レキソタンの離脱症状と対処法【医師が教える抗不安薬のすべて】

レキソタンの離脱症状

レキソタンはベンゾジアゼピン系抗不安薬に属するお薬で、主に不安を和らげる作用を持ちます。

強力な抗不安作用を持っていて頼れるお薬になりますが、レキソタンは効果が強い分、副作用もやや多い傾向があります。

ベンゾジアゼピン系の注意すべき副作用の1つに「離脱症状」があります。

離脱症状は依存性が形成されてしまうと生じる副作用で、心身の両方につらい症状が出現します。

ここではレキソタンの離脱症状について詳しく説明し、それぞれの抗不安薬の離脱症状の起こしやすさの比較、離脱症状を起こさないための注意点、離脱症状が生じてしまった際の対処法などを紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

1.レキソタンの離脱症状とは?

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬はすべて離脱症状を起こす可能性があります。

離脱症状は、抗不安薬を減薬・中断した時に起こる様々な症状の事で、抗不安薬の血中濃度が急激に変化することに身体がついていけないために生じます。

抗不安薬を長期間あるいは大量に服薬する事を続けていると、徐々に私達の脳は、「このお薬は毎日身体に入ってくるものなんだ」と認識するようになります。

こうなってしまうと、そのお薬が入ってくる前提で身体の様々な働きを調整するようになります。逆に言えば、そのお薬がないと身体の諸機能を調整できない状態になってしまうという事であり、これは「そのお薬に依存している」状態であると言えます。

このような状態の時に、急に抗不安薬を減薬・中断したらどうなるでしょうか。

身体の様々な機能が調整できなくなる事は明らかです。その結果、身体に様々な不具合が生じ、様々な症状が生じてしまうのです。

これが離脱症状の正体です。

離脱症状では様々な症状が出現しますが、代表的なものとして、

  • 落ち着きのなさ、イライラ、緊張といった精神症状
  • 頭痛、肩こり、吐き気、悪心、動悸、震え、発汗といった身体症状

などが挙げられます。

離脱症状は、抗不安薬を減らすと必ず起こるわけではありません。むしろ医師の指示のもと、正しい服薬・減薬をしていれば起こさない方が多いです。

長期間・大量に服薬を続けていると起こりやすいため、抗不安薬の服薬は医師と相談しながら、決められた量の内服にとどめることが大切です。

2.レキソタンの離脱症状の起こしやすさ

抗不安薬はすべて離脱症状を起こす可能性がありますが、起こしやすさはお薬によってそれぞれ違います。

離脱症状は、

  • 半減期が短いほど起こりやすい
  • 効果が強いほど起こりやすい
  • 量が多いほど起こりやすい
  • 内服期間が長いほど起こりやすい

という事が分かっています。

レキソタンはというと半減期は約20時間と長いものの、効果が強力であるため離脱症状の起こしやすさは「やや多め」となります。強力な効果を持つため、減薬した時の反動が大きいのです。

なるべく離脱症状を起こさないようにするためには、必要以上に大量に飲んだり、漫然と長期間飲み続けたりしないようにしましょう。

スポンサーリンク

3.レキソタンで離脱症状を起こさないためには

レキソタンで離脱症状を起こさないためには、どんな事に気を付ければいいでしょうか。

離脱症状の起こしやすさをもう一度見てみましょう。

  • 半減期が短いほど起こりやすい
  • 効果が強いほど起こりやすい
  • 量が多いほど起こりやすい
  • 内服期間が長いほど起こりやすい

でした。

つまり、これと反対の状態を目指せば離脱症状は起きにくいという事になります。

具体的に言うと、

  • 半減期を長くする
  • 効果を弱くする
  • 量を少なくする
  • 内服期間を短くする

ことで、離脱症状を起こしにくくすることができます。ひとつずつ、詳しくみていきましょう。

Ⅰ.半減期を長くする

まず半減期ですが、レキソタンの半減期は20時間程度です。長めの半減期を持つお薬ですので、ここはあまり気にしなくてもいいでしょう。

しかし、少しでも離脱症状を起こしにくくしたいという事であれば、半減期がより長い抗不安薬に変えるのはひとつの方法になります。

一般的に半減期の短いお薬は即効性があります。即効性があると、「効いている!」という感覚が得られやすいため患者さんに好まれます。

しかし、それは依存形成しやすく、離脱症状を起こしやすいということは覚えておく必要があります。

反対に半減期の長いお薬は徐々に効いてくるので「効いているのかよく分からないなぁ」と
感じますが、ゆるやかな分だけ依存は形成しにくいのです。

Ⅱ.効果を弱くする

効果の弱いお薬の方が離脱症状は起きにくいと考えられています。効果が弱いと身体に及ぼす変化も少ないため、反動が生じにくいのです。

そのため、病気の症状が落ち着いてきたら徐々に効果の弱いお薬に切り替えていくことは、後々の離脱症状の予防のために有効です。

レキソタンは抗不安作用が強力であるため、漫然と使用を続けることは特に避けなければいけません。

定期的に病気の経過を見直し、お薬を弱めることができそうであれば、より抗不安作用の弱いお薬への切り替えを検討してみましょう。

Ⅲ.量を少なくする、服薬期間を短くする

服薬量が多く服薬期間が長いほど、依存形成や離脱症状につながりますので、定期的に「量を減らせないか?」と検討することも必要です。

「最短1ヶ月で依存形成は起きうる」と指摘する専門家もいますので、少なくとも2週間に1回くらいは、減薬ができないか検討すべきです。

ただし、調子がまだ不十分であれば無理して減薬する必要はありません。あくまでも、漫然と飲み続けないように気をつけるべきということです。

4.離脱症状の対処法

レキソタンは効果が強力である分、減薬時の反動が大きく離脱症状で苦しむケースは時々経験します。

レキソタンの減薬時に離脱症状が出現してしまったら、どうすればいいでしょうか?

対処法を考えてみましょう。離脱症状が起きた場合、実は取るべき方法は二つしかありません。離脱症状はお薬を減薬・断薬した時に生じますので対処法は、「様子をみる」か「元の量に戻す」かのどちらかしかありません。

そしてどちらを選ぶかの判断基準は、生じた離脱症状の程度が「耐えられるかどうか」になります。

離脱症状は、身体に入ってくるお薬の量が急に少なくなった反動で起こります。しかし人間の身体というのは、徐々に新しい環境に適応していく力を持っていますから、しばらくすれば、少なくなったお薬の量に慣れてきます。

それまで様子を見れそうな程度の症状であれば、我慢してもよいでしょう。

個人差はありますが離脱症状のピークは1週間程度で、これを過ぎると徐々に程度は軽くなってきます。

ただし、中には3か月など長く続くケースもありますので、無理をして我慢をしないようにしてください。

様子をみれる程度の軽い離脱症状であれば、少し様子をみて離脱症状が治まるのを待ちましょう。

もう一つの方法は、「元の量に戻す」ことです。

生じた離脱症状の程度が強く、耐えられないようであれば元の量に戻します。お薬を減らしたのが原因なので、当然、お薬の量を戻せば離脱症状は改善します。

元の量に戻したら、少なくとも1~2週間はそのままの量で様子をみてください。その後、再び離脱症状を起こさないために、次のいずれかの方法を取りながら再挑戦してください(必ず主治医と相談の上で行って下さい)。

Ⅰ.より緩やかに減量する

減らしていく量を細かく刻めば刻むほど、反動が少なくなり、離脱症状も起こしにくくなります。

例えば、レキソタン15mg/日から10mg/日に減薬して離脱症状が出現したのであれば、12mg/日や12.5mg/日など、より細かく刻んで減薬をしなおします。

専門書によっては「10%ずつ減らしていきましょう」と書いてあるものもあります。15mg/日を内服しているなら、1.5mgずつ減らしていくということですね。気が遠くなりますが、ここまで細かく刻めば離脱症状は起こさないでしょう。

ちなみに錠剤では細かい調整ができないため、細かく刻んで減薬するならば薬局で錠剤を粉砕してもらって粉にするのがおすすめです。

また、期間も重要です。

例えば、1週間ペースで減薬していって離脱症状がでてしまうのであれば、2週間や4週間ペースに伸ばしてみましょう。

Ⅱ.半減期の長い抗不安薬に切り替えてから減薬する

前述したように、半減期の長い抗不安薬の方が離脱症状を起こしにくいという特徴があります。

そのため、半減期の長いお薬に一旦切り替えてから減薬すると上手くいくことがあります。

例えば、レキソタン(半減期20時間)からメイラックス(半減期122±58時間)に切り替える方法で考えてみます。

レキソタン10mg/日を服薬していたとしたら、同程度のメイラックスだと2mgくらいになりますので、メイラックス2mgへ切り替えます(実際に切り替える用量は症状や主治医の判断によって差があります)。

メイラックスに慣れるため1~2週間はそのまま様子をみます。

その後、メイラックスを1.0mg、0.5mgと減らしていくのです。

あるいはメイラックスは半減期が長いので、2日に1回服薬、3日に1回服薬、と減らしていってもいいでしょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい