メランコリーとはどういう意味なのか

精神科では、しばしば「メランコリ-」「メランコリア」という言葉が使われます。特にうつ病圏において用いられ、うつ病になりやすい性格傾向を「メランコリー親和型」と呼んだりもします。

しかしこのメランコリーってどういう意味なんでしょうか。

うつ病に関係する言葉ですから、なんとなく「落ち込んでいる」「落ち込みやすい」というイメージがありますが、その正確な意味については知らない方も多いのではないでしょうか。

メランコリーという言葉は、「うつ」に深く関連する用語としてはるか昔から使われており、その歴史は紀元前までさかのぼります。

今日のお話はうつ病の治療に直接役立つものではありませんが、うつ病やうつ状態で用いられることの多い「メランコリー」という言葉について説明していきます。メランコリーについて詳しく知ることは、「うつ」を深く理解することにつながります。

スポンサーリンク

1.メランコリーとは。精神科でのメランコリーの意味

メランコリーは「うつ」「憂鬱」などといった意味合いを持ちます。

精神科においてはメランコリーとは、「うつ状態」という状態像を指す言葉として使われています。うつ状態を呈する疾患はたくさんありますが、その中でも特に内因性うつ病によって生じてるうつ状態を指します。

内因性うつ病というのは、自分の内側の原因、つまり具体的には「素質や遺伝」などによって発症するうつ病の事です。典型的な内因性うつ病というのは、真面目で責任感が強く、他者との衝突を好まないようなタイプの人間が発症するうつ病であり、その症状は、

・憂うつ(抑うつ気分)
・喜びの喪失
・悲哀
・絶望
・無気力、無関心
・罪責感
・食欲・体重減少
・早朝覚醒・不眠
・焦燥感

などがあります。内因性うつ病において、これらの症状が認められている状態を「メランコリー」と呼びます。

メランコリーという用語を始めて使ったのは、紀元前5世紀ごろに活躍した古代ギリシア医師ヒポクラテスだと言われています。彼はメランコリーを「恐怖苦悩の長く続くもの」と表現しています。これは現在では「うつ状態」だと言えます。

当時ヒポクラテスは「四体液説」という概念を提唱していました。これは、私たちの身体は血液・粘液・黄胆汁・黒胆汁という四つの体液があり、これらのバランスが崩れると病気が発症するという説です。ヒポクラテスはメランコリーを「血液の中にある精神が黒胆汁の異常混入によって腐敗することで生じる」と説明しています。

体液のうち、黒胆汁が過剰に増える疾患は、「黒胆汁症(melancholia:メランコリア)」と呼ばれました。さらに、黒胆汁が過剰な状態をメランコリー(melancholy)と呼び、メランコリーにかかる可能性のある人や病気への明らかな傾向を持つ人を「メランコリー者」と呼びました。

メランコリーという用語は、もともとはヒポクラテスが提唱した「黒胆汁症」が由来なのです。

ちなみに黒胆汁が多いと憂うつになるという科学的な根拠は全くありませんので、四体液説は現在では否定されています。それに伴い、うつ状態の事を「メランコリー」と呼ぶことも現在では少なくなっています。そもそもの語源である「黒胆汁の過剰」が原因ではありませんので、メランコリーではなく「うつ状態」と呼ぶことが一般的です。=

ヒポクラテスが生きていたのは紀元前5世紀ですが、この時代にも現代で言う「うつ状態」という概念があったということが分かります。そしてそれを異常な状態(=病気)として医師が治療していたのです。

うつ病というと、ストレス社会が原因で生まれた「現代病」のように考えている方がいますが、それは間違いで、はるか大昔から存在していた疾患だと言う事が分かりますね。

2.メランコリー親和型性格とは?

現在ではメランコリーという言葉自体を単体で使う事は少なくなっています。それはメランコリーは憂うつを表す用語であり、現在ではそれは「うつ」「うつ状態」という言葉で表現されることが多いからです。

私たちが現在、メランコリーという言葉を耳にするのは「メランコリー親和型」「メランコリー親和型性格」といった用語で聴くことがほとんどでしょう。

では、このメランコリー親和型とは一体何なのでしょうか?

メランコリー親和型性格というのは、うつ病を発症しやすい病前性格(元々の性格)として、ドイツの精神科医であるテレンバッハが提唱した概念です。メランコリー親和型性格というのは、その名の通り、「メランコリー(=内因性うつ病のうつ状態)を起こしやすい性格」という事です。具体的には、

・秩序正しく、几帳面
・勤勉、良心的で責任感が強い
・他人との衝突や摩擦を避ける
・他人に尽くそうとする

などの性格傾向を指し、これらの傾向を持つ人はうつ病を発症しやすい事が指摘されています。

なお、メランコリー親和型性格については「メランコリー親和型性格がうつ病を発症しやすい理由と5つの対策」で詳しく説明していますので、こちらもご覧ください。(5/7にアップ予定です)

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい