増えている「キレる子供」「学級崩壊」の解決策を探る

children

「キレる子供たち」 「学級崩壊」

最近、このようなニュースをよく目にします。

文部科学省がまとめた統計結果によると、 ここ10年で小学生の学校内暴力は6倍にも増加しているそうです。

それを受けてか、昔は児童精神の治療というと大学病院や児童専門病院を受診してもらうことがほとんどでしたが、最近ではメンタルクリニックで子供の診察・治療をする機会が
増えてきたと感じます。

こういった子供たちはどうして増えているのでしょうか?また、私たちができることは何かあるでしょうか?

スポンサーリンク

1.こころの傷は大人になってからも影響する

うつ病などの精神疾患で訪れる患者さんは 子供の頃の不安定なエピソードを持つことが少なくありません。子供の頃に体験したエピソードは、本人が意識していなくてもその後の人生に大きく影響してしまうのです。

小学校の時に誰かに傷つけられた、あるいは傷つけた。

こういったエピソードは、彼らが大人になったとき、こころに悪影響をきたしてしまう可能性が高いといえます。

私たちは、精神科・心療内科を訪れる患者さんに必ず生育歴を聞きます。その中で、子供のころにいじめや暴力などの精神的な外傷体験が無かったかどうかを聞くのですが、そこで「子供のころに非常につらい思いをしたことがある」と答える患者さんの数は多いのです。

子供のころにつらい神的な外傷体験をしてしまうと、大人になってからもうつ病などの精神疾患にかかりやすくなるという事を、私たちは臨床経験から感じています。

なので、このような想いをしてしまう子供は一人でも減らさなくてはいけません。彼らに、10年後20年後、苦しい想いをさせるわけにはいかないのです。

私たちには何ができるでしょうか?

2.データからみる小学生の暴力

文部科学省が2012年度に発表した統計によると、「小学生が起こした暴力」は年間8、296件であり、これは10年前と比べると約6倍だそうです。中学生・高校生も、「中学生が起こした暴力」は38,218件、「高校生が起こした暴力」は9、323件、と多いのですが、これらは毎年減少傾向にあります。

小学生と中高生では、暴力を起こす背景が大きく異なります。中高生(特に中学生)は、「不良」「ワル」に憧れる年頃であり、このような憧れを真似ての暴力が多い特徴があります。

実際、中高生の「不良」「ヤンキー」を題材にした漫画、映画は数多くあります。中高生のころは多くの子供が「ワルくて危険な匂いがするやつ」に憧れます。

しかし小学生の暴力は、このような憧れからの暴力ではなく、純粋に「キレて起こした暴力」が多いのです。小学生の暴力の内容の詳細は下記のように報告されてます。

・生徒に対する暴力:5371件(うち、治療を受けるほど重篤であったものは826件)
・ものに対する暴力:1725件
・教師に対する暴力:1330件 (うち、治療を受けるほど重篤であったものは160件)

相手を病院送りにするほどの暴力も少なくありません。同じ生徒のみならず、教師相手にも暴力を起こし、教師を傷つける例もあります。

また、暴力を起こす子供の特徴も昔と変わってきています。昔は、「元々素行の悪い子供の暴力」が多かったのですが、最近は「普段は優等生でいい子だった子供が突然キレる」という事例が多くなっているようです。

スポンサーリンク

3.精神科医として感じる、子供の暴力の原因

子供が「キレてしまう」「暴力を振るう」原因はたくさんあると思います。

その中で、私が「キレやすい子供」の診察を通して感じた「キレる原因」と「有効な対策」を書いてみたいと思います。

私が一番強く感じる原因は、

本来であれば、子供を正しく教育すべき「大人」がその責任を果たせていないこと

ではないかと考えてます。

現代はとてもストレスのかかる時代です。大人にとってもそれは同様で、精神的に疲弊している大人の数はどんどん増えていますし、事実、精神科・心療内科を受診する患者さんの数は毎年増加傾向です。

自分自身が大きなストレスを抱えている中で、 子供に十分な教育・指導ができるか?というと、それはなかなか難しいのが実情でしょう。

事実、暴力を奮う子供の親はシングルマザーで疲弊している方であったり、仕事が忙しく十分に子供に時間をとってあげられない親であることが多いです。

一概には言えませんが、親の精神的な余裕のなさ。そしてそれを気遣って想いを訴えられない子供たち。そのたまったストレスが暴力となって吹き出てくることは一因として考えられるのではないでしょうか。

子供はまだ未熟であるため、何か伝えたいことがあっても、うまく説明することが出来ません。それを理解してあげるには時間をかけて聞いてあげるしかありません。しかし、疲れている時に時間をかけて聞くということはなかなかきついものがあります。

途中で「もう私だって疲れてるんだからいい加減にして!」と怒ってしまったり、じっくりと話して教育すべきところを体罰で安易に解決してしまったりすると、子供も「気に入らなければ暴言を吐けばいい」「暴力で解決すればいい」と覚えてしまいます。

理想論ではありますが、

・子供の訴えを時間をかけて聞いてあげること
・子供に自分の気持ちを上手に話す訓練をしてあげること

をしてあげることができれば、子供の暴力は大きく減らす事ができると思うのです。

これは精神的に余裕のない親が一人でするには労力が大きすぎる作業です。無理して一人でやるのではなく、自分一人じゃ難しい、と感じたら様々な人にも協力してもらいましょう。

父親はもちろん、学校の先生や保健室の先生に協力してもらってもいいし、市の相談窓口を利用したり、私たちこころのプロフェッショナルに相談していただいてもいいと思うのです。

実際、精神科・心療内科につれてこられたお子さんは、最初は私たちに対して、敵対心をむき出しにし、こちらの言うことを全く聞いてくれませんが、時間をかけて一生懸命お子さんの話に耳を傾け続けていると、ほとんどの子は次第に素直に気持ちを話してくれるようになります。

こうなると、みなさん非常に素直でいい子ばかりです。「これは本当に治しようがない子だ・・・」と思うような子なんて、ほとんどいません。

子供が自分の気持ちをしっかりと伝えられるような「場」を作ってあげましょう。無理して親一人で抱え込む必要はないのです。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい