮静作用のため、日中になっても眠気や倦怠感が抜けなくて困るという副作用が出てしまう事もあります。

また統合失調症の症状の1つである「陰性症状」を改善させる作用も期待できます。

【陰性症状】

統合失調症の代表的な症状であり、本来あるべきもの(感情や意欲など)がなくなってしまう症状。

感情が乏しくなったり(感情平板化)、何も行動や活動をしなくなってしまう(無為自閉)などがある。

一方でオランザピンが多くの受容体に作用してしまう事で認められる副作用としては、

  • 抗コリン作用(口喝、便秘、排尿困難など)
  • 眠気
  • 体重増加、血糖上昇

などが挙げられます。

抗コリン作用というのはアセチルコリンという物質をブロックする作用です。これによって、口喝(口の渇き)、便秘、排尿困難(尿がでにくくなる)などの副作用が生じる可能性があります。

また抗ヒスタミン作用というのはヒスタミンという物質をブロックする作用です。これによって眠気や体重増加をきたす事があります。

代謝を抑制する作用と体重を増加させる作用から、オランザピンは血糖値を上昇させやすく、ここからオランザピンは糖尿病の患者さんには禁忌(絶対に使ってはダメ)になっています。

多くの受容体に少しずつ作用するオランザピンは、同じ第2世代抗精神病薬であるリスパダールなどと比べると、ドーパミン受容体をブロックする力のみを見ると弱めであるため、錐体外路症状や高プロラクチン血症といった、ドーパミン受容体をブロックしすぎることで生じる副作用は起きにくいという利点もあります。

【錐体外路症状(EPS)】

薬物によってドーパミン受容体が過剰にブロックされることで、パーキンソン病のようなふるえ、筋緊張、小刻み歩行、仮面様顔貌、眼球上転などの神経症状が出現する事。

【高プロラクチン血症】

薬物によってドーパミン受容体が過剰にブロックされることで、プロラクチンというホルモンを増やしてしまう副作用。

プロラクチンは本来は出産後に上がるホルモンで乳汁を出すはたらきを持つが、プロラクチンが高い状態が続くと、乳汁分泌や月経不順、インポテンツ、性欲低下などが生じる他、長期的には骨粗鬆症や乳がんのリスクにもなる。

また抗精神病薬で稀に認められる重篤な副作用である、重篤な不整脈(QT延長など)もオランザピンはほとんど起こさないと考えられています。

2.オランザピンの作用機序

オランザピンはどのような作用機序を持つ抗精神病薬なのでしょうか。

抗精神病薬はドーパミンのはたらきをブロックするのが主な作用です。具体的にはドーパミンが作用する部位である「ドーパミン受容体」にフタをしてしまい、ドーパミンがドーパミン受容体にくっつけないようにしてしまいます。基本的にはどの抗精神病薬もこのはたらきを持っています。

統合失調症は脳のドーパミンが過剰に放出されることが原因だという説があり、これは「ドーパミン仮説」と呼ばれています。ほとんどの抗精神病薬はこのドーパミン仮説に基づき、ドーパミンのはたらきを抑える作用を持ちます。

オランザピンもドーパミン受容体をブロックする作用があり、これによって過剰なドーパミンのはたらきを弱め、陽性症状を改善させます。またセロトニン2A受容体をブロックする作用もあり、これは陰性症状を改善させたり、統合失調症によって生じる認知機能障害を改善させるはたらきがあります。

それ以外にも、

  • セロトニン2C受容体
  • ヒスタミン1受容体
  • ムスカリン受容体
  • アドレナリン受容体

など、様々な受容体をブロックする作用を持ちます。

ある特定の受容体だけを選択的にブロックするのではなく、様々な受容体に対して広く・ゆるくブロックするのがオランザピンの作用機序の特徴です。

ドーパミン受容体のブロックは、幻覚妄想などの陽性症状を改善させる作用を持ちます。一方で過度なドーパミン受容体のブロックは、錐体外路症状や高プロラクチン血症といった副作用の原因にもなります。

セロトニン2A受容体のブロックは、陰性症状(無為、自閉、感情平板化など)・認知機能障害を改善する作用を持ちます。また、錐体外路症状の発現を抑えるはたらきもあることが報告されています。

その他の受容体の作用としては、アドレナリン1受容体のブロックは、催眠や鎮静作用が得られる一方で、ふらつきや射精障害などの副作用が生じるリスクがあります。

ヒスタミン1受容体のブロックも、食欲改善、睡眠改善などの作用が得られる一方で、体重増加・眠気といった副作用が生じるリスクもあります。

セロトニン2C受容体のブロックは、主に体重増加の副作用の原因になります。

オランザピンは第2世代抗精神病薬の中でもMARTA(多元受容体作用抗精神病薬)という種類に属している抗精神病薬であり、その名の通り、多くの受容体に作用するお薬なのです。

ちなみに第2世代には、MARTA以外にも、

  • SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)
  • MARTA(多元受容体作用抗精神病薬)
  • DSS(ドーパミン・システム・スタビライザー)

があります。

オランザピンのようなMARTAのたくさんの受容体に広く・ゆるく作用するという特徴は、リスパダールなどのSDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)が、ドーパミン受容体をピンポイントで狙い撃ちするようなお薬であるとの対照的です。

リスパダールのようにピンポイントでドーパミンをブロックすれば、幻覚妄想に対する効果は確かに優れます。しかしブロックしすぎてしまう可能性もあり、それによる副作用(錐体外路症状や高プロラクチン血症など)の可能性も高くなります。

オランザピンのようにおだやかにブロックすれば、幻覚妄想に対する効果はその分弱くなりますが、各受容体をブロックしすぎるリスクも減るため、上記のような副作用は少なくなるのです。

SDAとMARTAのどちらが優れている、と優劣を付ける事は出来ません。どちらにも一長一短ありますので、病状に応じて適切な薬剤を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

3.オランザピンの適応疾患

オランザピンはどのような疾患に適応を持っているのでしょうか。

添付文書にはオランザピンの適応疾患として、

統合失調症

双極性障害における躁症状及びうつ症状の改善

が挙げられています。

臨床現場でも主な用途は添付文書の通り、統合失調症と双極性障害です。統合失調症・双極性障害の中でも特に興奮や不穏が強く、鎮静してあげた方が良いようなタイプでよく使われます。

また、これらの疾患以外でも、鎮静する必要がある場合はオランザピンが使われることがあります。例えば認知症で興奮している場合、自閉症スペクトラム障害で衝動的になっている場合などが挙げられます。

その鎮静作用の強さから、不眠症の方に使われることもあります。オランザピンは深部睡眠を増やす作用がありますので、眠りが浅い方や熟眠感が得られない方にも効果が期待できます。また鎮静作用がありますので、イライラや興奮・不安で眠れないという方にも有効です。

うつ病に使われることもあります。抗うつ剤のみでは改善が不十分なうつ病患者さんに対して、第2世代抗精神病薬を少量加える治療法を増強療法(Augmentation)と呼びます。増強療法には、リスパダールやジプレキサ(オランザピン)、エビリファイなど様々な第2世代抗精神病薬が用いられます。

一方でオランザピンを使ってはいけない方(禁忌)として、「糖尿病の患者さん」が挙げられます。オランザピンは代謝に影響を与えたり食欲を亢進させる事で血糖や脂質を上げてしまうリスクがあるため、糖尿病の患者さんに使用することが出来ないのです。

統合失調症ではない患者さんが、医師から十分な説明のないままオランザピンを処方されてしまい、自分でオランザピンの適応疾患を調べると「統合失調症」と書かれているため、「私って統合失調症なの??」と不安になってしまうケースが時々あります。処方されたお薬がどんな疾患に処方されるお薬なのか、今はネットで簡単に調べられますからね。

オランザピンが主に統合失調症に使われるお薬であるのは事実ですが、双極性障害にも使われますし、その他も不眠症の方に使ったり、うつ病の増強療法として使ったりもします。また、認知症の方の徘徊や興奮を抑えるために使われることもあります。実際の臨床では統合失調症以外でも様々な疾患に対して用いられているのです。

そのため、オランザピンを処方されたからといって必ず「統合失調症なんだ」ということにはなりません。

4.抗精神病薬の中でのオランザピンの位置づけ

抗精神病薬には多くの種類があります。その中でオランザピンはどのような位置づけなのでしょうか。

まず、抗精神病薬は大きく「第1世代」と「第2世代」に分けることができます。第1世代というのは「定型」とも呼ばれており、昔の抗精神病薬を指します。第2世代というのは「非定型」とも呼ばれており、比較的最近の抗精神病薬を指します。

第1世代として代表的なものには、

  • セレネース(一般名:ハロペリドール)
  • コントミン(一般名:クロルプロマジン)

などがあります。これらは1950年代頃から使われ始めた古いお薬で、強力な効果を持ちますが、副作用も強力だという欠点があります。

特に錐体外路症状と呼ばれる神経症状の出現頻度が多く、これは当時から問題となっていました。また悪性症候群や重篤な不整脈などといった命に関わる可能性もある重篤な副作用が起こってしまうこともありました。

そこで副作用の軽減を目的に開発されたのが第2世代です。第2世代は第1世代と同程度の効果を保ちながら、標的部位への精度を高めることで副作用を少なくしているという利点があります。

第2世代には、

  • SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)
  • MARTA(多元受容体作用抗精神病薬)
  • DSS(ドーパミン部分作動薬)

があり、それぞれ代表的なお薬としては、

  • SDA:リスパダール(一般名:リスペリドン)、ロナセン(一般名:ブロナンセリン)
  • MARTA:オランザピン(一般名:オランザピン)、セロクエル(一般名:クエチアピン)
  • DSS:エビリファイ(一般名:アリピプラゾール)

などがあります。

現在では、まずは副作用の少ない第2世代から使用することがほとんどであり、第1世代を使う頻度は少なくなっています。第1世代が使われるのは、第2世代がどうしても効かない場合など、やむをえないケースに限られます。

第2世代の中でのそれぞれのお薬の位置付けですが、SDA、MARTA、DSSそれぞれの特徴として、

SDA
【該当薬物】リスパダール、ロナセン、ルーラン、インヴェガ
【メリット】幻覚・妄想を抑える力に優れる
【デメリット】錐体外路症状、高プロラクチン血症が多め(第1世代よりは少ない)

MARTA
【該当薬物】ジプレキサ(オランザピン)、セロクエル、シクレスト、(クロザピン)
【メリット】幻覚妄想を抑える力はやや落ちるが、鎮静作用、催眠作用、抗うつ作用などに優れる
【デメリット】太りやすい、眠気が出やすい、血糖が上がるため糖尿病の人には使えない

DSS
【該当薬物】エビリファイ
【メリット】上記2つに比べると穏やかな効きだが、副作用も全体的に少ない
【デメリット】アカシジアが多め

といったことが挙げられます。

(*クロザピンは効果が強力である代わりに重篤な副作用が起こる可能性があるお薬であるため、特定の施設でしか処方できません。)

5.オランザピンが向いている人は?

以上から考えて、オランザピンが向いているのはどのような方なのかを考えてみましょう。

オランザピンの効果の特徴をもう一度みてみましょう。

【オランザピンの特徴】

  • 第2世代抗精神病薬であり、第1世代よりは全体的に副作用が少ない
  • MARTAに属し、様々な受容体に作用し、様々な効果が得られる抗精神病薬である
  • ドーパミンを穏やかにブロックし、幻覚妄想を改善させる
  • ドーパミンを穏やかにブロックするため、錐体外路症状や高プロラクチン血症が少ない
  • セロトニンをブロックし、陰性症状や認知機能障害を改善させる
  • 鎮静系の受容体に作用する事で、不穏や興奮を落ち着かせる
  • 鎮静系の受容体に作用する事で、眠りに導き、また深部睡眠を増やす
  • 鎮静系の受容体に作用するため、眠気の副作用が生じやすい
  • 代謝系の受容体や食欲を上げる受容体に作用し、食欲増加・体重増加が生じやすい
  • 代謝系の受容体や食欲を上げる受容体に作用するため、糖尿病患者さんには禁忌
  • ジェネリック医薬品であり薬価が安い

また、第2世代の間で比較すると、

  • SDAと比べて錐体外路症状や高プロラクチン血症は少ない
  • SDAと比べて眠気や体重増加が多い。抗コリン作用もやや多い

という特徴があります。

そのため、オランザピンは、

  • 興奮や不穏が主体で鎮静した方が良い統合失調症の方
  • 他の薬で錐体外路症状や高プロラクチン血症が出てしまった方
  • 薬価をなるべく抑えたい方

には良いのではないでしょうか。反対に

  • 体重増加が心配な方
  • 眠気や鎮静を起こしたくない方(日中仕事をしている方など)

は使用する際は慎重に判断しなければいけません。

また糖尿病の方には使用してはいけません。

どのお薬にも一長一短あり、オランザピンが適している患者さんもいればそうでない患者さんもいます。どのお薬が自分に合っているのかは主治医とよく相談して、慎重に判断してください。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい