頓服としてのコンスタン【医師が教える抗不安薬のすべて】

コンスタンは、抗不安薬に分類される不安を和らげる作用を持つおくすりです。即効性もあり、まずまずの強さを持つコンスタンは頓服として使われることも少なくありません。

「頓服」というのは、症状が出た時や出そうな時だけ、ワンポイントでおくすり飲むという飲み方です。

ここでは、コンスタンを頓服で使う際の使用法や注意点などを紹介していきます。

なおコンスタンは武田薬品工業株式会社が販売しているおくすりですが、ファイザー株式会社が販売している「ソラナックス」と主成分が同じおくすりです。効果や副作用などの薬効もほぼ同等のため、この記事の内容は「ソラナックスの依存性」の記事とほぼ同じです。

スポンサーリンク

1.頓服とは?

頓服というのは、

症状が出た時や出そうになった時だけ、ワンポイントでおくすりを服薬すること

です。

例えば、

  • 痛い時だけ、痛み止めを飲む
  • 胃腸の調子が悪い時だけ胃薬を飲む

などが頓服の使い方になります。

症状が出た時だけ飲むので、あくまでも頓服は「その場しのぎ」で、根本的な治療にはなっていないことがほとんどです。しかし、症状があまりに苦しすぎる場合は、たとえその場しのぎであったとしても症状を抑えてあげた方がいいこともあります。頓服とは、そのようなケースで使われる飲み方なのです。

ちなみに頓服と反対の飲み方は、「定期的におくすりを飲む事」です。例えば抗うつ剤などは調子が悪い時だけでなく、調子が良くなってきてからも毎日決まった時間に飲みます。内科でもらう血圧のおくすりや糖尿病のおくすりも、症状がなくても毎日決まった時間に飲みますよね。

定期的に服薬する方法は、即効性はなく一時的な作用としては強くはありません。しかし、一日を通して確実に病気を抑えてくれるというメリットがあります。その場しのぎではない、根本的な治療となるものも少なくありません。

定期的に飲むこと、頓服として飲むこと、どちらにも一長一短あります。おくすりは基本的には定期的に飲むべきものが多いですが、状況に合わせて医師と相談しながら頓服としての使用を考えても良いおくすりもあります。

頓服は、症状が出そうな時にサッと使うわけですから、

  • 即効性がある事
  • 効果がある程度強い事

が求められます。

効いてくるまでに何時間もかかるおくすりや、効いているんだか効いていないんだか分からない弱いおくすりは、頓服として適しません。

コンスタンは、即効性も期待できますし、効果もそれなりの強さであるため、不安をサッと抑える頓服薬としては適しています。

2.頓服としてのコンスタンの使い方

コンスタンは抗不安薬ですので、頓服として使うのは、「不安が強くなってしまった時」「不安が強くなる事が予測される時」です。

具体的には、

  • パニック障害の患者さんが、不安発作が出た時に使う
  • 電車などの人ゴミが苦手な人が、電車に乗る前に使う
  • 上がり症の人が、人前でのスピーチや発表の時に使う
  • 会食が苦手な人が、会食の前に使う

などがあります。この例以外でも、「不安を一時的に軽減させたい」という場合には使用することがあります。

コンスタンは、内服してから約2時間で血中濃度が最大になり、約14時間で半減期を迎え、効果が消えていきます。効きが最大になるのは約2時間待たないといけませんが、「効いてきた!」と感じ始めるのは内服後15-30分ほどであり、即効性はある程度期待できます。

しかし、とは言っても数秒や数分で効くというわけではないので、例えば不安発作が起こりそうな感じがあれば、発作が出る前にすぐに飲んでおく方がいいでしょう。

スピーチや発表、会食の前に予防的に飲むのであれば、ベストはイベントの約2時間前に服薬しておくことですが、最低でもイベントの30分くらい前に服薬しておけば、効果は得られます。

頓服として使用する量は人それぞれですが、1回0.4mgで使う人が多いようです。0.4mgだと不十分な場合は0.8mgを使う方も時々いらっしゃいます。

1.2mgや2.4mgといった高用量を1回で飲むことが絶対にダメというわけではありませんが、副作用の眠気やふらつきが強くなる可能性があるため、注意が必要です。多く使えば強くは効きますが、副作用や依存などの害も大きくなります。使用する量は、必ず主治医とよく相談して決めてください。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい