レキソタンの頓服としての使い方【医師が教える抗不安薬のすべて】

レキソタンの頓服使用

レキソタンは抗不安薬と呼ばれるお薬で、主に不安を和らげる作用を持ちます。

レキソタンは基本的には1日に2~3回定期的に服用する事で、1日を通してしっかりと不安を抑えてくれます。

このような飲み方がお薬の服用法の基本ではありますが、時には「今生じている不安をすぐに抑えたい!」「これから不安が高まるイベントがあるからその前に不安を抑えたい」という一時的な不安を抑えたいという状況もあるものです。

このような場合はレキソタンを「頓服」として服用する事があります。

「頓服(とんぷく)」というのは、症状が出た時や出そうな時だけ、ワンポイントで服薬する飲み方の事です。

してから比較的早く効果が出現するレキソタンは頓服としても適していますので、しばしば頓服として用いられる事があります。

レキソタンを頓服で使用するに当たって知っておくべき事もあります。

ここでは、レキソタンを頓服として使う際の使い方や注意点を説明させて頂きます。

スポンサーリンク

1.頓服というのはどういった飲み方なのか

「頓服(とんぷく)」という用語になじみがない方もいらっしゃるかもしれません。頓服というのはどういった服薬方法なのでしょうか。

頓服というのは、症状が出た時や出そうになった時だけ、ワンポイントでお薬を服薬することです。

例えば、

  • 痛い時だけ、痛み止めを飲む
  • 胃腸の調子が悪い時だけ胃薬を飲む

などが代表的な頓服の使い方になります。

症状が出た時だけ飲む頓服は「その場しのぎ」の使い方であり、根本的な治療にはなっていない場合がほとんどです。

「その場しのぎ」というと悪く聞こえるかもしれませんが、症状があまりにつらい場合は、例えその場しのぎであっても症状を抑えてあげた方が良いこともあります。

例えば、末期がんの痛みで苦しんでいる方がいたとします。

この患者さんに痛み止めを与えたからと言って、癌が消えるわけではありません。しかしこの患者さんに痛み止めを投与しても意味がないのかと言うと、そんなことはありません。

たとえその場しのぎの一時的な痛み止めであっても、痛みが取れて患者さんが穏やかに過ごせるのなら、それは意味のある「治療」になります。

頓服とは、このような飲み方のことを言います。

ちなみに頓服と反対の飲み方は「定期的にお薬を飲む事」です。

例えば抗うつ剤は毎日決まった時間に決まった量を飲みます。うつがひどい時だけ飲むといったものではありません。内科でもらう血圧のお薬や糖尿病のお薬も、毎日決まった時間に飲みます。

基本的に定期的な服薬は即効性はありませんので、一時的な作用としては強くはありません。しかし、長期間聞き続ける事で確実に病気を抑えてくれるというメリットがあります。

その場しのぎではなく、根本的な治療となるものも多いのです。

定期的に飲むこと、頓服として飲むこと、どちらにも一長一短あります。自分の病気の症状や状況に合わせて医師と相談しながら上手に使い分けていく事が大切です。

2.レキソタンは頓服薬としてどうなのか

頓服として用いるお薬には必要な条件があります。頓服は、症状をすぐに抑える事を期待して服用するわけですから、

  • 即効性がある
  • 効果がある程度強い

必要があります。

効いてくるまでに何時間もかかるお薬や、効いているんだか効いていないんだか分からない弱いお薬は、頓服としては適しません。

レキソタンはというと、

  • 服用してから血中濃度が最大になるまで1時間(即効性がある)
  • 抗不安作用も抗不安薬の中でも強力

という特徴を持つため、サッと使い不安をすぐに抑えてくれる頓服薬として適しているのです。

スポンサーリンク

3.頓服としてのレキソタンの使い方

レキソタンは抗不安薬ですから、頓服として使う状況は、

  • 不安が強くなってしまった時
  • これから不安が強くなる事が予測される時

などになります。

より具体的な例を挙げると、

  • パニック障害などの患者さんのパニック発作が出てしまった時
  • 電車などの人ゴミが苦手な人が、電車に乗る前
  • あがり症の人の人前でのスピーチや発表の時
  • 会食が苦手な人の会食の前

などに用いられます。

これ以外でも、「不安を一時的に軽減させたい」という場合には用いられる事があります。

頓服を使う際には、その頓服薬がどのように効いてくるのかを理解し、そこから服用するタイミングを考えたり、自分に適したお薬を選んでいく必要があります。

レキソタンの特徴としては、服用してから約1時間で血中濃度が最大になり、約20時間で半減期を迎えます。

服用してから血中濃度が最大になるまで1時間というのは、抗不安薬の中でも早い方です。効きが最大になるのは約1時間程度と考えられますが、体感的には15~20分もすれば「効いてきた!」と感じ始めます。

数秒や数分で効くというわけではないので、例えば不安発作が起こりそうだという事であれば、その時点で予防的に飲んでおく方がいいでしょう。

スピーチや発表、会食の前に予防的に飲むのであれば、個人差はありますがそのイベントの約1時間前に服薬しておくのが良いでしょう。

頓服として使用する量は人それぞれですが、1回1~5mgで使う事が一般的です。まずは1~2mgで試してみて、不十分な場合は少しずつ増やしていくのが良いでしょう。

レキソタンの1日上限量は15mgですので、1回に10mgや15mgといった高用量を飲むことも不可能ではありませんが、眠気やふらつきが強く出る可能性が高く、オススメはできません。実際の臨床では、1回5mgまでの使用がほとんどです。

多く使えば強くは効きますが、副作用や依存などの害も大きくなります。使用する量は、必ず主治医とよく相談して決めてください。

レキソタンの半減期は約20時間と考えられています。半減期とは服用したお薬の血中濃度が半分に落ちるまでにかかる時間の事で、お薬の作用時間を知る一つの目安になる値です。

半減期20時間は抗不安薬の中でも長い方であり、印象としてはおおよそ半日くらいは効果が続きます。ここから、すぐに効果が切れた方がいいという方にはあまり向かないという事が言えます。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい