「ムカつく!」という気持ちが抑えられない時に考えて欲しい事

ムカつくと感じた時の対処法

許せないような事を言われたり、許容できないような行動を取られた時、「ムカつく!」という感情が沸きあがってくる事があります。

この感情はストレスとなる不快な感情であるため、気持ちを不安定にさせます。その結果、衝動的な行動を起こしてしまい人間関係が修復困難なほど悪化してしまったり、ひどい場合は絶縁状態となってしまう事もあります。

この感情に任せて衝動的に行動してしまうと、良い結果になる事はほとんどありません。

穏やかに生きていくためには、この「ムカつく」という感情を上手に取り扱えるようになる事が大切です。この感情が生じてしまった時、なるべく自分を見失わずに冷静に考え・行動する事が出来るようになれば、ストレスが軽減されるだけでなく対人関係も良い状態を保てるようになるでしょう。

今日は「ムカつく」という感情が生じた時、どのように考えていけば良いのかをお話しさせていただきます。

スポンサーリンク

1.何故、ムカつくのか

生きていればムカついたり、腹が立つような出来事に遭遇する事があります。

なるべくならこのような状況に出会いたくないものですが、人という集団の中で生活している私たちにとってそれは難しい事です。多くの場合、このような感情は相手に対して生じるものであり、相手の言動というのは自分でコントロールする事はできないからです。

つまり、生きていれば「ムカつく!」と感じてしまう出来事は必ずあなたの目の前に現れるという事です。

この感情は不快な刺激となるため、私たちにとって大きなストレスとなります。そして「ムカつく!」と感じる事が多い方は、ストレスをたくさん感じているという事ですから、心身が不安定になりやすい傾向があります。

心身共に穏やかに毎日を過ごせるようになるためには、この「ムカつく!」という感情を上手に取り扱えるようななった方が良いのです。

この気持ちを抑えられるようになるためには、まず何故このような感情が生じるかを理解する事が大切です。

では「ムカつく」という感情はどのような機序で生じるのでしょうか。

「ムカつく!」という感情は、生じた出来事が「自分の常識」から考えて許容できるものでないと判断された時に生じます。

同僚が冗談であなたの事をからかって、それに対してあなたが「ムカつく」と感じたとします。これはあなたの中の常識では同僚のからかいの程度が許容できるものではないという事です。その同僚にとっては冗談で済む(=許容できる)程度だったのかもしれませんが、少なくともあなたにとってそれは許容できるものではなかったのです。

テレビに出演している芸能人に対して「このタレントはなんかムカつくな」と感じるのは、あなたの常識と照らし合わせると、このタレントの言動が許容できるものではないからです。

ここで大切なのが、ムカつくかどうかの基準となる「常識」というものです。

この常識は、一見すると万人に取って共通のものであるような印象を受けますが、実際は人によってそれぞれの「常識」は異なります。これが皆同じであれば「あいつの言動にムカついた!」という事はほとんど起こらないはずですが、実際は人によって常識は異なるため、そのギャップが「許容できない(=ムカつく)」を生み出すのです。

この世の中には「一般常識」と呼ばれているものがあります。

これは、

「人に迷惑をかけてはいけない」
「親は大切にしなければいけない」
「物を盗んではいけない」

など、多くの方にとって常識と考えられている事です。みなさんもこのような一般常識を親や学校から学んだと思います。

一般常識は多くの方にとっての常識ですので、ここから外れた言動をすれば多くの人からムカつかれてしまいます。

しかし一般常識だけが常識ではありません。一般常識以外にも私たちはそれぞれ、自分たちの中での常識を持っています。このそれぞれの常識は、人によって異なり、必ずしも一致しません。

例えば、ある人は「学校は絶対に休んではいけない」という常識を持っています。この人は、どんな事があっても学校を休みません。しかし別の人は「学校は理由があれば休んでも良い」という常識を持っています。この人はちょっと体調が悪かったり、家族の用事がある時などは学校を平気で休みます。

その常識が自分の中だけで適用されているのであれば、何も問題は生じません。その常識を他者にも当てはめようとする事で「ムカつく」という感情が生じてしまうのです。

「学校は絶対に休んではいけない」という常識を持っている人からすれば、ちょっと体調が悪いくらいで休んでいる人は「非常識」なのです。相手に自分の常識を当てはめた時、「自分は学校は滅多に休まないのに、あいつはちょっとしたことで休むなんてムカつくな」となるわけです。

2.常識って何?

自分の中の「常識」と照らし合わせて許容できない出来事が生じると、私たちは「ムカつく」と感じます。

ではこの「常識」って一体何なのでしょうか。

「常識」いう言葉は日常でも良く使われる言葉です。

「常識的に考えれば・・・・」
「こんなの常識だよ」
「常識のある行動を心がけて下さい」

といったように「常識」という言葉は何となく説得力があり、教育や研修の場などで毎日のように使われています。

しかし「常識」はどういった意味なのかと問われると、意外と説明するのは難しいものです。

「常識」という言葉の意味を国語辞典で調べると次のように書かれています。

【常識】
普通、一般人が持ち、また、持っているべき知識。

常識という言葉は、よく使われている言葉でありながら、このように定義があいまいな言葉なのです。

常識を定義する説明の中にある、「普通」「一般」といった言葉自体も明確に定義しずらいあいまいな用語です。何が「普通」で何が「一般」と定義するのかのかというのは非常に難しい事でしょう。このように「常識」というのは一見すると強い説得力を持った言葉なのですが、その定義というのは実は非常にあいまいなのです。

実際、「常識」というのは時代や世代などで大きく変わります。ある集団にとっての一般常識は、別の集団にとっては非常識である事はよくあることです。

例えば、ある国では「神様は存在する」という考えが常識です。「神様なんていない」とでも言おうものなら、「なんて非常識で罰当たりな人間だ」と皆から非難されます。しかし別の国に行けば「神様なんて存在しない」という考えが常識です。「神様助けてください」と祈ろうものなら、「そんな事するくらいなら自分で努力しろ」とみんなから笑われます。

例えば、昔は「傷は消毒しなければいけない」というのが医学界の常識でした。その理由は、傷にばい菌が入ったら大変だからです。傷口を消毒するという行為は、傷口にばい菌が入らないようにするための大切な治療法でした。しかし今は「傷は消毒してはいけない」というのが常識に変わっています。消毒はばい菌だけでなく、治りかけている皮膚をも傷つけてしまうため良くないと考えられるようになり、そのため傷口の治療は水でばい菌を洗い流して消毒はしないという方法が取られるようになりました。

このように「常識」というのは万人にとって絶対的なものではないのです。時代が変われば容易に変わったり、世代や風土が変われば常識は非常識に早変わりする事もあります。

誰かに対して「あいつは常識がない」とムカついた時、その「常識」はあくまでも自分の中の常識に過ぎず、万人にとっての常識ではないという事を理解しなければいけません。

このあいまいな「常識」というものを「絶対的な基準」だと勘違いしてしまうと、「ムカつく」が生じやすくなります。反対にこの常識を「人によって異なる相対的なもの」だと理解していると「ムカつく」は生じにくくなります。

スポンサーリンク

3.何らかの理由があればムカつくかは容易に変わる

前項では「常識」について考えてみましたが、同じ出来事であっても見方によって常識のとらえ方は変わります。

自分の中に一定の常識があったとしても、相手が取った行動を表面的に理解するのと、そのような行動を起こした理由も含めて理解するのとでは、その行動に対する評価というのは十分に変わり得ます。

例えば、いかにも素行の悪そうな少年がお店で万引きしたとします。

「悪そうな少年が万引きをした」という行動を表面的に知った時、あなたはどう感じるでしょうか。

一般的にみれば、万引きというのは犯罪です。子供であっても、親がしっかりと教育をしていなければいけないため、「子供なら万引きしてOK」と言えるものではありません。

「少年が万引きした」という事実に対する常識的な反応というのは、

「親の教育がなってない」
「将来ロクな大人にならない」
「親不孝者だ」

このように感じる方が多いのではないでしょうか。

しかしここに「このような行動を起こした理由」を加えたらどうなるでしょうか。

実はこの少年の父親はすでに他界していて、母親は大病をしていてずっと入院している。子供ながらに何とか母を元気にする方法はないかと一生懸命インターネットで探していたら、「〇〇という薬を飲んだら病気が治った」という記載があった。その薬を飲めば母親が元気になるのではと思ったが、お金がないため、やむを得ず薬局でその薬を盗んでしまった。

このような理由を知ったらどう思いますか。

先ほどと同じように「親の教育がなっていない」とムカつくでしょうか。「こいつは将来ロクな大人にならない」と腹が立つでしょうか。

確かに「盗みはいけないよ」としつけきれなかったという結果を見れば親の教育がなっていないとも言えますが、そんなに悪い教育を受けていたら果たしてこの少年はこのような行動を取るでしょうか。

もちろん万引きはいけない事ですが、この情報を知る前よりも、

「万引きしてしまう気持ちは分かる」
「自分も同じ状況だったら万引きしていたかもしれない」
「優しい子だ」

という評価になったのではないでしょうか。

このようにムカついたり腹を立てるという行為は、自分の中の常識があったとしても、その背景に対する情報の有無によって大きく異なってくるのです。

と言う事は同じような言動があったとしても、ある理由があれば腹は立たないけども、ある理由であれば腹は立つという事になります。

そしてここに、むかついたり腹が立った時の気持ちの持っていき方のヒントがあるのです。

4.やむを得ない事情があったのではと考えてみよう

私達人間は、他者を100%理解する事など出来ません。

どんなに愛し合っている恋人でも、仲の良い親友でも、あるいは長年連れ添っている家族であっても、お互いに100%分かり合う事は不可能です。

という事は私達は相手の一部しか知らない中で、その人に対する判断をしているという事になります。自分が知らない相手の一面というのは、必ずといっていいほどあります。

何かムカつく事をされたり、腹が立つような事があった場合は、「そうせざるを得ない何らかの事情があったのではないか」という視点を持ってみてはどうでしょうか。

実際ほとんどの人は、人を不快にさせる行為をしてしまったとき何らかの事情があります。全くの嫌がらせや暇つぶしなどの理由でこのような行為をする人はかなり稀です。

友達とケンカをしてしまい「あんな奴だとは思わなかった」と腹を立てた時、「もう絶交だ!」とすぐに思ってはいけません。「あいつがあんな事を言うなんて何か事情があったんじゃないか」と考えても良いのではないでしょうか。

もしかしたら人生を投げやりに考えてしまうような辛い出来事があり、それで口調も強くなっていたのかもしれません。もしかしたら今、「なんてひどい事を言ってしまったんだ」と今頃反省しているかもしれません。

そう考えると、

「まぁ、自分だって気持ちに余裕がない時は、人に当たってしまう事があったな」
「どんな時でも冷静でいれる人なんていないよな」

と怒りも少しずつ治まってきませんか?

人は皆それぞれ、様々な事情を抱えて生きています。いつでも常に余裕がある人なんていません。余裕がなくて八つ当たりをしてしまう日もあるでしょう。つい誰かにひどい言葉をかけてしまう事だってあるでしょう。

それが単純な嫌がらせや悪意で言っているのであれば、それに対して「ムカつく!」と感じるのは仕方ないかもしれません。しかしそんな事をする人はほとんどいません。

あなた自身、理由もなく「相手を不快にさせてやろう」とか「ヒマだから嫌がらせをしてやろう」と考え、そのような行動を起こしますか?そんなことはしないはずです。仮にしてしまった場合も「イヤな事があってムシャクシャしていた」などといった事情があるのではないでしょうか。

もちろん、事情があれば他者を不快にしてもいい、という事ではありません。他者に害を与える行為は、例え事情があってもしてはいけない事です。しかし相手の事情を知る事は、今生じている「ムカつく」「アイツとはもう関わりたくない」という怒りをいくらか鎮めてくれるでしょう。

「何らかの事情があったのではないか」という考え方は、自分自身の怒りの感情を鎮めるだけでなく、対人関係を良好に保つためにも非常に有用な考え方です。

このような方法は、考え方を変えるだけで出来る事です。ぜひみなさんも取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい