エチゾラムの効果・効能と特徴【医師が教える抗不安薬の全て】

エチゾラムの効果と特徴

エチゾラムは、1984年に発売されている「デパス」という抗不安薬のジェネリック医薬品になります。

ジェネリック医薬品とは、先発品(ここではデパス)の特許が切れた後に、別の製薬会社から発売されるお薬の事です。効果は先発品と同等でありつつ、開発費があまりかかっていないため薬価が安いというメリットがあります。

抗不安薬は主に不安を和らげる作用を持ったお薬の事で、「安定剤」「精神安定剤」とも呼ばれる事もあります。

エチゾラムは強い抗不安作用を持つ抗不安薬で、患者さんからの人気も高く、精神科のみならず内科や整形外科など多くの科で処方されています。

ここではエチゾラムの効果や特徴、また他の抗不安薬との比較などを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.エチゾラムの特徴

まずはエチゾラムがどのような特徴を持つ抗不安薬なのかを紹介します。

基本的に抗不安薬は、

  • 抗不安薬(不安を和らげる作用)
  • 筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす作用)
  • 催眠作用(眠くなる作用)
  • 抗けいれん作用(けいれんを抑える作用)

という4つの作用を持っています。この4つの作用の強さはそれぞれの抗不安薬で異なります。そして、

  • この4つの作用のそれぞれの強さ
  • お薬の即効性と持続性

に焦点を当てるとそれぞれの抗不安薬の特徴が理解しやすくなります。

エチゾラムは、

  • 強い抗不安作用
  • 強い筋弛緩作用
  • 中等度の催眠作用
  • 弱い抗けいれん作用

を持つ抗不安薬になります(効果には個人差があります)。

エチゾラムは抗不安作用・筋弛緩作用が強いお薬になります。そのため不安を改善させたり身体をリラックスさせる効果に優れます。

筋弛緩作用が強いということは、筋肉の緊張による肩こりなどを改善させてくれるため、エチゾラムは精神科のみならず整形外科などでも処方されます。しかしこれは、足の筋肉が緩んでふらつきやすいということでもあります。特に高齢者の方には、安易にエチゾラムを使用してしまうと転倒や骨折の原因になってしまうこともあり、注意が必要です。

また催眠作用もまずまずありますので、眠りやすくするために服用するという使い方も出来ます。特に不安や焦りなどが眠れない原因であるという場合には、眠る前にエチゾラムを服用する事は有効です。

エチゾラムのデメリットとしては、全体的に効果が強いため、ついお薬に頼りすぎてしまい依存状態になりやすいという点が挙げられます。

即効性や持続性についてはどうでしょうか。

エチゾラムは服用してから約3時間ほどで効果が最大になります。そして半減期(お薬の血中濃度が半分に下がるまでにかかる時間)は約6時間です。半減期はお薬の作用時間と相関するため、作用時間を知る1つの目安になります。

服用してから効果が最大になるまで約3時間かかり、即効性にはそこまで優れるお薬ではありません。

薬効も長くはないため、ワンポイントでの服用(頓用)としてはちょうどよい長さですが、1日を通して効果を安定させるには1日に3回程度に分けて服用する必要があり、手間になります。また作用時間の短いお薬はついつい何度も服用してしまいやすいため、これも依存形成のリスクになります。

以上からエチゾラムの特徴として次のような事が挙げられます。

【良い特徴】

  • 抗不安作用が強く、不安をしっかりと改善させてくれる
  • 筋弛緩作用が強いため、身体をリラックスさせたり肩こりの改善などにも役立つ
  • 催眠作用もまずまずあるため、眠りやすくしてくれる
  • ジェネリック医薬品であり薬価が安い

【悪い特徴】

  • 抗不安効果が強く、作用時間も短いため依存になりやすい
  • 筋弛緩作用・催眠作用からふらつき・転倒や骨折の原因となりうる
  • 効果を持続して安定させるには、3回など1日に複数回服用しないといけない

エチゾラムの特徴を簡単に言うと、「効果は強いけど、副作用にも注意が必要」な抗不安薬だと言えます。強力な抗不安作用・筋弛緩作用は非常に助かるものですが、一方で依存やふらつき・転倒などの副作用も決して軽視はできません。

飲めばしっかりと効果を感じられるため、患者さんからの人気も高いのですが、良く効くからと気軽に頼ってしまうと、のちのち副作用で苦しむことにもなります。

必要以上に多く服薬してしまうと、副作用などの害が多くなってしまいますので、医師と相談しながら必要な量を必要な期間だけの服薬にとどめる事が大切です。

 

2.エチゾラムの抗不安作用の強さ

抗不安薬には、たくさんの種類があります。

それぞれ強さや作用時間が異なるため、医師は患者さんの症状に応じて最適な抗不安薬を選択しています。

たくさんある抗不安薬の中で、エチゾラムはどれくらいの強さになるのでしょうか。

他の抗不安薬と比べると、エチゾラムの抗不安作用(不安を和らげる力)は「強い」と言って良いでしょう。

主な抗不安薬の抗不安作用を比較すると下図のようになります。

抗不安薬作用時間(半減期)抗不安作用
グランダキシン短い(1時間未満)
リーゼ短い(約6時間)
デパス短い(約6時間)+++
ソラナックス/コンスタン普通(約14時間)++
ワイパックス普通(約12時間)+++
レキソタン/セニラン普通(約20時間)+++
セパゾン普通(11-21時間)++
セレナール長い(約56時間)
バランス/コントール長い(10-24時間)
セルシン/ホリゾン長い(約50時間)++
リボトリール/ランドセン長い(約27時間)+++
メイラックス非常に長い(60-200時間)++
レスタス非常に長い(約190時間)+++

(エチゾラムは「デパス」という抗不安薬のジェネリック医薬品ですので、デパスと同じ強さになります)

エチゾラムは抗不安薬の中でも不安を和らげる作用が強いお薬だという事が分かります。

なお、お薬の効きは個人差も大きいため、この表はあくまでも1つの目安に過ぎないことはご了承下さい。

スポンサーリンク

3.エチゾラムは使われる疾患は

エチゾラムはどのような疾患に用いられるのでしょうか。

エチゾラムの添付文書を見ると、適応疾患としては次のように記載されています。

●神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害
●うつ病における不安・緊張・睡眠障害
●心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
●統合失調症における睡眠障害
●下記疾患における不安・緊張・抑うつおよび筋緊張
頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛

難しく書かれていますが、ざっくりと言うと不安・緊張が強くなったり、筋肉の緊張が強くなってきている状態を和らげるために用いるという認識でよいでしょう。

主には神経症やうつ病、心身症といった精神疾患に用いることが多いのですが、筋肉の緊張をほぐす作用も強いため整形外科的な疾患(頚椎症、腰椎症など)にも適応を持っています。

神経症というのは昔の病名ですが、現在でいう「不安障害」におおよそ該当します。不安が病的に高くなってしまい様々な症状が出てしまう疾患で、パニック障害や社会不安障害などがあります。

うつ病に対して対しても適応がありますが、抗不安薬は抗うつ作用があるわけではありません。そのためうつ病そのものを直接治療する事はできませんが、うつ病に伴う不安や緊張、不眠を和らげる作用が期待できます。

心身症とは、こころ(精神)が原因で身体の異常が出てしまう疾患の総称の事です。例えば食生活が悪くて胃潰瘍になるのは心身症ではありませんが、ストレスで胃潰瘍になるのは心身症になります。同じようにタバコで血圧が上がるのは心身症ではありませんが、ストレスで血圧が上がってしまうのも心身症になります。

統合失調症に対しても、統合失調症そのものを治す作用はありませんが、統合失調症に伴う不眠を改善させる作用は期待できます。

ちなみに正常な人にでも不安や緊張はあるものですが、そのような「正常範囲内の不安・緊張」に抗不安薬を用いる事はありません。抗不安薬は正常範囲内の不安にも効果は認めますが、健常者に使っても副作用などのデメリットの方が大きいからです。

不安感があり、医師が「抗不安薬による治療が必要なレベルである」と判断された場合に
エチゾラムなどの抗不安薬が使われます。

また、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛といった筋肉の過緊張によって症状が増悪しやすい疾患に対しても、筋肉の緊張をほぐす目的で処方される事があります。

4.エチゾラムが向いている人は?

エチゾラムはどのような患者さんに向いている抗不安薬なのでしょうか。

エチゾラムは「効果は強いけども、依存・転倒などの副作用にも注意が必要」といった特徴を持つ抗不安薬で、端的に言ってしまえば「ハイリスク・ハイリターン」な側面があります。

効果をしっかり感じられるため、つい使ってしまいやすいお薬ですが、こういった特徴を踏まえると、最初から用いるというよりは、他の抗不安薬で効果が不十分であった際に検討すべきお薬なのではないかと考えます。

まずは効果も副作用もエチゾラムより軽い抗不安薬から始めてみて、それでは効きが不十分であった場合にのみエチゾラムは検討されるべきで、最初から安易に服用するような抗不安薬ではありません。安易な使用は長期的にみて依存性のリスクになります。

また筋弛緩作用が強いことから、特に高齢者の方や足腰の弱っている方への処方は、慎重に行うべきになります。ふらついて転倒してしまうこともありますし、それが原因で骨折などをしてしまえば、寝たきりになってしまう可能性もあります。

ちなみにエチゾラムは、服薬してから血中濃度が最大になるまで約3時間かかり、決して即効性に優れるお薬ではありません。

「エチゾラムはすぐ効く!」と感じている患者さんもいらっしゃいますが、それは全体的な効果が強いから早く効いているように感じているだけで、血中濃度が最大になるまでの時間で考えれば、もっと即効性のある抗不安薬はあります。

例えば、

・クロチアゼパム(商品名リーゼ)
・ブロマゼパム(商品名レキソタン)
・ジアゼパム(商品名セルシン)

などは、服薬してから血中濃度が最大になるまで約1時間であり、エチゾラムよりも即効性があるといえます(もちろん、個人差はあります)。

そのため使用にあたって即効性を求めるのであれば(例えば、緊張するイベントの前に服用したい、など)、デパス以外の即効性に優れる抗不安薬の方が適している可能性があります。

またエチゾラムの半減期は約6時間ほどと長くはないため、1日を通して効果を持続させたい場合は、1日3回に分けて服薬する事となっています。

1日に複数回に分けて服用するのは手間にもなるため、1日を通してしっかりと不安を落ち着かせたい方は作用時間の長い抗不安薬の方が適しているかもしれません。

5.エチゾラムの作用機序

エチゾラムはどのような作用機序を持っているお薬なのでしょうか。

エチゾラムは「ベンゾジアゼピン系」という種類に属するお薬になります。エチゾラムに限らず、ほとんどの抗不安薬はベンゾジアゼピン系になります。

ベンゾジアゼピン系は、脳神経のGABA-A受容体という部位に作用することで、

  • 抗不安作用(不安を和らげる)
  • 筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす)
  • 催眠作用(眠くする)
  • 抗けいれん作用(けいれんを抑える)

の4つの作用を発揮します。

ベンゾジアゼピン系のうち、抗不安作用が特に強いものは「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」と呼あれ、エチゾラムもその1つになります。

ちなみにベンゾジアゼピン系のうち、催眠作用が特に強いものは「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」と呼ばれます。

ベンゾジアゼピン系は、基本的には先に書いた4つの作用を全て持っています。ただし、それぞれの作用の強さはお薬によって違いがあり、抗不安作用は強いけど、抗けいれん作用は弱いベンゾジアゼピン系もあれば、抗不安作用は弱いけど、催眠作用が強いベンゾジアゼピン系もあります。

エチゾラムは、先ほども書いた通り、

  • 強い抗不安作用
  • 強い筋弛緩作用
  • 中等度の催眠作用
  • 弱い抗けいれん作用

を持っています。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい