アモバン錠(ゾピクロン)の効果・作用時間 【医師が教える睡眠薬の全て】

アモバンの効果・作用時間

アモバンは1989年に発売された睡眠薬で非ベンゾジアゼピン系に属します。

「飲むと口が苦くなる」というデメリットがありますが、副作用の少なさや安全性には定評があるおくすりです。

このコラムでは、アモバンの特徴を紹介します。効果や作用時間、どんな人に向いた睡眠薬なのか、他睡眠薬との比較などをお話していきます。

 

スポンサーリンク

1.アモバンの作用時間

睡眠薬は作用時間で大きく4種類に分類されています。

  • 超短時間型・・・半減期が2-4時間
  • 短時間型 ・・・半減期が6-10時間
  • 中時間型 ・・・半減期が12-24時間
  • 長時間型 ・・・半減期が24時間以上

半減期というのは、その薬の血中濃度が半分になるまでに要する時間の事で、
「おおよその薬の作用時間」をあらわしています。

アモバンは「超短時間型」睡眠薬に分類されます。

服薬してから約1時間で血中濃度が最高値になり、半減期は約4時間です。

即効性があり、長く体内にとどまらないのがアモバンをはじめとした超短時間型の特徴です。

 

2.睡眠薬の作用時間比較

よく用いられる睡眠薬の作用時間を比較してみましょう。

睡眠薬最高濃度到達時間作用時間(半減期)
ハルシオン1.2時間2.9時間
マイスリー0.7-0.9時間1.78-2.30時間
アモバン0.75-1.17時間3.66-3.94時間
ルネスタ0.8-1.5時間4.83-5.16時間
レンドルミン約1.5時間約7時間
リスミー3時間7.9-13.1時間
デパス約3時間約6時間
サイレース/ロヒプノール1.0-1.6時間約7時間
ロラメット/エバミール1-2時間約10時間
ユーロジン約5時間約24時間
ネルボン/ベンザリン1.6±1.2時間27.1±6.1時間
ドラール3.42±1.63時間36.60±7.26時間
ダルメート/ベジノール1-8時間14.5-42.0時間

作用時間が睡眠薬によって様々であることが分かります。

最高濃度到達時間が早いお薬は、「即効性がある」と言えます。

マイスリー、アモバン、ハルシオンなどの「超短時間型」は1時間前後で血中濃度が最高値になるため、
「すぐに寝付きたい」という方にお勧めですが、3-4時間で効果が切れてしまいますから
長くぐっすり眠りたい方には不適であることが分かります。

反対に7-8時間ぐっすり眠りたい場合は、レンドルミンやリスミー、サイレース/ロヒプノールや
デパス、ユーロジンなどの睡眠薬が適していることが分かります。

それぞれ微妙に特徴が違いますので、主治医と相談して、自分に合いそうな睡眠薬を選びましょう。

 

スポンサーリンク

3.アモバンが向いている人は?

不眠には大きく分けると2つのタイプがあります。

一つ目が「寝付けない事」で、これは「入眠障害」とも呼ばれます。
そして二つ目は「すぐに起きてしまう事」で、これは「中途覚醒」と呼ばれます。

一般的には入眠障害には超短時間ー短時間型、中途覚醒には中ー長時間型の睡眠薬が適していると
言われています。

アモバンは超短時間型ですから、「寝つけない」という入眠障害の方に向いています。
反対に、4時間で効果が切れてしまうので中途覚醒を改善するのには向いていないと言えます。

眠りに入ってしまえばグッスリ眠れるんだけど、なかなか眠りに入れなくて困っている。
こういった方に最適ですね。

また、アモバンは口の中に苦味が残る、という特徴があります。
これがどうしても無理という方も中にはいらっしゃいます。
苦いがない睡眠薬もたくさんあるので、苦味が苦手な方は別の睡眠薬の方がいいでしょう。

 

アモバンは、内服後15-20分くらいで眠気が出現しはじめます。
そのため、ベッドに入る直前に内服するようにしてください。

アモバンを飲んだのに、なかなかベッドに入らずに動いていると
くすりが効いてきてふらついたり転んでしまう可能性があります。

気を付けて下さいね。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい