抗不安薬リーゼの離脱症状と対処法

リーゼの離脱症状

抗不安薬リーゼは、不安感を改善するはたらきがあるおくすりです。穏やかに効き、副作用も少ないため、精神科のみならず、内科などでもよく処方されています。

しかし、リーゼのような「ベンゾジアゼピン系」と呼ばれるおくすりは注意すべき副作用があります。

それは「離脱症状」と呼ばれるものです。

長期間、大量にリーゼの内服を続けていると、次第に身体がリーゼに依存してしまい、やめることが大変になってきます。この状態で無理にやめようとすると気分が悪くなったり、イライラしたり、頭痛や震え、発汗が出現したりと様々な症状が起こることもあり、これは離脱症状と呼ばれます。

ここでは、リーゼをはじめとした抗不安薬の離脱症状の起こしやすさ、離脱症状を起こさないための注意点、また離脱症状が生じてしまった際の対処法などについて説明します。

スポンサーリンク

1.抗不安薬の離脱症状とは?

抗不安薬はすべて、依存形成を起こす可能性を持っています。
リーゼは抗不安薬の中では依存を起こしにくい部類に入りますが、絶対に起こさないわけではありません。

依存というのは、身体がおくすりが入っている状態に慣れきってしまうことです。
この状態になると、少しでもおくすりが入ってこないと不調を感じてしまい、
おくすりを手放せなくなってしまいます。

依存形成された状態で無理にやめたり減らしたりすると、

  • 落ち着きのなさ、イライラ、緊張
  • 頭痛、肩こり
  • 吐き気、悪心、動悸、震え、発汗

などの様々な症状が現れます。

これを「離脱症状」と言います。

依存や離脱症状は、抗不安薬を飲むと必ずなってしまうわけではありません。
必要な期間のみ、必要な量のみの内服であれば起こさないことがほとんどです。

しかし反対に、長期間・大量に服薬を続けていると起きやすいため、
抗不安薬の服薬は医師と相談しながら、決められた量の内服を守ることが大切です。

2.リーゼの離脱症状の起こりやすさ

抗不安薬はすべて離脱症状を起こす可能性がありますが、
起こしやすさはおくすりによってそれぞれ違います。

離脱症状は、

  • 半減期が短いほど起こりやすい
  • 効果が強いほど起こりやすい
  • 量が多いほど起こりやすい
  • 内服期間が長いほど起こりやすい

と言われています。

リーゼは、半減期は6時間ほどと短いものの、効果が弱いため、
離脱症状を起こす頻度はかなり少ない部類に入ります。

大量を長期間飲むということをしていなけば、心配する必要はないでしょう。

スポンサーリンク

3.離脱症状を起こさないためには?

離脱症状を起こさないためには、離脱症状を起こしやすい状態と
逆の状態になるように意識すればいいのです。

離脱症状を起こしやすい特徴は、

  • 半減期が短いほど起こりやすい
  • 効果が強いほど起こりやすい
  • 量が多いほど起こりやすい
  • 内服期間が長いほど起こりやすい

でした。

つまり、これと反対のことを意識すればよいのです。

まず半減期ですが、リーゼの半減期は6時間程度です。
リーゼと同程度の強さの抗不安薬で、これよりも半減期の長いものにすれば離脱症状は少なくなります。

一般的に半減期の短いおくすりは即効性があります。
即効性があると、「効いている!」という感覚が得られやすいため、患者さんに好まれます。

しかし、それは依存形成しやすく、離脱症状を起こしやすいということでもある、ということは
覚えておきましょう。

反対に半減期の長いおくすりは徐々に効いてくるので「効いているのかよく分からないなぁ」と
感じますが、ゆるやかな分、依存形成は起こしにくいのです。

リーゼの内服を続けていて、不安症状が徐々に改善してきたら、
半減期の長い抗不安薬に少しずつ切り替えていくことは良い方法です。

具体的には、リーゼのように効果がマイルドで、かつリーゼより作用時間が長いものと言うと、

  • コントール、バランス(半減期:約10-24時間)
  • セレナール(半減期:約56時間)

などがあります。

また、効果の強さについても、効果の弱いおくすりの方が離脱症状は起きにくいため、
徐々に効果の弱いおくすりに切り替えていくことも有効です。

ただしリーゼは元々、抗不安効果は最弱クラスのため、
更に弱いおくすりに変えるというのは現実的ではないでしょう。

服薬量が多く、服薬期間が長いほど、依存形成や離脱症状につながりますので、
定期的に「リーゼの量を減らせないか?」と検討する必要があります。

「最短1ヶ月で依存形成は起きうる」と指摘する専門家もいますので、
少なくとも2週間に1回くらいは、減薬の検討をすべきです。

ただし、調子がまだ不十分であれば無理して減薬する必要はありません。
あくまでも、漫然とのみつづけないように気をつけるべきということです。

4.離脱症状の対処法

リーゼで離脱症状、というのは実際の臨床ではあまり経験することはありません。
それくらいリーゼの離脱症状の頻度は少ないのです。

しかし可能性は0ではありません。

リーゼを減薬したときに離脱症状が出現してしまったら、どうすればいいでしょうか?
対処法を考えてみましょう。

離脱症状が起きた場合、取るべき方法は二つしかありません。
「様子をみる」か「元の量に戻す」かです。

そして、どちらを選ぶかの判断基準は、離脱症状の程度が「耐えられるかどうか」です。

離脱症状は、身体に入ってくるおくすりの量が急に少なくなった反動で起こります。
しかし人間の身体というのは、徐々に適応していく力を持っていますから、
しばらくすれば、少なくなったおくすりの量に慣れてきます。

それまで様子を見れるのであれば、我慢してもよいでしょう。

個人差はありますが、離脱症状のピークは1週間程度で、
これを過ぎると徐々に程度は軽くなってきます。

ただし、中には3か月など長く続くケースもありますので、
無理をして我慢をしないようにしてください。

様子をみれるレベルの軽い離脱症状であれば、少しの間様子をみて、
離脱症状が治まるのを待ってもいいでしょう。

もう一つの方法は、「元の量に戻す」ことです。
おくすりを減らしたのが原因なので、おくすりの量を戻せば離脱症状は改善します。
当たり前ですね。

まずは元の量に戻して、1-2週間は様子をみてください。

その後、再び離脱症状を起こさないために、
次のいずれかの方法を取りながら再挑戦してください。

Ⅰ.より緩やかに減量する

減らしていく量を細かく刻めば刻むほど、反動が少なくなり、
離脱症状も起こしにくくなります。

例えば、リーゼ15mgから10mgに減薬して離脱症状が出現したのであれば、
12.5mgを経由してから10mgに減らすようにしてください。

専門書によっては「10%ずつ減らしていきましょう」と書いてあるものもあります。
15mg内服しているなら、1.5mgずつ減らしていくということですね。
気が長くなりますが、ここまで刻めばまず離脱症状は起こさないでしょう。

また、期間も重要です。

例えば、1週間ペースで減薬していって離脱症状がでてしまうのであれば、
2週間や4週間ペースに伸ばしてみましょう。

Ⅱ.半減期の長い抗不安薬に切り替えてから減薬する

前述したように、半減期の長い抗不安薬の方が離脱症状を起こしにくいという特徴があります。

そのため、半減期の長いおくすりに一旦切り替えてから減薬すると
上手くいくことがあります。

例えば、リーゼ(半減期6時間)からコントール(半減期10-24時間)に切り替える方法で考えてみます。
リーゼ15mgを服薬していたとしたら、同程度のコントールだと30mgくらいになりますので、
コントール30mgへ切り替えます。

コントールに慣れるため1-2週間は様子をみます。

その後、コントールを20mg、10mgと減らしていくのです。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい