不安障害とはどのような疾患なのか

不安障害

不安が異常に高まってしまう事で、生活に様々な支障をきたすような疾患を不安障害と呼びます。

不安障害は、以前は「神経症」「不安神経症」などと呼ばれていたこともあります。また最近では「障害」という用語が患者さんへの誤解・偏見につながるという配慮から「不安症」と呼ばれることもあります。

不安障害は、非常に広い疾患を含んだ概念になるため、その位置づけについて誤解している方もいらっしゃいます。

「ある病院では不安障害と言われて、別の病院ではパニック障害と言われました。私は一体どちらの疾患なのですか?」という質問をいただくこともあります。

不安障害とはどのような疾患になるのでしょうか。

今日は不安障害について説明させていただきます。

スポンサーリンク

1.不安障害とはどのような疾患なのか

精神科で診察を受けて、医師から「不安障害です」と言われることがあります。

この不安障害ってどのような疾患のことなのでしょうか。

不安障害というのは、過剰な不安・恐怖によって苦しみ、生活に支障をきたすような疾患の総称になります。

不安障害は大きな概念であり、不安障害の中にはいくつかの疾患が含まれています。

具体的には、

  • パニック障害
  • 社会不安障害
  • 全般性不安障害
  • 恐怖症(閉所恐怖症、高所恐怖症など)

などがあり、これらはすべて大きいくくりでは「不安障害」に属する疾患になります。

つまり冒頭の「私は不安障害なのかパニック障害なのかどっちなのですか?」という質問に対する答えは、「不安障害の中にある、パニック障害という疾患」ということになり、不安障害でもありパニック障害でもあるということです。

不安障害には「○○不安障害」という疾患と「○○恐怖症」という疾患があり、不安だけでなく恐怖も対象となっています。この不安と恐怖は実は違いがあります。両者は一見似たような意味を持つ用語ですが、正確に言うと、

  • 不安は、漠然とした特定の対象がない恐れの感情
  • 恐怖は、はっきりとした外的対象のある恐れの感情

を意味します。

社会不安障害というのは、「社会」という非常に広い概念に対する漠然とした対象に恐れを感じているため不安障害(不安症)という名称になります。対して閉所恐怖症というのは「閉所」という特定の状況に恐れを感じているため恐怖症という名称になるのです。

近年では不安障害の事を「不安症」と呼ぶこともありますが、両者は同じ意味になります。「障害」という言葉は、重篤で治らない疾患など誤解されやすいことから、最近は「不安症」と呼ぶことが推奨されています。

不安障害(不安症)は、不安・恐怖の異常な高まりによって、精神的に苦しみ、生活にも支障をきたすような疾患の総称なのです。

スポンサーリンク

2.不安障害のそれぞれの疾患の説明

不安障害にはいくつかの疾患があるということをお話しました。

代表的な不安障害について、どのような疾患なのかをかんたんに紹介します。

Ⅰ.パニック障害(パニック症)

パニック発作が突然生じる疾患です。

パニック発作とは、急激に

  • めまい
  • 動悸
  • 胸痛
  • 呼吸苦
  • 発汗
  • 震え
  • 意識を失うような恐怖
  • このまま死んでしまうのではという恐怖

といった自律神経症状が生じます。パニック発作は不安が高まるような状況(閉鎖空間や逃げ出せない場所など)で生じやすい傾向がありますが、安静時に突然生じることもあります。

パニック発作が突然生じるような生活になると、「またパニック発作が起こったらどうしよう」という不安から、必要な活動ができなくなります。重症の場合は、パニック発作が生じる恐怖から一切外出できなくなってしまうこともあります。

Ⅱ.社会不安障害(社交不安障害・社交不安症・社交恐怖)

他者からの注目を浴びるかもしれない状況に対して、恥をかいてしまうのではないかと強く恐れてしまう疾患です。

具体的には、

  • 人前での発表
  • 目上の人との会話
  • 人前での食事(会食)

などの状況に強い恐怖を感じるため、このような状況を避けるか、強いストレスを受け続けながらそのような状況を耐える生活を送るようになります。

症状が強くなると、仕事などの社会活動に参加できなくなったり、人と会うのが怖くて自宅から外出できなくなってしまうこともあります。

Ⅲ.全般性不安障害(全般不安症)

様々な出来事や活動についての過剰な不安が長期間続く疾患です。

単なる心配性とは異なり、全般性不安障害ではこれらの不安によって生活に様々な支障が出てしまいます。

症状は慢性的に続き、数か月以上持続します。

全般性不安障害は「不安が強い性格の人」と、病気ではなく性格傾向の1つだと誤解されてしまうことがありますが、両者は異なるものです。

心配症というのは性格の一つであり、正常範囲内のものです。人よりも不安・心配は強めではありますが、それで生活に大きな支障を来たすことはありません。しかし全般性不安障害の場合は、過剰な不安によって仕事が出来なくなったり、ほとんど眠れなくなってしまったりと生活に支障が現れてしまいます。

Ⅳ.恐怖症(限局性恐怖症)

特定の対象・状況に対してのみ、過剰に恐怖を感じる疾患です。

恐怖症には非常に多くの種類があります。比較的良く知られているものとしては、

  • 高所恐怖症(高い状況に過剰な恐怖を感じる)
  • 閉所恐怖症(閉所に過剰な恐怖を感じる)
  • 嘔吐恐怖症(自分や他者が吐く事に過剰な恐怖を感じる)
  • 先端恐怖症(鋭いもの・尖ったものに過剰な恐怖を感じる)
  • 対人恐怖症(人に対して過剰に恐怖を感じる)
  • 男性恐怖症・女性恐怖症(男性・女性に対して過剰に恐怖を感じる)
  • 動物恐怖症(特定の動物に対して過剰に恐怖を感じる)
  • 集合体恐怖症(ブツブツしたものに対して過剰に恐怖を感じる)

などがあります。

3.不安障害になってしまう原因は?

不安障害はなぜ発症するのでしょうか。

不安障害は不安が過剰になってしまっていることが問題ですので、「なぜ不安が過剰になるのか」ということから考えてみましょう。

この原因は1つではなく、通常はいくつかの要素が重なった結果として発症するのだと考えられます。

不安障害発症の一因となるものとして、

  • 性格(心配性、完璧主義、神経質、こだわりが強いなど)
  • ストレス
  • 過去に大きな不安・恐怖を感じた体験
  • 遺伝

などが挙げられます。

性格傾向としては、不安を大きく感じやすい傾向にある方は、不安障害を発症しやすい印象があります。具体的には心配性の方、完璧主義の方、神経質の方、こだわりが強い方などです。このような方は様々なことに対して「本当に大丈夫だろうか」と考えやすく、一般的には不安に感じるようなことでなくても大きな不安としてとらえてしまいがちです。

また発症にはストレスも影響しています。大きなストレスを受けていたり、慢性的にストレスを受け続けていると普段よりも気持ちに余裕がなくなるため、些細なことでも感情的になったり不安に感じやすくなってしまいます。

過去に大きな不安・恐怖を感じていた場合も、不安障害は発症しやすいでしょう。例えば、以前人前で大きな恥をかいてしまったことによって社会不安障害になってしまう方もいらっしゃいます。幼少期に親から暴力・虐待を受けていた場合も、常に不安や恐怖をかかえながら幼少期を過ごすことになるため、不安障害は発症しやすくなります。

不安障害は遺伝の影響も多少あります。その影響は大きいものではありませんが、家系に不安障害の方が多い場合は発症リスクはやや上がります。

不安障害は全体的に小児期から思春期と若い年代に発症しやすい疾患です。これはこのくらいの年代は感覚が敏感であることも影響していると思われます。

また生物学的に見ると不安障害は、不安や恐怖は脳の扁桃体と呼ばれる部位に異常が生じている可能性が高いことが報告されています。扁桃体は感情をつかさどる部位ですが、不安や恐怖を感じる神経回路の1つとしても重要な器官です。不安障害の方は扁桃体のはたらきが強くなりすぎており、それにより不安に関係する神経伝達物質(セロトニン、GABA(γアミノ酪酸)など)の活性が異常をきたすと考えられます。

実際、遺伝的に扁桃体の活性が低い病気として「ウィリアム症候群」という疾患があるのですが、この疾患の方が性格がおおらかで不安を感じにくいことが知られています。またセロトニンを増やす作用のあるSSRI(抗うつ剤)や、GABAを強める作用のあるベンゾジアゼピン系抗不安薬は不安障害に効果を発揮することも、これらの物質の異常が不安障害の原因になっていることを示しています。

またパニック障害ではノルアドレナリンという物質の影響も指摘されています。その根拠として、ノルアドレナリンを増やす物質(ヨヒンビン)を投与するとパニック発作を起こしやすくなり、ノルアドレナリンを減らす物質(カタプレス)を投与するとパニック発作を起こしにくくなることが報告されています。

4.不安障害の診断・チェック方法

自分が不安障害かどうか知りたい、という場合、不安障害のチェックポイントとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

不安障害はいくつかの疾患に分けられます。そしてそれぞれ診断基準が異なりますが、いずれの疾患も

  • 不安・恐怖によって苦しい思いをしている
  • 不安・恐怖によって生活に支障をきたしている

この2つを満たすようであれば不安障害の可能性があります。

このような状況がある程度の期間(2週間以上)続くようであれば、精神科を受診して相談することをおすすめします。

なお、それぞれの疾患の簡易的なチェック方法について別記事で紹介していますのでご覧ください。

5.不安障害はどのように治療するのか

不安障害はどのように治療すればいいのでしょうか。

細かい治療法は各疾患によって異なるため、それぞれの疾患の治療方法を読んで頂きたいのですが、ここでは全体的にみた治療法を紹介します。

Ⅰ.薬物療法

不安障害において薬物療法は重要な治療法の1つです。

使われるお薬としては、

  • 抗うつ剤
  • 抗不安薬
  • 漢方薬

などがあります。

抗うつ剤は特にセロトニンを増やす作用が優れるものを選びます。その理由は、不安障害はセロトニンの影響が大きいと考えられているからです。具体的にはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が良く用いられます。抗うつ剤は即効性はないものの、ゆっくり少しずつ不安を改善させてくれるお薬になります。

また抗不安薬も有用です。抗不安薬の中でもベンゾジアゼピン系抗不安薬がよく用いられます。抗不安薬は即効性があるものも多く、早いものだと服薬後15~20分くらいで効いてくるものもあります。不安が強まってしまった時にすぐに服用して効果が得られるのも抗不安薬の利点です。しかし抗不安薬は長期間・大量に使っていると、耐性や依存性が生じてしまうことがあるため、安易に服用を続けないように注意が必要です。

耐性・・・そのお薬に身体が慣れてきてしまい、お薬の効きが段々悪くなってくること。耐性が生じるとお薬の量を増やさないと効果が得られなくなり、その結果服用量がどんどん増えてしまう危険がある。

依存性・・・そのお薬がないと心身が落ち着かなくなってしまうこと。依存が生じると、お薬の効きがなくなるとイライラ・ソワソワして落ち着かなくなったり、震え・発汗・めまい・しびれ・頭痛などの身体症状が現れてしまう。依存になってしまうとお薬をやめることが難しくなってしまう。

漢方薬は種類によっては不安を和らげる作用があるものがあり、患者さんによっては使用することもあります。全体的な印象としては、抗うつ剤や抗不安薬と比べるとゆっくり穏やかに効くような感じです。

不安障害の各疾患によりお薬の有効性は異なります。

パニック障害や社会不安障害は抗うつ剤や抗不安薬が比較的有効で、多くの症例で用いられます。全般性不安障害や恐怖症に対しては、お薬はある程度有効ではあるものの、それだけでは不十分なことも少なくありません。

Ⅱ.生活習慣の改善

意外と大切なことが生活習慣の改善です。不安が高まってもおかしくないような生活習慣を送っている方はまずはそれを改善すべきでしょう。

多くの方が日常的に行っている行動の中には、実は不安を増悪させる行動も多くあります。

一例を挙げれば

  • 夜更かし、睡眠不足
  • 喫煙
  • 過剰なアルコール
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • ストレスを発散させる行動がない

などがあります。

睡眠が不足すれば、いつもよりイライラしたり落ち着かなくなったりと不安が高まりやすくなります。また喫煙・アルコールも短期的には気持ちを落ち着かせる作用がありますが、長期的にみればメンタルヘルス上は良い影響はなく、イライラしやすくなったり、気分の波が高まってしまいます。

食事が不規則だったり栄養バランスが悪かったりすると、脳に十分な栄養が届かなくなるため、イライラしやすくなったり不安を感じやすくなってしまいます。また適度な運動はストレス発散のためにも重要です。

生活習慣に問題がないかと見直し、問題のある行動を修正するだけでも不安は和らぎ、不安障害も治りやすくなります。

Ⅲ.精神療法(カウンセリング)

不安障害の治療は、お薬だけではなく精神療法も併用することが理想です。

精神療法はお薬と同等の効果があり、また再発予防効果でいえばお薬よりも優れていると報告されています。

一般的にお薬は効果がすぐに出ます。抗不安薬であれば服薬後数十分で効果が出てくるものもあります。また抗うつ剤も2週間~1カ月ほどで効果は表れ始めます。そのため「とりあえず症状を落ち着かせたい」という急性期(治療初期)においてはお薬を利用するのは意味のあることです。しかしお薬は中止してしまうと再発しやすいという欠点もあります。

精神療法はお薬と違って、効果が出るまでに時間がかかります。早くても数カ月はかかるでしょう。しかし精神療法の利点は、しっかりとその考え方を身につければ再発予防効果に優れているという点です。

この両者の特徴を考えると、最初はお薬で治療をはじめて精神状態が落ち着いて来たら精神療法も併用していく、という治療法が理想的でしょう。もちろん実際の治療法は患者さんの症状・状態によって異なりますが、精神療法は多くの患者さんにとって有効な治療法の1つになります。

精神療法もいくつかの方法がありますが、ここでは代表的なものを3つ紹介させて頂きます。

認知行動療法(CBT)

不安障害の方は、ある事象に対して「過剰に不安にとらえてしまう」という思考になっています。これは一般的な思考と比べると、「物事のとらえ方が歪んでしまっている」とも言えます。

認知行動療法は、歪んでしまった認知(物事のとらえ方)を修正していくことを目的とします。

まずは不安や心配が生じるメカニズムを学び、これらが生じやすい状況を客観的に見ていきます。その中で自分の不安・心配に対するクセ(自動思考)を把握し、不安・心配を過剰に生じさせなくするにはどうしたらいいのか、あるいは不安・心配が起こりそうな時・起こった時にはどのように考えればいいのかを見直していきます。

認知行動療法については、詳しくは「認知行動療法はどのような特徴を持つ治療法なのか」をご覧ください。

暴露療法

暴露療法とは、不安を感じるような状況にあえて挑戦し、少しずつ慣れていく治療法です。

社会不安障害の方が「人前で緊張して頭が真っ白になってしまう」のであれば、あえて人前で発表することを続けることによって、徐々に慣らしていき自信をつけていきます。

暴露療法のポイントは、最初は簡単なものから暴露させていき、徐々に負荷を上げていくことです。成功体験を積み重ねることにより「大丈夫!」という自信をつけていくことが大切です。

そのため、「辛いけど、何とかギリギリ耐えられる」程度のものに暴露させることが重要です。「耐えられない」ほどのものに暴露させてしまうとかえって恐怖が強まってしまうこともあり、暴露療法はこのさじ加減が非常に重要で、ここを間違えると危険です。

また段階を細かく分けて、時間をかけて少しずつ少しずつ慣らしていくようにしましょう。

例えば、

  • 最初は気の許せる家族の前で発表してみる
  • それに成功したら次は気の許せる親友1人の前で発表してみる
  • それに成功したら次は気の許せる親友2人の前で発表してみる
  • それに成功したら次は友人の前で発表してみる
  • それに成功したら次は職場の同僚の前で発表してみる

というように、少しずつ少しずつ負荷を上げていってください。

暴露療法は不安障害において有用な治療法ですが、「どのくらいのものに暴露させるのか」の判断が非常に難しいため、必ず専門家と相談しながら行うようにしましょう。

森田療法

不安障害では、森田療法も有用な精神療法になります。

森田療法では、不安障害の症状を無理に治すことはしません。不安や恐怖を感じてしまったり、それに対して動悸や震えが生じたりというのは、生理的な反応であるためです。

そこに焦点を当てるのではなく、「そのような反応にとらわれてしまうこと」が問題だと考えます。

人前で過剰に不安を感じてしまう方は、「人前で不安にならないようにしたい」「人前で動悸が出ないようにしたい」と考えるのではなく、「これは正常な反応なのだから仕方がないんだ」と考えるようにします。というのも、「不安を抑えたい」と意識すればするほど、不安は強くなってしまうからです。

また森田療法では恐怖や不安を過剰に感じてしまうのは、「人から良く思われたい」「より良く生きたい」という欲望があるからだと考えます。不安障害の方は、その思いが強くなりすぎてしまい「人から悪く思われはしないか」という恐怖になってしまっています。そうではなく、これは「よりよく生きたい」からきているものなのだということに気付くことが大切になります。

まとめると、

・不安や恐怖、それに伴う症状は生理反応なのだから、無理して抑えようとしない。
・不安・恐怖は本来、「より良く生きたい」という前向きな気持ちからきていることに気付こう

ということです。

森田療法は、神経質、心配性、完璧主義などの神経質的な性格傾向を持つ方に、特に有効であると考えられています。森田療法は、外来では患者さんは日記を書いていただき、それを治療者と確認していきながら進められていきます。

スポンサーリンク

こちらの記事も是非ご覧下さい