憂鬱(ゆううつ)が生じる原因と憂鬱を吹き飛ばすための対処法

当サイト「せせらぎメンタルクリニック」管理人の診察を受ける事ができます。
この記事を書いている先生の診察を受けたいという方は「受診のご案内」をご覧ください。

誰にでも落ち込んでしまったり、どうしても気分が晴れない時はあるものです。憂鬱(ゆううつ)とは、このように気分が低下している状態を指します。

「憂鬱になった事がない」という人はいません。憂鬱は異常な症状ではなく、万人に生じる正常な感情の1つなのです。

憂鬱は不快な感情ですので、出来るだけ憂鬱にはなりたくないものです。しかし憂鬱を不快に感じるのにも実は意味があります。

ではこの憂鬱は、どのような原因で生じていて、私たちにとってどのような意味があるのでしょうか。そして憂鬱を吹き飛ばすための対処法としてはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは「憂鬱」という感情に焦点を当てて、その原因や解決法について紹介させていただきます。

憂鬱で辛い毎日を過ごしている方々が、そこから抜け出すためのヒントになれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

1.憂鬱って何?

私たちは日常的に「ゆううつだなぁ」という言葉を使います。

では、この「憂鬱(ゆううつ)」ってどういう気分を指しているのでしょうか。

一般的な使われている「憂鬱」の意味は、

「気分が晴れない事」
「気分が沈んでいる事」

などと説明されます。

もちろんこれは正しいのですが、ここではもう少し深く「憂鬱」という状態について考えてみましょう。

先ほど説明した「気分が晴れない」「気分が沈む」といった気分は専門的な用語としては「抑うつ気分」と呼ばれます。この「抑うつ気分」が「憂鬱」と同じ意味として用いられる事も多いのですが、正確にいうと抑うつ気分は憂鬱の症状の一部分でしかありません。

精神医学的には「憂鬱」は「メランコリー(melancholy)」と呼ばれます。

メランコリーとは古代ギリシアの医師「ヒポクラテス」が提唱した概念です。ヒポクラテスは紀元前5世紀ごろに活躍した人物で、「医学の父」とも呼ばれ、それまで迷信や祟りなどで説明されていた「病気」に対して、科学的な見地から原因や治療法を見出そうとした人です。

ヒポクラテスは、疾患が発症する原因として「四体液説」という概念を提唱していました。

これは、私たちの身体には血液・粘液・黄胆汁・黒胆汁という四つの体液があり、これらのバランスが崩れる事で病気が発症するのだという説です(当時の仮説であり、もちろん現在では否定されています)。

そして、血液の中にある精神が黒胆汁の異常混入によって腐敗することで生じる病気を「黒胆汁症(Melancholia:メランコリア)」と呼び、またこのような状態を「メランコリー(Melancholy)」と呼ぶようになったのです。

当時のヒポクラテスはメランコリーの事を「恐怖苦悩の長く続くもの」と表現しています。

メランコリーでは気分の落ち込みや沈みといった「抑うつ気分」が中核症状になります。一般的にはこの「抑うつ気分」を「憂鬱」と同じ意味として考えますが、より正確にメランコリーの症状を挙げると抑うつ気分以外にも、

  • 喜びや関心の喪失
  • 悲哀
  • 絶望
  • 無気力
  • 罪責感
  • 焦燥感

なども該当します。

ちなみにメランコリーになりやすい性格の人は「メランコリー親和型性格」と呼ばれ、これは現在でもうつ病を発症しやすい性格傾向として知られています。

つまり憂鬱というのは気分の落ち込みだけでなく、気分が低下する事で生じる症状全体を含んだ概念なのです。

スポンサーリンク

2.なぜ憂鬱が生じるのか

大昔、ヒポクラテスは憂鬱(メランコリー)が生じる原因を「血液の中にある精神が黒胆汁の異常混入によって腐敗するため」だと考えました。しかしこれは現在の医学で考えればあまりに無理のある説明で、現在においては完全に否定されています。

では、なぜ憂鬱は生じるのでしょうか。

憂鬱が病的なレベルにまで高まってしまった状態は「うつ病」「うつ状態」と呼ばれますが、この「うつ病」「うつ状態」は憂鬱の延長線上にあるものだと考えられます。

という事は、うつ病やうつ状態が生じる原因をみていけば、憂鬱が生じる原因というのも見えてきます。

うつ病は何か1つの決まった原因で発症するという単純なものではありません。その発症には複数の要因が関わっていると考えられています。

そしてその原因を大きく分けると、

  1. 内的要因(自分の中の原因。性格や考え方、ストレス耐性など)
  2. 外的要因(外部の原因。仕事・家庭のストレスなど)
  3. 遺伝

の3つに分けられます。

内的要因というのは、自分の中にある原因です。これは自分の考え方であったり性格傾向などの事です。元々悲観的に考えやすい方、なんでも「自分が悪いんだ」という方向に考えやすい方は憂鬱になりやすいという事はみなさんも感覚的に分かるのではないでしょうか。

うつ病になりやすい性格傾向を「メランコリー親和型性格」と呼びますが、これも内的要因になります。

ちなみにメランコリー親和型性格は、

・ルールや秩序を守る、几帳面
・自分に厳しく、完璧主義、責任感が強い
・他者に対しては律儀で誠実。衝突や摩擦を避ける

といった性格傾向になります。

自分を厳しく律し、他者に対してとても気を遣うメランコリー親和型性格は、自己の精神を犠牲にしやすく、精神疲弊から憂鬱・うつ病になりやすいのです。

外的要因というのはいわゆる「ストレス」だと考えて頂いて良いでしょう。ストレスには身体的なストレス(身体にかかる負荷)と精神的ストレス(心にかかる負荷)の2つがありますが、どちらも憂鬱の原因になります。

例えば毎日多忙で身体ストレスが蓄積し続けると憂鬱になりやすくなります。また周囲からいじわるをされたりいやがらせをされたりといった精神的ストレスがかかり続けても、憂鬱が生じやすくなります。

最後が遺伝です。これは「内的要因」と一部重なりますが、うつ病はある程度遺伝的要素もある事が知られています。

多くの研究においても、うつ病の家族歴を持つ方は、そうでない方に比べて有意にうつ病を発症しやすい事が確認されています。

「憂鬱」は正常な精神状態であり、病的なものではありません。そのため病気である「うつ病」と全く同じと考える事は出来ませんが、憂鬱が更に悪化したものがうつ病だと考えると、その原因の多くは共通していると考えられます。

つまり、憂鬱が生じる原因としても次の3つ、

  • 内的要因(自分の中の原因。性格や考え方、ストレス耐性など)
  • 外的要因(外部の原因。仕事・家庭のストレスなど)
  • 遺伝

が挙げられるという事です。

スポンサーリンク
こちらの記事も是非ご覧下さい