ランドセンの依存性の強さと依存にならないために気を付ける事

ランドセン(一般名:クロナゼパム)はベンゾジアゼピン系抗てんかん薬に属し、けいれんを抑える作用を持ちます。またそれ以外にも不安を和らげる作用や筋肉の緊張をほぐす作用、眠くする作用を持つため、不安・緊張を和らげるためにも用いられます。

ベンゾジアゼピン系には依存性があることが知られており、ランドセンにも依存性があります。

依存は注意すべき副作用ではありますが、ランドセンを飲めば必ず依存してしまうわけではありません。使い方を間違えずに、必要な期間のみ正しく使えば依存を過度に恐れることはありません。

ここではランドセンの依存性の強さについて、また依存にならないために気を付けることについてお話します。

スポンサーリンク

1.ランドセンの依存性の強さ

ランドセンをはじめとしたベンゾジアゼピン系には、全て依存性があることが知られています。

ランドセンにも確かに依存性があります。そしてその程度はベンゾジアゼピン系の中では「少なめ」だと考えられています。そのため医師の指示のもとで適切に服薬しているのであれば、依存を過度に恐れる必要はありません。しかし依存性がないわけではないため、多量に服用したり乱用しないようには注意が必要です。

依存というのは、その物質(ここではランドセンのこと)が無いと落ち着かなくなってしまい、常にその物質を求めてしまう状態です。依存は正確に言うと身体依存と精神依存がありますが、どちらも「その物質がないと落ち着かなくなってしまう」ということでは同じです。

【身体依存】
その物質がないと、身体的な症状が出てしまう事。例えば、動悸がしたりふるえが生じたり発汗がひどくなったりなど。

【精神依存】
その物質がないと、精神的な症状が出てしまう事。例えば、ソワソワしたりイライラしたりなど。

アルコール依存であればアルコールが無いと落ち着かず常に飲酒してしまう状態、ゲーム依存だったらゲームをしていないと落ち着かずにゲームが手放せなくなってしまう状態が「依存」です。同じようにランドセンの依存とは、ランドセンに頼り切ってしまい、手放せず、いつまでたっても服薬を止められない状態のことです。

ベンゾジアゼピン系依存の生じやすさは、

  • 効果が強いほど生じやすい
  • 半減期(=お薬の作用時間の目安)が短いほど生じやすい
  • 服薬期間が長いほど生じやすい
  • 服薬している量が多いほど生じやすい

と言われています。

効果が強いと、「効いている!」という感覚が得やすいので、つい頼ってしまいやすくなり依存もしやすくなります。半減期が短いとお薬がすぐに身体から抜けてしまうので服薬する回数が多くなり、これもまた依存しやすい原因となります。また、飲んでいる期間・量が多ければ多いほど、身体がどんどんお薬に慣れきっていくため、依存に至りやすいのです。

ランドセンはというと、抗不安作用は強めですが半減期が約27時間前後と長めのお薬になります。

このような特徴から、ランドセンは依存性はあるものの、その強さはベンゾジアゼピン系の中ではあまり高くはありません。

しかし注意点もあります。一般的な抗不安薬は依存性などの問題から、1回の診察で30日以上の処方が出来ないという処方制限がかかっています。しかしランドセンは分類上は「抗てんかん薬」であり、てんかんの患者さんにも用いられているため1回の診察で90日まで処方でき、処方制限が他の抗不安薬よりもゆるくなっています。これによって、つい長期間の服用になりやすい傾向もあります。

依存性が無いわけではないため、服薬期間や服薬量を適宜見直しながら、漫然と飲み続けないように気を付けて使っていく必要があります。

2.依存にならないために気を付ける事

アルコール依存の方が、アルコールをやめるのはかなり大変です。何とかやめれたとしても、多くの方はしばらく経つとまたアルコールを飲んでしまいます。一度依存になってしまうと、そこから抜け出すのはかなりの労力を要するのです。

そのため、依存になってから焦るのではなく、「依存にならないように注意する」という予防が何よりも大切になります。

依存にならないためには、どんなことに気を付ければいいでしょうか。

先ほど、依存になりやすい特徴をお話ししました。

復習すると、

  • 効果が強いほど生じやすい
  • 半減期(=お薬の作用時間の目安)が短いほど生じやすい
  • 服薬期間が長いほど生じやすい
  • 服薬している量が多いほど生じやすい

でした。

これと反対のことを意識すれば、依存は生じにくくなると言えます。つまり、

  • 効果が弱い抗不安薬を選択する
  • 半減期が長い抗不安薬を選択する
  • 服薬期間はなるべく短くなるようにする
  • 服薬量をなるべく少なくなるようにする

ということです。

ひとつずつ、詳しく説明しましょう。

Ⅰ.効果が弱い抗不安薬を選択する

必要な抗不安薬の中で、極力弱いものを選ぶことは安全性の上で大切です。

仮に、あなたの不安感が数値で「5」であったとして、「10」の強さがある抗不安薬を服薬していたとしたら、それは強すぎです。「5」の強さの抗不安薬で充分ですよね。

もちろん、弱めすぎる必要はありません。

「5」の強さの不安があるのに、「2」の強さしかない抗不安薬を使っていたら症状が取れません。これでは苦しいですし症状が取れないから病気もいつまでも治りません。

この場合はもちろん強めて構いませんが、必要以上に強いお薬を使うのはよくない、ということです。

一般的にランドセンの抗不安作用は強力です。強い不安感がある時に、ランドセンでしっかりと不安を取ってあげるのは良いのですが、不安が軽くなってきているのに、いつまでも強いランドセンを漫然と続けるのは良くありません。

主治医と相談しながら定期的に「より弱い抗不安薬に切り替えられないか」と検討することは依存を生じさせないために大切です。

Ⅱ.半減期が長い抗不安薬を選択する

依存形成という面でみれば、半減期の長いお薬の方が依存になりにくいようです。

半減期というのは、そのお薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、そのお薬のおおよその作用時間の目安として用いられています。

一般的に半減期が短いお薬というのは、すぐに効き、すぐに効果がなくなります。すぐ効くため「効いてきた!」という実感を得やすいので、つい頼ってしまいやすくもあります。また、すぐに効果が消えてしまうため、何度も服薬をしてしまいがちです。

反対に半減期の長いお薬は、ゆっくり効いてきて、ゆっくり身体から抜けます。じわじわ効いてくるため「効きがよく分からない」というのがデメリットですが、依存にはなりにくいというメリットがあるのです。

ランドセンの半減期は約27時間と長いお薬です。そのためランドセンに関して言えば、ここはあまり気にしなくても良いでしょう。

ちなみにランドセンより半減期の長い抗不安薬(メイラックス、レスタスなど)もありますので、状況的に変薬できるようであれば主治医と相談の上で検討することもできます。半減期が長いと依存性という点では軽くなりますが、効果がだらだらと続いてしまうため眠気やだるさが持ち越しやすいというデメリットもあります。依存性だけでなく、総合的に考えて変薬すべきかは考えるようにしましょう。

Ⅲ.服薬期間はなるべく短くなるようにする

抗不安薬は漫然と飲み続けてはいけません。

ベンゾジアゼピン系は1か月で依存性が形成される、と指摘する専門家もいます。もちろん種類や量によるので一概には言えませんが、長期間飲めば依存形成が生じやすくなるのは間違いありません。

病気の症状がつらく、抗不安薬が必要だと判断される期間に服薬をするのは問題ありません。この期間は、病気の症状を取ってあげるメリットと依存形成のデメリットを天秤にかけてメリットの方が大きいと判断されれば、服薬はすべきです。

しかし、良くなっているのにいつまでも「なんとなく」「やめるのも不安だから」という理由で服薬を続けるのは注意です。特に元々不安が強い性格傾向の方は、こういった理由で減薬を先延ばしにしてしまい、結果として依存が形成されてしまう事が少なくありません。

せっかく調子が良くなってきたのにお薬を減らすのは心配だという気持ちはよく分かります。しかしベンゾジアゼピン系は「飲み続ける」ことにもリスクがあるのだという考えを持ち、専門家である主治医が減薬を提案したのであれば、なるべく指示に従うようにしましょう。

基本的に抗不安薬は、ずっと飲むものではありません。症状が特につらい期間だけ服薬する「一時的な補助薬」だという認識を持ちましょう。

症状や病気が改善してきたら定期的に主治医と「量を減らせないだろうか?」と検討してください。

Ⅳ.服薬量をなるべく少なくなるようにする

強い不安感があると、ついつい「不安を取りたい!」とたくさんのお薬を飲みたくなります。しかし、服薬量が多ければそれだけ依存になりやすくなります。

服薬量は必ず主治医が指定した量を守ってください。医師は依存性のリスクも常に念頭に置きながら服薬量を決めています。それを勝手に2倍飲んだり3倍飲んだりすれば、急速に依存が形成されてしまいます。

また、症状や病気が改善してきたら定期的に「抗不安薬の量を減らせないだろうか?」と検討してみてください。

スポンサーリンク

3.依存しやすい性格の方は特に注意

依存には、性格も関わってきます。

性格を変えることは、かんたんには出来ませんが、「自分の性格は依存になりやすいから特に注意しなくてはいけない」と意識しておくだけでも違います。

ではどのような性格の方が依存になりやすいのでしょうか。

Ⅰ.依存的な性格

そのままの名前の性格傾向ですが、何かストレスを受けた時に、他者や物に頼ってしまいやすい性格傾向のある方は注意が必要です。

ストレスを受けた時、自分で何とかしようと努力する前に、つい

  • 誰かに助けを求めてしまう
  • パチンコ、アルコールなどに逃げてしまう

などの性格傾向がある方は注意が必要です。

このような性格傾向が強い方は、なるべくベンゾジアゼピン系を使わないようにした方がいいかもしれません。

Ⅱ.神経症傾向

いわゆる「心配症」などの性格傾向の事です。

この性格傾向は難しいところで、この神経症傾向というのは不安障害(パニック障害、社会不安障害、全般性不安障害など)になりやすい性格傾向でもあるのです。

そして不安障害の治療にはランドセンのようなベンゾジアゼピン系を使うことが少なくないため、

「神経症傾向の方にはベンゾジアゼピンが治療薬としてよく使われるけども、依存にもなりやすい」

というジレンマを含んでいます。

神経症傾向の人全てにベンゾジアゼピン系を使わない、というのは現実的ではないでしょう。しかし処方する際に「依存性のリスクが高い」という認識を特に強く持ち、より慎重に使用していく必要はあるでしょう。

4.依存を過剰に怖がるのも問題

抗不安薬や睡眠薬の依存は社会問題にもなっており、しばしば新聞などのメディアでも取り上げられています。

そのためか、最近は依存性を過剰に怖がって、「依存が怖いから精神科のお薬は一切飲みたくありません!」と言う方もいらっしゃいます。

もちろんお薬を飲まないで治るのであれば、飲まないに越したことはありません。しかし、診察した医師が「お薬を使った方が良い」と判断する状態なのであれば服薬は前向きに検討してみてください。

服薬した方が総合的なメリットは高い、と判断したから主治医はそのように言っているのです。

精神科のお薬を飲むと絶対に依存になると怖がる人がいますが、そんなことはありません。むしろ、医師の指示通りの量を、決められた期間だけ服薬していただけであれば、依存にならない人の方が圧倒的に多いのです。

依存になるのは、医師の指示を守らずに

  • 勝手に量を調節してしまう
  • 医師が減薬を勧めても、「薬をやめるのが不安」と現状維持を希望する
  • 定期的に来院せず、服薬も飲んだり飲まなかったりバラバラ

などの方がほとんどです。

依存形成を起こす身近な物質にアルコールがありますが、「アルコール依存になるのが怖いから、飲み会は欠席します!」という人はいないと思います。アルコールに依存性があることは多くの方が知っているはずですが、なぜアルコールは怖がらないのでしょうか?

それは、アルコールは依存にはなる可能性がある物質だけど、適度な飲酒を心掛けていれば、依存になることなどないからです。そしてほとんどの人は節度を持った飲酒が出来ており、依存になりません。

アルコール依存になるのは、

  • 度を越した飲酒をし続ける人
  • 周囲や医師が「飲酒を控えて」とアドバイスしても聞かない人

ですよね。

アルコールだって、抗不安薬だってその点は同じです。

アルコールは依存なんて気にせず飲むのに、抗不安薬になると「依存になる!」と過剰に怖がるのは、私たち専門家から見るとなんだか不思議に感じます。

アルコールとベンゾジアゼピン系抗不安薬のどちらが依存性が強いか、というのは研究によって様々な結果が出ていますが、おおむねの印象としては「ほぼ同等か、アルコールの方が若干強い」と思われます。

もちろんお薬を飲まないに越したことはないのですが、必要がある期間はしっかりと内服することも大切です。

そして専門家である医師の指示をも守って、必要な期間・必要な量だけ服薬するのであれば、依存は過剰に怖がるものではありません。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい