「すみません」が口癖になっていませんか

すみませんを前向きな言葉に変えよう

「すみません」は日常でよく使われる言葉の1つです。

多くのシチュエーションで不自然なく使える言葉ですので皆さんも、

「すみませんけども・・・」
「あ、わざわざすみません」
「それはどうもすみませんでした」

などと、あまり意識せず毎日この言葉を発しているかもしれませんね。

しかし本来この言葉は、相手に謝罪の気持ちを表す言葉です。にも関わらず現状としては謝罪の必要のない状況での「すみません」があまりに多用されています。

相手に迷惑をかけてしまった時に相手に自分の反省の気持ちを伝えるために「すみません」と言う事には全く問題はありません。

しかし謝罪すべき事もないのに、口癖のように「すみません」と発してしまっている方は、日頃から自分が発している言葉を少し見直してみても良いかもしれません。

自分が悪いわけでもないのに日頃から「すみません」が口癖のようになっていると、「自分は相手に『済まない』事ばかりする人間なのだ」という認識を少しずつ植え付けてしまいます。

これは長期的には自己評価を下げ、精神状態を不安定にさせる一因となりえます。

「すみません」を多用している人は腰も低く相手を謙遜する人、と良く考える事もできますが、一方でデメリットも小さくないのです。

ここでは「すみません」を必要以上に発してしまう事で、長期的に自分のこころに生じる問題についてみていきましょう。

スポンサーリンク

1.すみませんの本来の意味

「すみません」は本来どのような意味を持っていて、どのような時に使う言葉なのでしょうか。

「すみません」という言葉は「済みません」から来ています。これは「済んでいません」という事です。

「済む」というのは、「何かが完了している」「何かが終わった」という意味ですので、「すみません」は、その反対の「済んでいない」、つまり「まだ終わってない」という意味になります。

本来完了すべきものがまだ済んでいないわけですから、「すみません」には「申し訳ない」という謝罪の意味があります。

またそこから派生して、

  • 「こんな事をして頂いて申し訳ない」という感謝の意味
  • 「申し訳ないけども・・・」という依頼やお願いの意味

といった意味でも用いられる事もあります。

例えば、「このようなものを頂いてしまってすみません」というのは、謝罪というよりは感謝の気持ちですね。しかし「こんないいものを私がもらってしまって申し訳ない」といった申し訳なさ(謝罪)を含んだ言い方になります。

また、「すみませんが、〇〇をお願いできますか」というのも、謝罪というよりは依頼になります。しかしやはり「申し訳ないけども」といった謝罪のニュアンスを含んだ言い方です。

いずれにせよ「すみません」は前向きな言葉ではなく、自分を下げ、相手を立てるような言葉なのです。

2.乱用される「すみません」

「すみません」は「申し訳ない」という気持ちを根底に持ちつつ、様々なシチュエーションで使える曖昧さも持っているため、とても使い勝手の良い言葉です。

しかし便利な言葉であるために、必要以上に使われ過ぎている傾向があります。

本来の「すみません」は、謝罪の気持ちを表す言葉です。

自分が「申し訳ない事をした」「相手に謝罪の気持ちを伝えたい」という時に「すみません」を使う事には全く問題はありません。

(ただし「すみません」はくだけた謝罪の言葉ですので、状況によっては適さない事もありますので注意しましょう)

しかし、そのような状況でもないのに口癖のように「すみません」を多用してしまう事は、必要以上に「自分には非がある」「自分は人に申し訳ない事をしている」という意味を持つ言葉を乱用する事は、自分のこころにとって良い事とは言えません。

「すみません」はとても使い勝手が良く、相手を立てて話をする事が出来ますので、顧客との打ち合わせや接客などで、ついつい口癖のように使ってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、その乱用の長期的なデメリットは決して小さくない事を知っておいていただきたいのです。

スポンサーリンク

3.言葉が精神に与える影響

私たちは日々たくさんの人と話し、たくさんの言葉を受け取っています。

実はあなたが受け取った言葉というのは、あなたのこころに少しずつ影響を与えていきます。

例えば毎日「あなたは出来る子だ」「あなたは素晴らしい人間なのだ」と親から褒められ続けた子供と、毎日「あなたはこんな事もできないのね」「もう少しいい点数が取れるように頑張りなさい」と親から叱られ続けた子供では、圧倒的に前者の方が自尊心や自己評価が高くなる傾向にあります。

また学校でいじめに遭ってしまい、毎日毎日悪口や暴言など受け続けたら、「自分は生きている価値のない人間なのだ」と考えてしまいやすくなるでしょう。

いずれも受け取った言葉が、少しずつ少しずつその人のこころに影響をしていくために生じている事です。

あなたが受け取った言葉の1つ1つがあなたのこころに与える影響はわずかなものに過ぎません。しかしそれが何日、何週間、何か月と続くと、その積み重ねの影響は決して無視できないものとなります。

では毎日毎日「すみません」と言い続けていると、こころにどのような影響が生じるでしょうか。

「すみません」は、「自分は済まない事をしている」「自分は人に迷惑をかけている」という意味を持つ言葉です。その気持ちから相手に謝罪したり、依頼や感謝をするために用いられるのです。

本当は謝る状況ではないのに使われる「すみません」は、実際は人に何の迷惑もかけていないのに「自分は人に迷惑をかけている」という意識を自分のこころに植え付けてしまう可能性があります。

それが毎日毎日続けば、次第に「自分は何もできない人間だ」「自分は必要のない人間だ」と自己評価や自尊心が低下していく危険があります。

自己評価や自尊心が低下していけば、こころの不調は生じやすくなり、うつ病や不安障害などといった精神疾患にも罹患しやすくなります。

自分が日々受け取る言葉の中で自分でコントロールできる言葉は、自分が発する言葉だけです。

その唯一コントロールできる言葉を、自分のこころを不要に傷付ける言葉にしてしまうのはもったいないと思いませんか。

4.すみませんではなく、このように言ってみよう

では日ごろから「すみません」が口癖になっている方は、代わりにどのような言葉を使えばいいのでしょうか。

もちろん、本当に「すみません」と言わないといけない状況なのであれば、この言葉を使って頂いて全く問題ありません。相手に謝罪をしたいと思っている時に、謝罪の言葉を避ける必要はありません。

しかしそういった状況でない時は、「すみません」以外の言葉に置き換えた方が良いでしょう。

毎日の不要な「すみません」を、例えば次のように変えてみるのはいかがでしょうか。

Ⅰ.感謝の「すみません」

何か頂きものを頂いた時のお礼として、「すみません」を使う事があります。

「これ、君にあげるよ」
「どうもすみません」

などといった使い方です。

このような場合は、「すみません」で自分を下げて感謝の気持ちを表すのではなく、

「ありがとうございます!」
「嬉しいです!」

など、直接的な感謝を表す言葉を使ってみるのはいかがでしょうか。

Ⅱ.人を呼ぶ時の「すみません」

レストランでウェイターさんを呼ぶ時や、お店で店員さんを呼ぶ時にも「すみません」を使う事がありますね。

「忙しい中、申し訳ありませんが・・・」という意味になりますが、しかし本来はこれは謝るような状況ではありません。

店員さんに対して上からの態度もよくありませんが、かといって自分を下にする必要もありません。

「注文お願いします」
「ちょっと聞いてもいいですか?」

など、直接的な要求を表す言葉を使ってみるようにしてはいかがでしょうか。

Ⅲ.家や部屋に入る時の「すみません」

誰かの事務所や家にお邪魔したりする時も、入る時に「すみません」と言う事がありますね。

「申し訳ないけど、上がらせて頂きます」という意味の「すみません」ですが、これも本来謝る必要はありません。

「こんにちは」
「上がらせていただきます」

などといった言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

Ⅳ.その他の「すみません」

他にも特に大きな理由なく、会話の最初に「すみません」を入れてしまう人もいます。

このように必要のない「すみません」は意識してやめるようにしましょう。自分が謝るべき状況以外でのすみませんは極力控えるべきです。

日々における小さな事に過ぎませんし、「そんな小さい事を気にしても何も変わらないよ」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

確かに1日2日では何も変わらないでしょう。

しかし自分が発した言葉も、自分のこころの状態を形作る要素の1つです。不要に自分の価値を低めてしまうような言葉を使うメリットは何もありません。

1日2日では変わらなくても、1カ月1年と続けていけば、自己評価や自尊心は少しずつ変わってくるでしょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい