シアナマイド内用液の効果と特徴【アルコール依存症治療薬】

シアナマイドの効果と特徴

シアナマイド内用液(一般名:シアナミド)は1963年から発売されている抗酒薬になります。「抗酒薬」というと聞き慣れない用語ですが、これはアルコール依存症の治療薬の事です。

アルコール依存症患者さんの数は多く、治療が必要なレベルのアルコール依存症の方は、日本だけでも80万人以上もいると推定されています。

依存症は有効な治療薬が少なく、「本人の意志」が治療において重要になります。しかし「依存性のある物質を断つ」というのは厳しい道のりです。再び依存物質に手を出してしまうケースは多く、治療はなかなか難しいのが現状です。

そのためアルコール依存症の治療では「本人の意志」だけで頑張るのではなく、抗酒薬も上手に利用していく事も有効です。そしてシアナマイドもアルコール依存症の治療に役立つ可能性のあるお薬の1つになります。

シアナマイドはどのような特徴があるお薬なのでしょうか。ここではシアナマイドの効果や特徴についてお話していきます。

スポンサーリンク

1.シアナマイドの効果と特徴

シアナマイドは抗酒薬(こうしゅやく)というアルコール依存症の治療薬になります。

抗酒薬はいくつかのお薬が発売されていますが、作用機序から大きく2つに分ける事が出来ます。

それは、

  • 服用する事で、強制的にアルコールを飲めない状態にするお薬
  • 服用する事で、アルコールを飲みたい気持ち(飲酒欲求)を抑えるお薬

の2つになります。

このうちシアナマイドは前者に該当します。また同様の作用を持つお薬として、ノックビン(一般名:ジスルフィラム)もあります。

一方で後者に該当するお薬には、レグテクト(一般名:アカンプロサート)があります。

シアナマイドの作用を簡単に言うと、アルコールの分解を抑えるお薬になります。シアナマイドを服用するとアルコールが体内で分解されにくくなるため、少量のアルコールを飲んだだけで、大量のアルコールを飲んだ時のような状態になってしまいます。

みなさんもお酒をたくさん飲んでしまった時に、

  • 動悸(脈が速くなる)
  • 呼吸困難(息がしずらくなる)
  • 悪心・嘔吐(気持ち悪くなる)
  • 頭痛

といった不快な症状が出た経験があるかと思います。

シアナマイドを服用すると、ちょびっとのお酒を飲んだだけでこのような不快症状が出てしまうようになるのです。

お酒を少し飲んだだけで不快な症状が出るようになるため、お酒に対して嫌悪意識が生まれ、お酒を飲まなくなるというのが、シアナマイドの狙いになります。

シアナマイドはこのようにアルコール依存症の治療薬として有効なお薬ではありますが、欠点もあります。

「お酒を強制的に飲めなくする」「お酒を飲むと不快反応が生じるようにさせる」という懲罰的な治療薬であるため、

  • そもそも本人がお薬を飲んでくれなければ意味がない
  • お薬を飲んだ上でお酒を大量に飲んでしまうと危険

だという問題点があるのです。

特に外来での治療などでは、お薬を飲むか飲まないかは患者さん本人の意志にかかっています。本人に治療の意志がなければそもそもお薬を飲みませんので、全く効果は出ません。

またシアナマイドを服用した上で大量にアルコールを服用してしまうと、急性アルコール中毒のような状態に至りやすくなります。最悪の場合、命を落とす危険もあり、お薬に対する正しい理解をした上で服用しないと危険なお薬になります。

2.シアナマイドの作用機序

シアナマイドは、どのような作用機序を持っているのでしょうか。

シアナマイドの作用は、はっきりと解明されていないところもあるのですが、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)という酵素のはたらきを抑える事だと考えられています。

シアナマイドは胃から吸収され、N-アセチルシアナミドという物質になります。このN-アセチルシアナミドがアセトアルデヒド脱水素酵素のはたらきを抑えます。

アルコールの成分である「エチルアルコール」は、体内でアセトアルデヒドという物質になります。このアセトアルデヒドは有害物質であり、いわゆる「酔い」の症状を引き起こす物質になります。

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)は、有害なアセトアルデヒドを無害な物質である酢酸に分解する酵素になります。つまりアセトアルデヒド脱水素酵素がしっかりはたらいてくれると酔っ払った時に出てくる不快症状が出にくくなります。

元々体質的にアルコールが強い人、弱い人がいますが、これはアセトアルデヒド脱水素酵素の活性に個人差があるためだと考えられます。

アセトアルデヒド脱水素酵素の活性が高い人は、アセトアルデヒドをすぐに酢酸に分解してしまうため、たくさんアルコールを飲んでも酔いません。

一方でアセトアルデヒド脱水素酵素の活性が低い人は、なかなかアセトアルデヒドを酢酸に分解できないためアセトアルデヒドが体内にたまりやすく、少量のアルコールでも酔ってしまうのです。

そしてシアナマイドはアセトアルデヒド脱水素酵素のはたらきを抑えてしまいます。つまり元々アセトアルデヒド脱水素酵素の活性が高い人も、アセトアルデヒド脱水素酵素の活性が極めて弱くなってしまい、ちょっとでもお酒を飲むと有害物質であるアセトアルデヒドがすぐに体内に蓄積してしまうようになるのです。

すると、少量のお酒を飲んだだけで、

  • 動悸(脈が速くなる)
  • 呼吸困難(息がしずらくなる)
  • 悪心・嘔吐(気持ち悪くなる)
  • 頭痛

といった不快症状が生じるようになります。

このような不快症状が生じると、お酒を飲みたくなくなるため、アルコール依存症治療に効果を発揮するというわけです。

スポンサーリンク

3.シアナマイドはアルコール依存症に効果があるのか

シアナマイドはアルコール依存症の患者さんにどのくらい効果があるのでしょうか。

シアナマイドは確かに服用すればアルコール依存症に効果があります。強制的に飲酒が出来ない身体にしてしまうわけですので、お酒は飲まなくなるでしょう。

実際、シアナマイドを節酒あるいは断酒目的で投与した際の有効率は76.2%と報告されており、良好な結果が得られています。

しかしこれは、本人の意志で断酒しているわけではなく、ただ強制的に飲めない状態にしているだけだという欠点があります。

入院治療などの強制的にお薬を飲ませる事が出来る状況であればその場では有効なのは確かです。しかし、外来治療など本人の意志が重要になってくる状況だと、必ずしも効果が得られるわけではないという事です。

本人に治療する意志がなく、そもそもシアナマイドを服用してくれなければ効果は全く得られません。

このように考えるとシアナマイドはアルコール依存症治療の補助的なものに過ぎません。

本人に治療意欲があり、必要性を感じて服用して頂けるのであれば、アルコールを辞める一助にはなる、というものです。

シアナマイドだけでアルコール依存症を治すのは難しく、断酒教育や自助グループへの参加、精神療法などを併用して本人の断酒の意志を高めていく事も重要になります。

4.シアナマイドの使用方法

シアナマイドはどのように使用するのでしょうか。添付文書には次のように記載されています。

断酒療法として用いる場合には、通常1日50~200mgを1~2回に分割経口投与する。

本剤を1週間投与した後に通常実施する飲酒試験の場合には、患者の平常の飲酒量の十分の一以下の酒量を飲ませる。

飲酒試験の結果発現する症状の程度により、本剤の用量を調整し、維持量を決める。

節酒療法の目的で用いる場合には、飲酒者のそれまでの飲酒量によっても異なるが、酒量を清酒で180mL前後、ビールで600mL前後程度に抑えるには、通常15~60mgを1日1回経口投与する。

飲酒抑制効果の持続するものには隔日に投与してもよい。

シアナマイドには、

  • 断酒(お酒をやめる)
  • 節酒(お酒の量を減らす)

という2つの用途が設定されています。

しかし実際はアルコール依存症の治療をするのであれば「断酒」が原則で、「節酒」はあまり意味がないと考えられています。

そのため臨床での使用の大半は断酒のためです。

断酒の場合、まずは50~200mg/日の量で開始します。

1週間ほどこの量で服用してもらったら、シアナマイドの量をその患者さんの適正量に調整するため、患者さんに少量のアルコールを飲んでもらい、どのくらいの量で不快症状が出現するのかを測定(飲酒試験)し、それによってシアナマイドの量を再調整します。

この飲酒試験は、シアナマイドの服用量を決めるという意図だけでなく、「お酒を飲むとこんなに大変な事が起こるよ」という事を患者さんに意識づける意味もあります。お酒を不快なものだと認識させる事も狙いです。

この飲酒試験は、必ず医療者がいる場所で行う必要があります。シアナマイドを服用中の患者さんはアルコールを分解する力が極めて弱くなっているため、アルコール中毒などに至りやすい状態になっています。そのため、医療者が必ず付き添い、万が一急性アルコール中毒などの症状が出現してしまった場合にすぐに対処できるように準備しておかなくてはいけません。

ちなみにこの飲酒試験、添付文書的には行わなくてはいけない事になっていますが、患者さんにあえて不快症状を生じさせる試験であるため、その意義について疑問視する専門家も多く、実際の現場ではあまり行われていません、

またシアナマイドは、

  • 重篤な心障害のある方
  • 重篤な肝・腎障害のある方
  • 重篤な呼吸器疾患のある方
  • アルコールを含む医薬品・食品・化粧品を使用又は摂取中の方
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

への投与は出来ません(禁忌)。

シアナマイドはアルコール濃度を急激に高める事により、不整脈や肝障害、腎障害、呼吸困難などの症状を引き起こす事があります。元々これらの臓器に異常のある方は危険度が増すため使用する事は出来ないのです。

また妊婦さんの投与に対する安全性は確立していないため、妊婦さんにも使用する事は出来ません。

5.シアナマイドの作用時間

シアナマイドは服用してからどのくらいで効き始めるのでしょうか。またその作用はどのくらい続くのでしょうか。

シアナマイドは即効性に優れる抗酒薬で、服用してから5分ほどで効果が表れ始めます。ただし持続力は長くなく、その効果は服用後1~3時間ほどで最高となり、12時間後には効果が少なくなっていきます。

そして服用してから24時間経つと効果はほとんどなくなると考えられています。

6.シアナマイドとノックビンの違い

抗酒剤にはシアナマイドの他にも「ノックビン(一般名:ジスルフィラム)」があります。

シアナマイドもノックビンも、ともにアセトアルデヒド脱水素酵素のはたらきを抑える事でアルコールを分解させにくくし、お酒を飲めない身体にしてしまう治療薬になります。

このシアナマイドとノックビンはどのような違いがあって、どのように使い分ければいいのでしょうか。

まず効果の強さとしてはノックビンの方が強力です。これはアルコールを摂取した場合により強く不快症状が出現するという事です。シアナマイドはノックビンと比べると穏やかな効きになります。

即効性はシアナマイドが優れます。シアナマイドは服用してから5分ほどで効果が表れますが、一方でノックビンは数日かかります。

そのためすぐに効果が欲しいような状況ではシアナマイドの方が役立ちます。

持続時間はノックビンが優れ、6~14日続くのに対して、シアナマイドは12~24時間になります。

例えば、外出時に飲酒を抑えたいという目的であれば、即効性のあるシアナマイドが良いでしょう。

お薬の飲み忘れが多かったり、服薬コンプライアンスが悪い方であれば長く効くノックビンの方が良好な結果を得られる可能性があります。

このように両者の特性に合わせて使い分けられています。

5.シアナマイドの歴史

抗酒剤であるシアナマイドは、カルシウムシアナミドから生まれたお薬です。

カルシウムシアナミドは肥料に含まれる成分で、肥料を作っている工場などで用いられていました。

この物質の抗酒作用が発見されたのは、肥料工場の職員がなぜかお酒に弱くなる事が知られていたからです。

肥料の中にお酒に弱くなる作用を持つ成分が含まれているのではないかと考えられるようになり、1914年にカルシウムシアナミドの抗酒作用が発見されたのです。

その後、カルシウムシアナミドの抗酒作用がアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)のはたらきを抑える事でアルコールを分解しにくくするためだという事も発見されました。

カルシウムシアナミドは不純物を多く含んでおり、人が服用するのには適さなかったため、より人体への害が少ないシアナミドが精製され、抗酒剤として用いられるようになりました。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい