「お薬を使わずに治したい」と希望される方に知っておいて欲しいこと

お薬を使わないで治療する

精神科での治療法には、様々な方法があります。

精神療法や生活療法・環境調整や家族療法など治療法にはいくつかありますが、中心となっているのはやはり「薬物療法」です。薬物療法とは、向精神薬(精神に作用するお薬)を用いて患者さんの精神状態を改善させる治療法になります。

しかし「精神科のお薬」は、患者さんから嫌われやすい傾向があります。最近では睡眠薬や抗不安薬の依存性の問題が取り上げられたり、向精神薬の過剰処方が非難されていることなどもあり、「精神科の薬は使いたくない!」と希望される患者さんは少なくありません。

もちろん「お薬を使わずに治したいんです」という希望を主治医に伝える事は何も悪いことではありません。なるべく患者さんの希望に沿った治療を行うのは治療者としても当然の事ですし、「薬を使わず、出来るだけ自然に治したい」という患者さんの気持ちは十分理解できます。

しかし私たちが薬物療法を患者さんに勧める時というのは、専門家から見てお薬を使うメリットが大きいと判断した時です。患者さんにとって何のメリットもない治療法を勧めるはずなどありません。

つまり専門家がお薬を勧めている状況でお薬を使わずに治療をするのは、デメリットもあるという事です。患者さんには、それをしっかりと理解した上で「その上でもお薬を使わずに治すのか」を考えて頂きたいのです。

今日は「お薬を使わずに治すということ」について、思うところを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.お薬で治すメリットとデメリットを考えてみる

現在の精神科において、治療法の中心となっているのは「薬物療法」です。

薬物療法は特徴として「治療方法として簡便である事」があり、これは薬物療法が広く用いられている大きな理由だと思われます。「簡便」というのは、労力が少なく治療が行えるという事で、極端な言い方をすれば「飲みさえすれば効果が得られる」ということです。

病気で疲弊している患者さんにとって、治療法が簡便であるのは非常に助かることです。細かいことを気にせずに指定された用法・用量に従って飲み続けていれば、効果が出てくるため、患者さん自身が特別に何かを頑張ったりしなくてもいいからです。

飲みさえすれば効果が得られるというのは、良い側面もあれば悪い側面もあります。

良い側面は、今お話した通り「治療に当たって、患者さんが何か努力をしなくてもいい」という事です。ただ毎日飲んでいれば、気分が改善してきます。特に病状が重い時においては、治療として様々な指導を受けても、それをなかなか実行できないものです。

「〇〇という考え方で毎日を過ごしましょう」
「今日から毎食バランス良く食べてください」
「夜は10時には必ず寝るようにしましょう」

精神療法や生活指導でこのような事を指示されたとしても、精神的に不安定な中でこれらを実行するのはなかなか大変です。それが治療として有効であることは頭では分かっていたとしても、どうしても実行できないこともあります。こうなってしまうと、いつまで経っても治療が進まず改善が得られません。

薬物療法はこの点で強みがあります。ただ毎日、決められた時間に決められた量を飲むことが出来れば、あとは何かを努力しなくてもお薬が勝手に精神に作用してくれ、気分が改善してきます。

次に悪い側面をみてみましょう。お薬の悪い側面は、「根本の解決になっていない」ところです。もちろん、お薬で気分を持ち上げたのを機に気分も前向きになっていき、根本的に治療が行えるケースもあります。しかし多くの例においては、「あくまでもお薬の力を借りて、気分を改善させている」に過ぎません。

これはどういう事かというと、「お薬を止めてしまうと元に戻ってしまう」という事です。お薬だけで治療を行うと、このような状況になってしまうため「いつまでもお薬を止められない」「薬漬けになってしまう」という状態が起こってしまうのです。

疾患の中には、どうしてもお薬を続けなくてはいけない疾患もありますので、そういう方にとっては「いつまでもお薬が止められない」というのは、仕方がない場合もあります。しかし、考え方を変えればお薬がなくても大丈夫な方であったり、生活習慣を変えればお薬を止められる方であってもお薬による治療だけに終始してしまうと、いつまでもお薬を止められなくなってしまうのです。

2.薬物療法とその他の治療法の違い

薬物療法の特徴を見てみると、

薬物療法とは「受動的」な治療法である

ということが分かります。

自分は何もしなくても、お薬を飲みさえすればお薬が自動的に作用して病気を改善させてくれます。

それに対して、

その他の治療法(精神療法や生活療法など)というのは「能動的」な治療法

なのです。

薬物療法以外の治療法は、自分から行動を起こさないと治療は始まりません。「健康のためタバコを止めるようにしましょう」「夜は12時は寝るようにしてください」といった生活療法は、本人がそのような努力をしないと治療は始まりません。カウンセリングなどの精神療法も、自分からカウンセリングを受けに行き、そこでカウンセラーと話し、そこで得た気付きを日常で実践しなければ、状態は何も変わりません。

薬物療法は受動的に受けていても効果が得られますが、生活療法や精神療法は、受動的な姿勢で望んでも効果はほとんど得られません。

「誰かが自分の喫煙を止めさせてくれないかなぁ」
「誰かが自分の考え方を矯正してくれないかなぁ」

と思っているだけでは何も変わらないのです。

薬物療法とそれ以外の治療法、どちらが良い悪いという話ではなく、これらの治療法にはこのような違いがある、という事を知っておく必要があります。

スポンサーリンク

3.お薬を使わずに治療をするという事は

精神疾患の治療を行うにあたり、患者さんに薬物療法を提案すると、

「お薬は使いたくありません」

という返事が返ってくることがあります。

この患者さんの希望は十分理解できるものです。私たちもなるべく患者さんの希望には添いたいとは思っています。

しかし、「薬物療法は受けたくない」という事は、「能動的な治療法で治療したい」という意味になることを分かって頂きたいのです。そして、それを理解した上で「本当に薬物療法を受けなくて良いのか」を考えて頂きたいのです。

薬物療法を行わずに治療をするという事は、生活習慣の改善を行ったり、カウンセリングで考え方の修正を行っていったりと、自分で自分が変わっていくような努力をある程度しないといけないという事なのです。

「薬物療法を受けたくない」という希望自体は、私たちはおかしい事だとは全く思っていません。なるべく自分の希望に沿った治療法を受けたいと思うのは当然の気持ちです。しかし、薬物療法を受けないのであれば、生活療法や精神療法などを能動的に行って頂く必要があるのです。でないと、何の治療法も受けられなくなってしまいます。

お薬を使わないという方法を取るのであれば、主治医から

「では、お薬を使わない代わりに、まずはタバコは止めてみましょう」
「夜10時には寝るようにしてみましょう」
「では、カウンセリングを受けてみましょう」
「このように考えるようにしてみましょう」

などと、代わりの治療として生活療法や精神療法が提案されます。これらの治療法は、自分で頑張らないといけない割合がどうしても高くなってしまいますが、お薬を使わないで治したいという事であれば、しっかりとやるという気持ちを持たなくてはいけません。

「お薬はイヤです」

「でも、タバコも止めたくありません」
「夜のネットゲームは止めれません」
「自分の考え方を変える気持ちはありません」

という姿勢だと、何の治療も進まなくなってしまいます。

また、「お薬はイヤだ」と思っていたけども、

「でも、今はどうしても自分の考え方を変えることを受け入れられない」
「精神療法を十分に受ける気力がなさそう」
「生活習慣の改善が必要なのは分かっているけど、今の精神状態で出来る自信がない」

ということであれば、薬物療法ももう一度前向きに考えてみることも大切です。

「お薬を使いたくない」という気持ちばかりが先行してしまい、「その他の治療を行うのであれば、自分が能動的に治療を行わなくてはいけない」という側面を十分に理解せずに、お薬以外の治療法に入ってしまう方は少なくありません。

こうなってしまうと、中途半端な治療になってしまい、苦しい気持ちがなかなか改善しなくなってしまうのです。

4.お薬を使った方がいい場合もある

特に治療初期においては、症状もまだまだ重いことが多いため、「こういった事に気を付けて生活をしましょう」という生活指導や、「こういった考え方を意識して過ごしてみましょう」という考え方を指導されても、それを実行するのはなかなかしんどいものです。

うつ病で気持ちが落ち込み、何に対してもやる気が出ず、身体が鉛のように重い中で、生活習慣の改善をしっかりと行ったり、カウンセリングを数十分集中して受け、それを日常生活において実践するというのは、大変な労力がいりいます。

その点では、お薬の「ただ飲めば効果が得られる」というのは、精神的に疲れている患者さんにとって、とてもありがたいことです。

その他の治療法(精神療法や生活療法など)を行う精神的余裕がなさそうなのであれば、、まずはお薬の治療から開始していくことも考えてみてください。症状が改善して、精神療法を受ける余裕が出てきたり、生活療法を実践する気力が出てきたら、それから少しずつ治療法を切り替えていっても良いのです。

また、統合失調症や双極性障害など、現在の医学ではまだまだお薬に頼らざるを得ない疾患もあります。そのような場合は、お薬を拒否するのではなく、専門家の提案に従って、必要な分は服薬した方が、安定した経過を送ることが出来ます。

5.お薬だけの治療では限界があるのもまた事実

とは言っても、「薬物療法が絶対だ!」「薬を拒否してはいけない!」なんてことが言いたいわけではありません。

現在の日本の精神疾患治療において、薬物療法の占めている割合が明らかに大きすぎるのは、日々の診察から感じることです。薬物療法だけで精神疾患を治療するのには無理があるし、それが良い事だとも思っていません。

生活習慣を変えないと精神的な安定が得られない状態なのに、それをお薬で無理矢理安定させているのであれば、これは良い治療とは言えません。生活習慣を改善することを指導し、それを少しずつでも実行していき、お薬は徐々に減らしていくべきでしょう。

考え方のかたよりが精神的不安定の主な原因なのに、それをお薬で無理矢理安定させているのであれば、これも最良の治療ではないかもしれません。急性期はお薬を併用することもありますが、ある程度落ち着いてきたら、考え方のかたよりをどうやったら緩和できるかを考えていかないと、一生お薬を手放せなくなってしまいます。

薬物療法も生活療法も精神療法も、それぞれメリットもあればデメリットもあり、どれか一つが圧倒的に優れているという治療法だというわけではありません。

大切なのは特定の治療法を毛嫌いするのではなく、必要な治療法をバランス良く取り入れていくことです。

例えば、

1.急性期は精神症状が重いため、薬物療法で気分を改善することを優先する
2.薬物で少し気持ちが落ち着いてきたら、生活指導を行い、更に精神状態を改善させる
3.集中力がある程度まで改善したらカウンセリングも導入し、今後の再発予防を行う

などと、時期に応じて治療法を上手に併用するのはとてもいい治療法だと思います。

もちろんこれは一例に過ぎず、全ての患者さんに当てはまるものではありません。しかし、お薬だけが絶対的に正しい治療法でもないし、絶対的に悪い治療法でもないのです。他の治療法も同様で、それぞれ一長一短があります。

主治医の見解と自分の希望をよく話し合いながら、どの時点でどのような治療を行うべきかを考えていきましょう。

スポンサーリンク


こちらの記事も是非ご覧下さい