スポンサーリンク

1.離脱症状とは何か

お薬を減薬したり断薬した時に生じる様々な症状を一般的に「離脱症状」と呼びます。

厳密には離脱症状という言葉は、依存性を持つ物質(抗不安薬やアルコールなど)を服薬しており、依存が形成されてしまった状態で減薬・断薬を行った時に生じる症状のことでした。

しかし依存性のある物質以外でも、減薬・断薬時に離脱症状のような症状が認められることはあるため、現在では、お薬の減薬・断薬によって生じる反動の症状は広く「離脱症状」と呼ぶ傾向があります。

例えば抗うつ剤であるSSRIには依存性はないと言われていますが、離脱症状を起こします。これを離脱症状と区別して、「SSRI離脱症候群」と呼ぶ専門家もいますが、「お薬の減薬・断薬で生じる反動」という意味ではどちらも同じものですので、臨床的にはこれらを細かく分類する意味はあまりありません。

そのため、このサイトでは離脱症状を依存性物質に限らず、全てのお薬の減薬・断薬の反動によって生じる症状としてお話しています。

精神科のお薬の中で離脱症状は、特に抗うつ剤(特にSSRI)や抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)で問題となる事が多く、それ以外ではあまり起こりません。

抗うつ剤、特にSSRIはセロトニンに選択的に作用するため、減薬するとセロトニンの濃度が急激に変化し、これが離脱症状を引き起こすのではないかと考えられています。また、抗不安薬には依存性があるため、身体がお薬に依存している状態で無理に減薬をすれば、離脱症状が起きやすくなってしまいます。

エビリファイをはじめとした抗精神病薬は主に統合失調症の治療薬として使われますが、これらはよほど無茶な減薬・断薬をしなければ離脱症状が出ることはありません。

ただし、どんなお薬でも急激に減薬・断薬をすれば身体がびっくりして反動が生じる可能性はあります。そのため、医師の指示通り、ゆっくりと減薬をすることが大切です。

離脱症状は特に、

・効果の強いおくすり
・半減期の短いおくすり
・服薬期間が長い場合
・服薬量が多い場合

に起こりやすいと言われています。

効果が強いお薬は、減薬・断薬した時の反動が大きくなるため身体がびっくりしやすく、離脱症状が生じやすいのです。

また、半減期とはおくすりの血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことですが、これはおおよその薬の作用時間と相関します。半減期が短いお薬はすぐに効果がなくなるため、血中濃度の変動が大きくなり、これも離脱症状も起こしやすくなってしまいます。

服薬期間が長ければそれだけお薬が身体に慣れているため、お薬が無くなった時の反動が大きくなります。また服薬量が多ければ、お薬が減る反動がそれだけ大きくなるというわけで離脱症状は生じやすくなる傾向があります。

しかしエビリファイは、そもそもが離脱症状を起こしにくい抗精神病薬ですので、よほど無茶な減薬をしない限りは問題にならないといっても良いでしょう。効果も穏やかであり、半減期も約60時間と非常に長いため、離脱症状を起こすことは稀です。