レキソタンの眠気と対処法【医師が教える抗不安薬のすべて】

レキソタンの眠気

レキソタンは抗不安薬と呼ばれるお薬で、不安を和らげる作用を持ちます。

抗不安薬は心身をリラックスさせる事で不安を和らげるため、時に眠気を引き起こしてしまうことがあります。

ちょっと眠くなるくらいなら良いのですが、時には生活に支障をきたすほどの強い眠気が生じてしまうこともあり、これは問題となります。

レキソタンでこのような眠気はなぜ生じるのでしょうか。また眠気が生じた時に有効な対処法はあるのでしょうか。

ここではレキソタンで眠気が生じる理由や、その対処法について考えていきます。

スポンサーリンク

1.レキソタンはなぜ眠くなるのか?

レキソタンで眠気の副作用が生じるのは何故でしょうか。

レキソタンは「ベンゾジアゼピン系」という種類に属する抗不安薬です。

ベンゾジアゼピン系の作用機序は、脳のGABA-Aという受容体を刺激する事だと言われています。

GABA-A受容体は「抑制系受容体」と呼ばれており、脳や身体を鎮静させる方向にはたらきます。GABA-A受容体のはたらきを増強することで心身に次の4つの作用をもたらします。

  • 抗不安作用(不安を和らげる)
  • 催眠作用(眠くする)
  • 筋弛緩作用(筋肉の緊張を和らげる)
  • 抗けいれん作用(けいれんを抑える)

ベンゾジアゼピン系と呼ばれるお薬は、どれもこの4つの作用を持っており、それぞれの作用の強さはお薬によって異なります。

ベンゾジアゼピン系のうち、抗不安作用に優れるものは抗不安薬と呼ばれ、催眠作用に優れるものは睡眠薬と呼ばれ、筋弛緩作用に優れるものは筋弛緩薬と呼ばれ、抗けいれん作用に優れるものは抗けいれん薬と呼ばれています。

レキソタンはベンゾジアゼピン系の中で抗不安作用に特に優れるため、抗不安薬と呼ばれているのです。

しかし抗不安作用が特に優れているだけで、その他3つの作用がないわけではありません。レキソタンにも筋弛緩作用や催眠作用、抗けいれん作用があります。

レキソタンを内服して眠くなるのは、レキソタンがGABA-A受容体を刺激することで、抗不安作用だけではなく、催眠作用も引き起こしてしまうからなのです。

つまり眠気の副作用はベンゾジアゼピン系であれば程度の差はあれ、すべてのお薬で起こり得るということです。

2.各抗不安薬の眠気の比較

レキソタンの眠気の程度は、他のベンゾジアゼピン系抗不安薬と比べるとどの程度なのでしょうか。

それぞれの抗不安薬の眠気の起こりやすさは、おおよそ次のようになります。

【抗不安薬名】【抗不安作用/作用時間】【眠気】
リーゼ+ / 6時間±
デパス+++ / 6時間+++
ソラナックス/コンスタン++ / 14時間++
ワイパックス+++ / 12時間++
レキソタン/セニラン+++ / 20時間++
セパゾン++ / 11-21時間++
セレナール+ / 56時間+
バランス/コントール+ / 10-24時間+
セルシン/ホリゾン++ / 50時間+++
リボトリール/ランドセン+++ / 27時間+++
メイラックス++ / 60-200時間+
レスタス+++ / 190時間++

お薬の効きには個人差がありますので、必ず表の通りになるわけではありませんが、一般的な眠気の強さとしてはこのようになります。

作用(不安を和らげる強さ)が強いほど、副作用(眠気など)も多くなる傾向があるため、強力な抗不安作用を持つレキソタンは、眠気もやや強めに出てしまう事が多いようです。

スポンサーリンク

3.レキソタンで眠気が生じたときの対処法

抗不安薬で生活に支障が出るくらいの眠気が出てしまったら、どうすればいいしょうか。臨床でよく用いられる対処法を紹介します。

なお、これらの対処法は独断では行わず、必ず主治医と相談の上で行うようにして下さい。

Ⅰ.様子をみる

あらゆる副作用に言えることなのですが、「少し様子をみてみる」というのは実は有効な方法です。

特に内服をはじめて間もない場合は、身体がお薬に慣れていないために副作用が強く出てしまうことがあります。

この場合は、1~2週間待つとお薬が身体になじんできて、副作用が徐々に軽くなってくることがあります。

なんとか耐えられる程度の眠気なのであれば、少し様子をみてみるのも手です。

Ⅱ.服薬量を減らす

量を減らせば、眠気の程度は軽くなります。効果も弱くなってしまうというデメリットがありますが、副作用で困っている場合は検討されます。

副作用が強く出すぎている場合、「お薬の量が多すぎる」という可能性があります。この場合は、お薬の量を減らした方がかえって良いこともあるのです。

服薬量が今の自分にとっての適正量なのか定期的に主治医と相談し、服薬量の見直しを行ってみましょう。

Ⅲ.服薬時間を変えてみる

服薬する時間を変えれば、眠気が起こる時間をずらすことができます。

例えばレキソタン2mgを毎食後(6mg/日)服薬していて、日中の眠気が強くて困っている場合を考えてみましょう。

この場合、昼食後の服薬を中止して朝・夕食後にそれぞれ3mgずつの服薬にしてみるといいかもしれません。

昼食後のお薬がなくなるため午後の不安感の悪化は心配ですが、レキソタンは半減期が20時間あるお薬ですので、1日2回の副作用でもしっかりと効果が持続する可能性は十分にあります。

Ⅳ.抗不安薬の種類を変えてみる

お薬は、効きに個人差があります。特に精神科のお薬はこころに作用するものであるため、個人差は大きく認められます。患者さんとお薬の相性というのは決して軽視できません。

レキソタンがあまり自分には合っていない、という可能性もありますので、あまりに副作用が苦しいようであればお薬の種類を変えてみるのも手です。

一例として似たような抗不安薬には、

【抗不安薬】 【半減期】 【抗不安作用の強さ】
ワイパックス 約12時間 強い
ソラナックス 約14時間 中等度
デパス 約6時間 強い
セパゾン 約11~20時間 やや強い

などがあります。

ただしどの抗不安薬にも眠くなる作用はありますので、主治医とよく相談してどのお薬に変えるのかは検討して下さい。

Ⅴ.睡眠を見直す

意外と見落としがちなのですが、睡眠に問題がないかは再確認してみましょう。睡眠の質が悪ければ、日中に眠気が生じるのは当然です。

そもそもが最近夜更かし気味であったのなら、眠気が出やすくなるのは当然ですよね。

お薬を飲み始めて不調を感じると、何でもつい「薬のせい!」と考えてしまいがちですが、「他の原因は本当にないのか?」という視点は必ず持つようにして下さい。

よくある原因と対処法を紹介します。

  • 最近、睡眠時間が少ない → 睡眠時間を増やす
  • うるさい、明るいなど寝室の環境が悪い → カーテン、アイマスクや耳栓などの対策をする
  • ベッドに入ってからマンガを読んだりスマホをいじっている → やめる
  • 寝る前にお酒を飲んでいる → 断酒する
  • 寝る前に食べ物を摂取している → 就寝3時間前からは胃に負担がかかるものは食べない

睡眠の質を悪くしてしまう原因があるのであれば、まずはそちらの改善を優先してみてください。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい