散歩のススメ

散歩はおすすめです

最近は、だいぶ涼しい毎日になってきましたね。この時期は是非オススメしたいことがあります。

それは「散歩」です。

散歩は一年を通してオススメしたい運動なのですが、特に秋は散歩にもってこいの季節なのです。

うつ病などで治療中の方も、近場の外出ができるくらい回復している方であれば、散歩は治療の一環としてぜひぜひ取り入れてみてください。

散歩は、精神を健康にするためにもおすすめの運動なのです。

散歩の利点をいくつか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Ⅰ.運動は気持ちを前向きにする

精神を健康に保つために運動は非常に重要です。
身体を動かすと気持ちがすっきりし、前向きな考えが生まれやすくなります。

みなさん、「健康維持には運動が大切」というのを頭では理解していると思います。
しかし、ジョギングや水泳、サイクリングなどの運動は始めるハードルが高く、
「やった方がいい事は分かっているんだけど・・・」なかなか腰が上がらないものです。

無理して始めたとしても、抵抗が高いまま始めてしまうと
「あぁ、今日も走りにいかないとな・・・」と運動自体がストレスになってしまう可能性もあります。

これでは本末転倒です。

しかし散歩であれば、負荷も軽く精神的にもそこまでイヤになるものではありません。
気軽な気持ちで始める事ができます。

散歩は、最初に始める運動習慣として最適なのです。

また、運動は「続けること」が非常に大切ですが、心理的な負荷が少ない運動の方が
継続しやすいため、続けやすいというのもメリットです。

Ⅱ.睡眠・食欲が安定する

全く運動習慣がない方であれば、毎日数十分の散歩をするだけでも、
寝付きが良くなり、食欲が出てきます。

睡眠と食欲は、精神安定のための必須項目です。

最近、食欲が不安定であったり、睡眠の質が悪いと感じているのであれば、
ぜひ散歩を取り入れてみてください。

スポンサーリンク

Ⅲ.余計な事を考える時間が減る

人間、何か行動をしている間は余計なことを考えなくなります。
反対に、何もせずにいると余計なことばかり考えてしまいます。

うつ病などで自宅に閉じこもってしまうと、なかなか良くなりませんが、
これは自宅で何もないと、ネガティブな事ばかり考えてしまうからです。

散歩に出かければ、その間は身体を動かし、外の刺激に目が向くため
余計な悩み事を考えることが少なくなります。

悩むことは悪いことではないのですが、一日中悩んでしまうと、
それは精神的に良いとは言えません。

このように、遮断する時間を設けることは大切です。

散歩をすることで、悩み事でモヤモヤした頭をすっきりさせることができるのです。

Ⅳ.単純に気持ちいい!

最後に、やっぱり散歩は「気持ちいい!」のです。

涼しく穏やかな気候の中、静かな公園なんかを散歩していると、
本当に幸せな気分になれますよ。

散歩している人ってみんないい顔していると思います。
つまらなそうに暗い顔で散歩している人ってあまり見かけませんよね。

ぜひ、この季節に散歩を始めてみてください。

ちなみに散歩というと、音楽を聴きながらされる方もいますが、
個人的には音楽ではなく、自然の音を聞きながら散歩をする事をおすすめします。

また、歩くペースはゆっくりよりも、やや速めがいいようです。
少し汗をかく程度、少し呼吸が早くなる程度です。

その方が「良い運動」になります。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい