レキソタンと酒・アルコールは一緒に飲んでも良いのか 【医師が教える抗不安薬の全て】

レキソタンと酒・アルコール

レキソタンなどの抗不安薬を服薬中、酒やアルコールは飲んでも大丈夫なのでしょうか。

これは患者さんからよく頂く質問です。結論から言ってしまうと

「抗不安薬の服用中は、極力飲酒すべきでない」

が答えになります。

レキソタンも抗不安薬ですので、服薬中のアルコールとの併用は推奨されていません。

レキソタン服薬中はなぜ酒・アルコールを飲んではいけないのでしょうか、また一緒に飲んでしまうとどうなってしまうのでしょうか。アルコールを我慢するためにどんな工夫や対処法があるのでしょうか。

ここではレキソタンと酒・アルコールの関係についてお話していきます。

スポンサーリンク

1.レキソタンと酒・アルコールの併用はなぜダメなのか?

レキソタンと酒・アルコールは併用したらダメなのでしょうか。またその理由は何故なのでしょうか。

まずはレキソタンの添付文書を見てみましょう。酒・アルコールとの併用についてはこのように記載があります。

【相互作用】
(併用注意)
アルコール(飲酒)

臨床症状・措置方法:中枢神経抑制作用が増強されるおそれがある。アルコールとの併用は避けることが望ましい。
機序・危険因子:ともに中枢神経抑制作用を有するため、相互に作用を増強するおそれがある。

レキソタンとアルコールの併用は「禁忌(=絶対にダメ)」ではありませんが、「併用注意」という扱いになっています。

その理由は「お互いに中枢神経の働きを抑えてしまうこと」「お互いに作用を強めあってしまうこと」、それによって「眠気や注意力低下などが起きやすくなるため」と書かれています。

抗不安薬であるレキソタンには、脳を鎮静させる作用があります(催眠作用)。そしてアルコールも脳を鎮静させる作用があります。お酒を飲むと眠くなることからもこれは分かりますね。

そしてこれらは併用すると、お互いの作用を強めあってしまうのです。ただでさえどちらも眠くする作用がある上に、お互いがお互いを強めあってしまうため、脳を過剰に眠らせてしまう可能性が高くなります。

眠気や注意力・集中力低下が強くなりすぎれば、日常生活に大きな支障をきたすのは想像に難くありません。

これがレキソタンとアルコールを併用すべきでない理由になります。

添付文書的には、これが併用すべきでない理由として挙げられていますが、実は併用による問題は、これだけではありません。

抗不安薬とアルコールを併用を続けていると、長期的にはもっと大きな問題を引き起こします。

それは「耐性・依存性形成」と呼ばれるものです。

アルコールも抗不安薬も、どちらも耐性や依存性を起こす物質です。

耐性とは、ある物質を摂取し続けると次第に身体が慣れてきて、効かなくなってくる事です。アルコールは耐性があり、飲酒を続けているとだんだん少しの量では酔えなくなり、飲酒量がどんどん増えていくのはみなさんもご存じだと思います。

抗不安薬もアルコールと同じく耐性形成を起こします。

依存性とは、ある物質を摂取し続けていると次第にその物質なしではいられなくなる現象です。アルコールを大量に長期間摂取していると、次第にアルコールを常に求めるようになってしまいます。我が国のアルコール依存症患者は80万人、アルコール依存症予備軍は440万人と言われており、アルコール依存は社会的にも大きな問題となっています。

そして抗不安薬も、アルコールと同じく依存性があります。

問題はアルコールと抗不安薬を併用する事で、お互いの作用が強まり合い、より急速に耐性や依存性が形成されてしまうという事です。

アルコールを飲む方は多いですが、その中でアルコール依存症になる方はわずかです。レキソタンのような抗不安薬を服用している方でも適正に使用していれば依存になる方は多くはありません。

しかし両者を同時に服用してしまうと相互に作用する事でお互いの血中濃度を強くしてしまい、
実際より多くの量を摂取したのと同じ状態にしてしまうため、急速に耐性・依存形成が起きてしまうのです。

つまり抗不安薬とアルコールを一緒に飲んでいると、アルコール依存や薬物依存になりやすくなるという事です。

また抗不安薬とアルコールがお互いの血中濃度を高めてしまうという事は、抗不安薬を処方した医師が薬の効果を予測できなくなってしまうという事でもあります。

例えば「この人には半日くらい効く抗不安薬がちょうどいいはず」と医師が考えて、そうような抗不安薬を処方したのに、アルコールを併用してしまうと作用時間が延長してしまい、半日以上効いてしまいます。

これでは治療に支障が出るのは明らかです。

アルコールと抗不安薬を併用していると病気が治りにくくなり、治療により時間がかかるようになるのです。

まとめると、レキソタンと酒・アルコールの併用は

  • お互いの血中濃度を高めあってしまう
  • すると、脳を過剰に鎮静させてしまい、強い眠気・注意力低下の原因となる
  • 耐性・依存性がより急速に形成され、アルコール依存・薬物依存になりやすくなる
  • 効きが不安定になるため治療にも支障をきたし、疾患も治りにくくなる

という事です。

アルコールや抗不安薬の依存は、社会的にも大きな問題となっています。アルコールと抗不安薬を摂取するという事は、自らの手で自分を依存症にしてしまう行為なのです。

2.レキソタンと酒・アルコールを併用した実例

このように抗不安薬とアルコールを併用するデメリットは大きく、「一緒には飲まないように!」と私たちは患者さんに指導します。

しかし困ったことに、こっそりアルコールを摂取してしまう患者さんは後を絶ちません。

元々お酒が大好きでどうしても我慢できなかったという人から、仕事の接待でどうしても飲まざるを得なかったという人まで理由は様々ですが、併用してしまうケースは少なくないのが現状です。

では抗不安薬とお酒を一緒に飲んでしまうと、実際はどうなってしまうのでしょうか。

短期的な害でいうとお酒や抗不安薬が強く効いてしまい、内服後の眠気やだるさが強くなります。普通量のお酒を飲んだだけなのに二日酔いになったり、寝坊・遅刻してしまったり、普通量の抗不安薬の内服で、強い眠気や集中力低下が生じたりします。

長期的に見ると、耐性や依存性が形成されやすくなります。耐性が形成されると、効きが悪くなるため、抗不安薬の量が増えていきます。

それでも併用を続けていると、次第にどの抗不安薬も効かなってしまう可能性もあります。効くお薬がなくなってしまうと、打つ手が無くなるため患者さんは非常に苦しむことになります。

一度依存症になってしまうと、そこから抜け出すのは非常に困難です。アルコール依存症、覚せい剤依存症などの人が、何度も同じ過ちを繰り返してしまうのはみなさんもニュースなどでご存じだと思います。

それほど、依存状態から抜け出すのは難しいのです。

依存状態になると、人生の大部分を棒に振ってしまいます。依存状態になる事は絶対に避けなければいけません。

そのためには、絶対にアルコールと抗不安薬を併用しない事です。

スポンサーリンク

3.レキソタン服用中に酒・アルコールを飲みたくなったら

抗不安薬の服用中にお酒を飲んではいけないことは分かった。でも、どうしても飲みたい・・・。あるいは職場で飲まなきゃいけない状況にある・・・。

このような場合、どうしたらいいでしょうか?対処法を考えてみましょう。

1.我慢

身も蓋もない言い方ですが、やはり「我慢」が基本になります。お酒を我慢することで病気は早く治ります。

あなたの病気が治ることで喜んでくれる人がたくさんいるはずです。応援してくれる人たちのためにも、何よりも自分の将来のためにも、早く治したいですよね。

この気持ちを忘れないでください。

お酒を飲みたくなった時は、このことを思い出しましょう。

お酒を飲むということは、自分の手で病気の治りを遅らせているのです。そしてお酒を我慢するという事は、お薬の効きを良くする立派な治療行為のひとつなのです。

頑張って我慢しましょう!

2.抗酒剤を使う

あまり知られていないのですが、抗酒剤というものがあります。これは、「お酒を飲めなくするお薬」です。

いくつか種類があるので紹介します。

ノックビン、シアナマイド

昔からある抗酒剤です。

ノックビンやシアナマイドを飲んでからお酒を飲むと、少量の飲酒で顔面紅潮、血圧低下、心悸亢進、呼吸困難、頭痛、悪心、嘔吐、めまいなどが生じるようになります。

これらのお薬はアルコールを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素を阻害することで、アルコールを分解しにくくし、少量のアルコールで身体がまいってしまうようにするのです。

懲罰的な方法ですが、飲酒する自分を自制したいんだけど、つい欲求に負けてしまう、という人には効果があります。

これらの薬を服用してしまえば、お酒を少し飲んだだけで不快症状が出現しますから、実質的にお酒を飲めなくなります。

なお、これらのお薬とお酒はの併用は大変危険ですので、絶対に併用しないでください。たまに「一緒に飲むとどうなるのかな?」と試そうとする方がいるのですが、絶対にやめましょう。

レグテクト

中枢神経のNMDA受容体を阻害したり、GABA-A受容体を刺激することで「飲酒欲求を抑える」と言われているお薬です。

ノックビンやシアナマイドのように懲罰的に飲めなくするのではなく、「飲酒したい気持ちが少なくなる」というものです。

飲酒欲求を強力に抑えてくれるようなお薬ではありませんが、「あともうひと押しがあれば、お酒を我慢できるんだけど・・・」といった方には良い適応になります。

3.ドクターストップだと言う

病名などは言いずらいかもしれませんが、「医師から飲酒を止められている」と言ってしまいましょう。

医者のせいにすることで、あなたが責められる可能性を少なくできます。

残念なことに、お酒を飲まないというだけで「付き合いが悪いやつだなぁ」と否定的に捉える人は未だにいます。

そんな時は、自分のせいではなく医者のせいで飲めないんだ、と責任を医師になすりつけちゃって構いません。

「次、お酒を飲んだら出勤停止です、って医師から脅されてるんです」「そうなったら誰がお酒を勧めてきたのか、産業医に報告しなきゃいけないんです」くらい言っちゃっても、全然良いでしょう。あなたの治療のためですから主治医も許してくれるはずです。

ここまで言えば、たいていの人は無理には勧めてこないでしょう。

無理に飲ませられたら、その人のせいで出勤停止になります。お酒を無理矢理勧めた人は「治療を故意に妨害した」ことになり、会社や産業医からの警告や処罰を受ける可能性があります。

また会社の産業医体制がしっかりしているのであれば、産業医にも事前に相談しておくと、より安心です。

4.周囲の協力にしてもらう

飲酒を我慢するのは、自分の意志との戦いになります。

でも、人間一人の意志というのは弱いものです。自分の意志だけで折れそうな時は、周囲にも協力してもらいましょう。

周囲の協力って、とても大きいですよ。

家族や恋人、友人などに「禁酒する事にした」と宣言して協力してもらうと一人で頑張るよりもずっと成功する確率は高くなります。

5.どうしても、という時は抗不安薬を飲まない事

飲酒はしないことが望ましいのですが、本当にどうしてもやむを得ない事情があってお酒を飲まなくてはいけない事もあるかもしれません。

その際は、アルコールを摂取する前後には抗不安薬は内服しないでください。その分、不安感が強くなるかもしれませんが、仕方ありません。

お酒を飲むのであれば、その代わりその日の不安は悪化する事は了承した上で飲酒しましょう。

不安が増悪すれば、病気の治りがその分遅れてしまう可能性もありますが、それも覚悟の上で飲酒してください。仕方がありません。

そうすれば、短期的にはつらいかもしれませんが、耐性や依存性形成、翌朝の倦怠感や過鎮静などのリスクは低くすることができます。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい