ブルーライトってなに?精神にも影響するの?

ブルーライトと精神症状、不眠

最近、ブルーライトという言葉をよく聞くようになりました。

「ブルーライトを〇%カット!」という広告を目にすることも多く、ブルーライトに対する世間の関心も高まっているようです。

でも、このブルーライトって一体何者なんでしょうか。

カットすることを宣伝してるくらいですから身体に悪いものなのでしょうか?

今日はブルーライトとそれに伴う精神的影響について考えてみましょう。

スポンサーリンク

1.ブルーライトって何?

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色の可視光線の事です。
「ブルーライト=青い光」ということで、そのまんまですね。

青色は可視光線の中で最も波長が短いため、強いエネルギーを持っています。そのためブルーライトは眼球の奥にある「網膜」まで届いてしまいます。

太陽を直接見てしまうと眼が障害を受けますが、これは紫外線が網膜を傷つけるからです。ブルーライトは紫外線(波長400nm以下)の次に波長が短い光線であり、紫外線ほどではないにせよ、浴び続けると網膜を傷つけてしまうのです。

ブルーライトは、最近よく見かけるLEDに多く含まれており、テレビやパソコン、スマートフォンなどからも多く発されています。

「ブルーライトをカットしてくれるメガネ」が人気ですが、これはブルーライトをカットすることで網膜を傷つけにくくする、という効果があるのです。

2.ブルーライトが精神に与える影響

Ⅰ.不眠(概日リズム障害)

ヒトの網膜には3種類の細胞があることが知られています。
「錐体細胞」「桿体細胞」そして「光感受性網膜神経節細胞(ipRGC)」です。

錐体細胞は主に光の色を感知し、桿体細胞は主に暗い場所で光の明暗を感知します。

ipRGCは、上記2つの細胞とは異なる面白いはたらきを持っています。
460-480nmの波長の光に反応するという性質を持っており、それによって主に概日リズムの調整を行うようです。
(概日リズムとは、「体内時計」とも言われ、生物が持っている1日の生活リズムのことです。)

この波長はちょうど「ブルーライト」の波長と同じです。つまり、ブルーライトが網膜に達するとipRGCが反応し、概日リズムに影響するという事です。

様々な研究から、夜間にブルーライトを過剰に浴びると、不眠傾向となり、また日中に十分なブルーライトを浴びないと概日リズムが崩れやすい事が報告されています。

ブルーライトは、日中に適度に浴びて、夜間はなるべく浴びないようにする必要があります。

近年はパソコンやスマホの普及により、夜間に過剰なブルーライトを浴びている方が多く、不眠の原因となっていると指摘されています。

Ⅱ.その他

ブルーライトが注目されるようになってからまだ歴史が浅いため、ブルーライトのその他の精神的影響は全ては明らかにされていません。

しかし、過剰なブルーライトを浴びるとイライラしやすくなったり落ち込みやすくなったりという気分の不安定さが出やすくなると言われています。

ブルーライト暴露量と自殺率に関連が見られるという指摘もあり、過剰な暴露は精神的に悪影響があるのは間違いないでしょう。

また、精神以外にも肥満や癌(がん)にも関係すると言われています。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい