精神科・心療内科における「休む(休養)」の本当の意味

精神の休め方

精神疾患は、症状を改善させるために「安静」「休むこと」が必要になります。

「うつ病の治療で大切なのは休養です」
「こころを安定させるためには休むことが何より大切です」

など、精神科医から指導されたことがある方もいらっしゃるでしょう。

こころが疲弊しすぎてしまって精神疾患が発症することは多いため、精神科治療において安静・休養な重要な治療法の一つとなります。

しかし、精神科における「休むこと」の意味を患者さんがしっかりと理解できているのかというと、必ずしもそうでないことを感じます。

「休む」という言葉の意味を知らない方はいないでしょう。そのため「休む」という治療法に対して深く説明されることは少ないものです。しかし精神科における「休む」は、身体疾患における「休む」とは少し異なります。

精神症状を改善させるための正しい休み方をしないと、せっかく休んでいるのに病気の改善が遅くなってしまうこともあります。

今日は精神症状を改善させるための、「正しいこころの休ませ方」について考えてみましょう。

スポンサーリンク

1.休むというのは、身体を休めることだけではない

精神科を受診し、精神科医から

「少し休みましょう」
「ちょっと休んだ方がいいですよ」

と指導された時、「休む」=「身体を休めること」だと誤解している方は多いのではないでしょうか。身体疾患の治療では、「安静」と言えば「身体を休めること」を意味しますので、世の中の一般的な常識としてそのように考えてしまう傾向があるのでしょう。

確かに、骨折してしまった時に整形外科医から「しばらくは安静にしていて下さい」と言われれば、それは身体を休めることを意味しています。肺炎にかかってしまった時に内科医から「熱が下がるまでは安静にしていて下さい」と言われれば、これも身体を休めることを意味しています。

これらの場合は「休む」=「身体を休めること」だと認識して問題ないでしょう。しかし、これらの「休む」と、精神科的な「休む」は同じものではありません。

もちろん精神科においても身体も酷使しているケースでは、身体を休めることも大切です。身体とこころは深くつながっていますので、身体が疲れ切っていれば、こころだって疲れてしまうからです。

しかし精神症状の悪化は、こころの疲弊から生じていますので身体を休めるだけでは不十分です。身体よりもむしろ大切なのは「こころを休めること」で、これが出来ていなければいくら身体を休めても効果は不十分なものになります。

よく見かける間違いとして、精神科で「安静にしましょう」と言われたからといって、一日中ベッドで横になっているだけというケースがあります。ベッドで横になることが全て間違っているというわけではありませんが、そこに「こころの安静」が伴っていないのであれば、この安静加療は精神科的には間違っていることになります。症状も良くはならないでしょう。

例えばベッドで横になりながら、「自分はなんてダメなんだ」「自分なんて生まれてこなければよかった」などと考えていれば、症状は悪化する可能性すらあります。これでは身体は休まっているかもしれませんが、こころは全然休まっていません。むしろこころを更に傷つけているといってもいいでしょう。

精神科における「休みましょう」というのは、主に「こころを休めるような生活をしましょう」という意味になります。

こう書くと、当たり前のことを言っているだけのようにも見えますが、これが意外と出来ていない方が少なくないのです。身体だけを休めて、こころを休めていないのに「自分は安静加療をしている」と認識しているのであればそれは大きな間違いです。

休み方を間違っていれば、当然病気の治りだって遅くなってしまいます。これはとてももったいないことですよね。

2.こころの休め方は人それぞれ違う

精神科的な「休む」の意味が誤解されやすい理由の一つとして、こころの休め方は人それぞれで異なることが挙げられます。

身体の休め方というのは、皆大体同じです。寝る時間を増やしたり、活動量を減らすことで身体を安静に保つことが身体を休めることになり、その方法は人によってそう大きくは異なりません。

身体を休める方法は一目瞭然であり、万が一に分からなかったとしても専門家に聞けば具体的な答えが返ってきます。そのため、身体の安静を医師から指示された時、その方法を大きく間違えることはまずありません。

しかしこころの休め方というのは、人それぞれで大きく異なります。

同じ音楽を聴いたとしても、「この音楽を聴くとこころが休まる」という人もいれば、「こんな不快な音楽を聴くとイライラして気持ちが落ち着かなくなる」という人もいます。

こころの休め方というのは、身体の休め方ほど画一的なものではなく、個別性が強いものであるため、自分自身で自分のこころが休まる方法を探さなくてはいけません。こころの専門家であっても、あなたが何をすることでこころが休まるのかを100%言い当てることはできません。そのため、こころの休め方を正しく行えていないケースは決して少なくないのです。

天気の良い日にゆっくりと公園を散歩することで、こころが休まる人もいます。
静かな場所でお気に入りの本を読むことで、こころが休まる人もいます。
反対に、ちょっと人が多い場所の方が安心できるという方もいるでしょう。

この、こころの休め方に個別性が大きいところが精神科の病気を難しくさせています。

人それぞれで異なるため、誰かに聞けばこころの休め方が分かるというものではありませんし、またその人それぞれで休め方が違うということは、他者からみて「この人は、こころを休めるためにこの行動をしているんだ」というのが理解しにくいのです。

これは、精神科の病気を詐病(仮病)だと誤解させてしまう一因になることもあります。例えば、休職中にこころの休養のために散歩をしていたのに「アイツは仕事を休職しているくせに外でブラブラしている」と誤解が生じてしまうのです。

スポンサーリンク

3.自分のこころの休め方を見つけるためには

では、どのようにして自分の「こころの休め方」を見つければいいのでしょうか。

こころの休め方は人それぞれで異なるため、「こうすれば絶対に見つかるよ」と明言できるものはありませんが、見つけやすい方法として私が感じるものを2つ、紹介します。

Ⅰ.一般的なこころの休め方を試してみる

こころの休め方は個別性が強いとは言っても、ある程度多くの方に共通するものはあります。

例えば、

・散歩などの軽い運動をする
・規則正しく生活をする
・早く寝て十分な睡眠を取る
・好きな音楽を聴く
・ゆっくりお風呂に入る

などが挙げられます。

一般的な「こころが休まるよ」と言われている方法を試してみて、自分に合うのか判断してみるというのは有効な方法です。

Ⅱ.自分の経験から思い出してみる

今までの人生で一瞬たりとも、こころが休まった経験がない、という方は少ないはずです。

ちゃんと思いだせば、生きてきた中で「この時はこころが休まった」と感じた時は必ずあるはずです。ゆっくり思い出せる時間を作って、自分のこころが休まった経験を思い出してみるという方法もとても有効です。

昔の事は自分でも覚えていない事がありますので、親や兄弟など自分の生い立ちを知っている人の話が参考になることもあります。

「あなたは〇〇をしている時は良い顔をしていた」
「お前は落ち込んだ時も××をすると元気になった」

などといった、自分では忘れていた「こころの休め方」を思い出せるかもしれません。

4.こころを休めるに当たり、周囲の方に理解して欲しいこと

こころの休め方というのは、人それぞれで方法が異なります。

ある人にとってはこころが休まるものであっても、ある人にとってはそうではない、という事は往々にしてあることなのです。そのため精神科においては、自分の中にある常識だけで「その休み方はおかしい」と判断してしまうのは大変危険なことになります。

精神疾患で加療中の方が身近にいる方は、このことをある程度理解していただければ私たち治療者としてはとても嬉しく思います。

実際に、こころの休め方の個別性が原因でトラブルになってしまうことがあるからです。

精神症状が重い場合、仕事を休職して安静加療を行うことがあります。その時、「私は人の少ない昼間に散歩をすると、とても気持ちが楽になるんです」という方がいらっしゃったとして、そのような安静加療を行っていたとします。

散歩をしているところをたまたま職場の人が見かけて、「あいつは仕事を休んでいるくせに昼間から公園でブラブラしている。あればサボっているだけではないか!」と怒ってしまうことがあるのです。その怒った人にとっては、散歩がこころの安静になるものではないため、理解できないのでしょう。

しかしその患者さんにとっては、散歩はこころの安静を得るための治療の一つなのです。

そのため、「自分にはよく分からないけど、あの人によってはあれがこころを休める治療になっているのだろう」と周囲の方には、なるべく理解する姿勢を持っていただきたいのです。

5.こころを休めるに当たり、本人が気を付けるべきこと

こころの休め方は、人それぞれで違います。

だからその人にあった休み方をしていただきたいのですが、そうはいっても周囲の人が明らかに誤解しそうな事は避ける必要はあります。

例えば、「私は旅行をしている時がこころが休まるのです」という人がいたとします。それが事実であったとしても、「こころの安静加療を行うため、仕事を休職してハワイに一週間行ってきます」と言えば、職場の反感を買う可能性は高いでしょう。

「私は遊園地で遊ぶ時にこころが休まります」という人がいたとしても、「こころの安静のため、今日は仕事を休んで遊園地に行ってきます」というのは、職場の人からすれば「アイツは仕事をさぼりたいから病気のフリをしているだけじゃないか」と思われてしまっても無理はありません。

人それぞれでこころの休め方が違うとは言っても、私たちは社会の中で生きている以上、ある程度他者への配慮をする必要があります。自分の気持ちを休めるためだとは言っても、できる限り、他者の気持ちを不快にしないような気遣いは当然必要です。

そのため、あまりに反感を買いそうなものであったり、一般的に理解を得られなさそうなこころの休め方は、例えそれがこころが休まるものであったとしても、行うべきではありません。

その行動によって他者を不快にさせてしまうだけではなく、自分自身も不利益を被ってしまう可能性があります。トラブルをなるべく避けるため、「こういったこころの休め方をしたいけど、他者から反感を買うだろうか?」と判断できない場合は、事前に主治医に相談するようにしてみて下さい。

スポンサーリンク


こちらの記事も是非ご覧下さい